カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地の人の生活を体験できる! それがカウチサーフィンだっ!(リヴィウ、ウクライナ)

リヴィウ(ウクライナ)でカウチサーフィン(CouchSurfing)


バスの窓からはなにも見えない。
リヴィウの街からはかなり離れているらしく、店はなく、あたりは真っ暗だ。

普通、ホテルは大通りに面した街の中心部にある。
だが私はリヴィウでカウチサーフィンを利用する。
ホストが常に町の中心部に住んでいるとは限らない。
リヴィウの街中に住んでいてくれたらこちらとしても観光に便利で助かるのだが、
ホストはこちらの都合で家を選んでくれたりはしない。

オーリャが目的地で私を降ろしてくれるようにバスの運転手に頼んでくれているはずだが、それでも不安になる。
すでにリヴィウの中心部からはかなり離れているし、こんな辺鄙なところにはホテルもありそうにない。
こんな町はずれでホストに会えなかったらいやだなあ。
雨もぱらついてるし。

バスの運転手に「降りろ」と言われて降りてみたものの、ほんとにここであってるのか不安でしかたがない。
コンビニはもちろん、ホテルやレストランもない。
なにもない村だ。

カウチサーフィンをやっていなかったら絶対にこんな場所に足を踏み入れたりなんかしない。
「もしかして俺は、この村にやってきた最初の日本人なんじゃないだろうか」
ふとそんな考えが頭をよぎる。

どう考えても日本人がここに来る理由がない。
大学も会社もない。
観光地からも遠く離れている。

そんなことを考えていると、男が近づいてきた。
ここでのホスト、イウリに違いない。




彼の家はバス停から歩いて10分ほどのところにあった。
家はたくさん建っているが、物音一つしない。
とても静かな村だ。


「腹はへってるか?」
と聞かれたので、「少し」と答えたら、
「これを食えばいい。ウクライナの食いもんだ」
と言われた。

どれどれ。
さっそく一つつまんでみる。


マズいっ!

餃子のようなその食べ物はパサパサと乾燥していて、ところどころ硬くなっている。
もともとは柔らかかったのだろうが、長時間外へ放置していたにちがいない。
味付けもほとんどなく、なんだか砂をかんでいるようだ。

私はグルメではなく、味にはこだわらない方だ。
実はおなかもすいていて、どんな食べ物でもおいしく感じる自信があった。

だが、不味い。
こんなにマズい食べ物を食べるのは久しぶりだ。

ごちそうしてもらっておいてこんなことを言うのもなんだが、ほんとに不味い。





今夜のカウチ。

リヴィウでホストを探していた時、
「うちに泊まりに来いよ。大歓迎だぜ」
と、イウリの方から招待してくれた。

彼のカウチサーフィンのプロフィールを見ていると、どうやら屋根裏を改造して住んでいるらしい。
なんだかおもしろそうだ、と思い、お世話になることにした。

ところが、そのイウリは今、ポーランドを旅行中だという。
え? じゃあ君はいったい誰なんだ?

彼の名はオスタップ。
イウリの兄弟だ。
顔がよく似ているから、てっきりイウリかと思った。
もしかしたら双子なのかもしれない。


「シャワーでも浴びて来いよ。その間に夕食を用意しておくからさ」

よかった。
どうやらちゃんとした食事にありつけるようだ。




シャワーを使う前にオスタップから講習を受ける。

「うちはちょっと変則的なんだ」


ここはもともと屋根裏部屋だったので、配管はオスタップが自分でやった。
シャワーには水が通っているものの、トイレに水は流れない。
ではどうするのか?

