カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティミショアラ(ルーマニア)~ベオグラード(セルビア)

ティミショアラ(ルーマニア)~ベオグラード(セルビア)


DSC06260.jpg

ティミショアラの駅


DSC06262.jpg

まだ夜も明けきらないというのに、駅前はかなりの人で混雑していた。
さすがルーマニア西部の拠点都市。
この街には牛も馬車も走っていそうにないな。


DSC06261.jpg

DSC06263.jpg

ひっきりなしにトラムが目の前を通り過ぎる。
こんな朝早くから、みんなどこへ行くのだろう。

ここはある意味、日本よりも都会かもしれない。


DSC06268.jpg

ベオグラード駅前(セルビア)

いやな雨だ。
東ヨーロッパの夏は毎日雨ばかりなのか?
体中からカビが生えてきそうだ。


DSC06267.jpg

「この電車に乗って、ノヴィ・サドまで行こうか?」

そう考えている間に土砂降りになってしまった。
駅から一歩も外に出ることができない。
吹きさらしの寒い構内に釘づけだ。



==========================================


バイアマーレを出た時は比較的空いていた電車も、だんだんと乗客の数が増え、乗り降りする人の数も多くなってきた。
夜中の3時にこんなにも人の出入りがあるものなのだな。
いったいこの人たちはどういう生活サイクルをしているのだろう。

この電車は寝台列車ではない。
だから座席は倒れないし、そもそも寝ることを想定していない。
夜中の0時に出発して、朝の6時に到着するというのにだ。

それでも体力を温存したかった私は、4人がけのコンパートメントを一人で占有して、無理やり寝た。
かなり無茶な姿勢となるが、少しでも体を横にしておきたかった。
まだまだ体調は思わしくない。
できるかぎり体力を回復させねば。

電車の座席は木製で固く、振動がモロに伝わってくる。
乗客のざわめきもあって、本来ならとても寝れた状態ではないのだが、それでも寝るしかない。
当然のごとく、変な夢を見た。
夢の中でヘヴィメタがガンガン鳴り響いていた。
実際には電車の振動と乗客の喧騒だったのだが。
頭と首と、背中。それに腰が痛い。


最初のころは乗客が少なかったから、4人がけの座席を独占していてもなんの問題もなかったが、いつのまにか車内は満席で、大勢の人が立っていた。
それでも誰も私に文句を言う人はいなかった。
よくもまあ頭を蹴られずにすんだものだ。

ゆっくりと起き上がり、他の人のために座席を開けた、
つもりだったが、しばらくの間、誰も私のコンパートメントに座ろうとはしなかった。
薄汚い東洋人と同じ席にはなりたくないということなのだろうか。


以前ルーマニアを旅行した時は、列車が2時間以上も遅れたことがあった。
なのでこの国のダイヤなんてあてにはしていなかったのだが、
驚くべきことに、列車はほぼ定刻通りにティミショアラに到着した。

降りる前にトイレに行っておこうとしたら、車掌が外からドアをガンガン叩く。
なんだよ。
小便くらいゆっくりさせてくれよ。

私がトイレから出ると、すぐに電車は猛スピードで走り去って行った。
中には誰も乗っていない。
どうやら車庫に入れるらしい。

あの車掌は親切でトイレのドアを叩いてくれたのかもしれない。
危うく閉じ込められるところだった。




ここティミショアラから私をベオグラードに連れて行ってくれるバスは8時に到着する予定だ。
バスと言っても、乗り合いバスのようなもので、こちらが指定した場所から、指定した場所まで運んでくれる。

ルーマニア後もセルビア語も話せない私は、本来ならこんな乗り物には乗れないはずなのだが、
バイア・マーレでのホスト、アディが手配してくれた。
カウチサーフィンのおかげで、またひとつ、普通の日本人なら経験できないことを体験させてもらえた。
便利な世の中になったもんだ。

バスが私をピックアップする予定時刻まで、あと1時間半ほどある。
なにをするにしても中途半端な時間だ。

待ち合わせ場所のガスステーションに早目に着いて、メールやLINEをして時間を潰す。
貴重なバッテリーの浪費以外のなにものでもないのだが、人間、ヒマだとロクなことをしないものだ。

8:00にガスステーションを一通り見て回ったが、それらしき車はない。
きっとドライバーは遅れてくるのだろう。
ルーマニアとセルビアとの間には時差がある。
彼らはセルビア時間で待ち合わせ時間を指定してきたのかもしれない。

そう思ってのんびりと待つことにした。
1時間経ってもドライバーが現れなければ、バス会社に電話すればいい。

待ち合わせ時刻を50分ほどすぎた頃、電話が鳴った。

「おい、マサト。あんたいったいどこにいるんだ?
うちのドライバーはもう1時間もあんたを待ってるんだぞ。
黒のフォルクスワーゲンのヴァンだ」


確かに駐車場にそれらしき車が停まっている。
荷物を持って近づくと、ドライバーが血相を変えて飛んできた。

「おい、てめえっ! いったいどういうつもりだ?
約束の時間をもう1時間も過ぎているんだぞ。
なんで今頃やってきやがったんだ?」

冗談じゃない。
こっちはここで1時間半も待ってるんだ。
あんたが見つけやすいように、わざわざガスステーションの入り口で待ってたんじゃないかよ。

「待ち合わせ場所はガスステーションだ。
誰がガスステーションの外で待てと言った?
それに、どうして俺を探しに来ない?」

俺は8時に一通りガスステーション内を探したぞ。
その時にはこの車は無かった。
遅れてきたのはそっちなんだから、そっちが俺を探すべきだろう!

「俺は会社から8時に家を出ればいいと言われた。だからここに着いたのは8:15だ。その時いなくて当然だろう。
それに俺はあんたの顔を知らない。だが、この車には会社のロゴが書いてある。そっちが俺を見つけるほうがはるかに簡単だろうが」

このガスステーションには入り口は一つしかない。
俺はそこで待っていたんだからあんたは絶対俺を見ていたはずだ。
それにこんなでかいリュックを2つも持っているんだから、俺を見つけるのなんて簡単だろ?

「おい、よく見ろよ。このガスステーションにはリュックを持った人間なんて他にもゴロゴロいるんだ。そう簡単にお前を見つけることなんてできるもんか」

俺の顔を見ろよ。明らかに東洋人の顔つきだろ?
他の人間とは容易に区別がつくだろうがっ!



一晩中列車に揺られて、意識が朦朧としているはずなのに、口からポンポンと英語がついて出た。
思わず笑みがこぼれる。

すげぇー!
俺、今、英語でけんかしてる!

私の英語はとても粗末なものだ。
普段はつっかえながらゆっくりと話す。
「あー」とか「うー」とかうめきながら。

それなのに今はどうだ。
まるでオバマ大統領のようにとうとうとまくし立てている。
(ゴメン。言い過ぎました)


お互い言うことを言ってスッキリしたのか、車内ではお互い普通に会話をしていた。
この運転手は意外と大人なのかもしれない。

彼は日本や日本を取り巻く状況を熟知していた。
とりわけ対中関係については詳しかった。
どうやら彼は中国でビジネスを展開しようとしているらしい。

今はバスの運転手をしている彼だが、冬はスキーのインストラクターをしているらしい。
今、中国ではレジャー産業が急成長していて、これからスキーが大流行する。
あの国にはまだインストラクターはほとんどいないから、彼がスキースクールを展開すれば、きっと大当たりするに違いないと言っていた。
現在、中国大使館に通いつめて、詳細を詰めているとのこと。
大使館の職員も、
「あんたのビジネスは絶対に成功する。あんたは中国におけるスキー界のパイオニアとなるにちがいない」
と太鼓判を押してくれたそうだ。


ほんとかどうか知らないが、彼が言うには、セルビア人の平均月収は300ユーロ。
もちろんそれだけでは生活していけない。

「この国にはマジシャンが大勢いるんだ。毎月の収入より支出のほうがはるかに多いのに、それでもなぜか生活している。不思議な国だろ」


ユーゴ紛争が集結して20年が経つ。
それでもまだまだこの国の経済は脆弱だ。
EUにすり寄りたいが、ロシアの助けも要る。

「戦争は形を変えてまだ続いている。」
彼はそう言った。


ルーマニア - セルビアの国境を越えて、ベオグラードに着く頃には雨模様となっていた。
駅の建物に逃げ込んだものの、待合室がない。
バス停の待合室にはチケットがなければ入れない。

wifiはなかなか見つからず、やっと見つけたwifiもすぐに接続が切れてしまう。
ベオグラードのホストからメールが届いていた。
彼女に会えるのは夜の9時。
それまでどこかで待たなければならない。

貴重なベオグラードでの一日。
いつもなら雨などもろともせず観光に勤しむ私だが、今はまだ体調が万全でない。
ようやく下痢もおさまったと思ったのに、急に便意を催した。
きっとじとじとと振る雨のせいだ。

が、まだこの国のお金を持っていない。
駅構内の両替屋で、ルーマニアのお金をセルビアのそれに交換しようとしたら断られた。
ここでは取り扱っていないらしい。

隣の国だろ?
ここは首都だろ?
交換してくれよ。
トイレに行くには金が必要なんだよ。



駅の通路にしゃがみこんで雨をしのぐ。
通り過ぎる人々は興味深そうに俺のことをジロジロ見て行く。
ときおり冗談半分で「ニイハオ」と声をかけられる。

「俺は中国人じゃない。
日本人だ!」

そう叫ぶとキョトンとした顔をして去って行く。


ガラガラと大きな音をたてて通り過ぎようとしていたキャリーバッグが、
私の前でふと足を止めた。

見ると、東洋人の男のようだ。
日本人かもしれない。

私と目があった彼は、あわてて目をそらし、再び足早に立ち去っていった。
雨に濡れてドブネズミのようになってうずくまっている人間とはかかわりあいになりたくないらしい。



外は雨がざあざあ降っている。
寒い。
こんなところにあと6時間もいなければならないのか。
今日は雨だから暗くなるのも早いだろう。


どこからともなく、小便の臭いがただよってくる。
おかしいな。
トイレからはかなり離れているはずなのに。

尿の臭いが体にまとわりついて、このままずっと取れなくなるような気がした。


携帯のバッテリーは残りわずか。
あれ?
なんで携帯の電池残量なんて気にしているのだろう。

ここはセルビア。
電話をかける相手も、メールを送ってくる人間もいないというのに。

寒い。


となりでうずくまっている男は、さっきから奇妙な咳をしている。
どこか具合でも悪いのだろうか。

彼もバックパッカーのようだが、こんなところで何をしているのだろう。
今夜はここで夜を明かすつもりなのか?
雨が入り込み、冷たい風が吹き抜ける駅構内。
こんな所に一晩中いたら、健康な人間だって参ってしまう。
安宿に泊まる金さえ持ち合わせていないのだろうか。

それにしても、寒い。


ベオグラードは嫌だ。
どこまで行っても小便の臭いがする。



DSC06264.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。