湯船の中に置いてあるバケツに水をため、それをトイレの便器に流すのだ。

「なんじゃそりゃー!」

疲れてるのにそんな面倒なことさせるなよ。
思わずベトナムでの体験を思い出した。
花モン族の家に泊まった時のトイレもひどかった。

http://couchsurfingkyoto.blog.fc2.com/blog-entry-660.html

だが、あれは東南アジアの山奥にある少数民族の村だ。
たしか俺は今ヨーロッパにいるんだよな?
まさかウクライナでこんなサバイバル生活を強いられるとは思いもしなかった。
カウチサーフィンって楽しいなー。

便器は壁と浴槽の間にはさまれていて、幅がとてもせまい。
普通に座って用をたすことができない。
なんでこんな設計にしたんだよ。


そしてシャワー。

汚い。
見るからに湯船が汚れている。
いたるところに水垢がこびりついている。

服を脱いで中に入ってみると、足の裏がザラザラする。
どうやったらこんなに砂がたまるんだよ。
オスタップ、君はここを毎日使ってるんだろ?

どうやら彼はとても器用にシャワーを浴びるようで、浴槽の真ん中だけはホコリがたまっていない。
だが、そのせまい範囲からほんの少しでも足をはみ出せば、とたんにザラザラとした感触が足の裏を襲う。

シャワーを浴びているはずなのに、どんどんと自分の体が汚れていく気がした。
ぜったいに湯船に腰を下ろしたくなんてない。


そしてここは屋根裏部屋。
湯船の上には斜めになった屋根が張り出している。
だからまっすぐに立ってシャワーを浴びることができない。
体をどちらか片方に捻じ曲げなければならないのだ。

ややこしい。
どうしてこんなところに湯船を置くんだよ。
シャワーはリラックスするためのもんだろ。
こんなんじゃちっとも落ち着けないよ。


体を斜めにしてシャワーを浴びていたら、なんだか足元がグラグラしてきた。
なんだ?
気のせいかな? なんだか湯船が揺れてるような気がする。

と思っていたら、

ガシャーンッ!

と音を立てて湯船が崩れ落ちた。


な、なっ!
いったい何がどうなってるんだ?

もちろんこのシャワールームもオスタップの手作り。
レンガを数個床に置いて、その上にバスタブを置いているのだが、固定はしていない。
ほんとにレンガの上に浴槽を乗せているだけなのだ。

そんなことは知らなかった私は、目の前に迫ってくる屋根を避けるために体を斜めにしてシャワーを浴びていた。
だからバランスが崩れて湯船がレンガから落っこちてしまったのだ。

勘弁してくれよ・・・

屋根は斜め。
バスタブも斜め。
片方だけレンガの上に乗った不安定この上ない浴槽の中でシャワーを浴びる私。

どんなに安いゲストハウスでもこんな経験はできないだろう。
やはりカウチサーフィンはおもしろい。




ほうほうの体でシャワー室を脱出してきたら、オスタップが夕食の準備をしてくれていた。
彼のお母さんも加わり、夕食を食べながら3人で話をした。

お母さんは英語を話さないが、とても好奇心旺盛な人のようで、私の話を熱心に聞いている。
こういう親でもない限り、子供がカウチサーフィンのホストをすることを許可したりはしないだろう。
親と同居しているホストはまれな存在だ。
こういうファミリーにはぜひともカウチサーフィンを続けてほしい。

トイレとシャワーはもう少しなんとかしてもらいたいものだが。





どうやらこの食事はオスタップが作ったもののようだ。
お世話になっておきながらこんなことを書くのは心苦しいのだが、この食べ物、
はっきり言って不味い。
いや、これを食べ物と呼んでもいいものかと思ってしまう。
いったいどうやったらこんなに味気ないものを作り出すことができるのだろう。
ここまできたら一種の才能としかいいようがない。




彼らの庭では果物や野菜を栽培している。
これらもけっしておいしくはなかったが、オスタップの手が加えられていない分だけまだましだと言える。




「お茶のおかわりが欲しかったら、このポットのお湯を使ってくれよ」

オスタップはそう言ってくれた。

ありがとう、

と言いかけて、自分の目を疑った。
ポットの周りには白い汚れがこびりついているように見える。
いや、汚れているのはポットの外側だけではなさそうだ。

気になって仕方がなかったので、オスタップが席を外したすきにポットを確認してみた。
信じられない話だが、中には白いものがびっしりとこびりついている。
それらがお湯に溶けだして、水は白く濁っている。

ま、まさか、今俺が飲んでいるこのお茶は、このポットのお湯を注いだのか?


よく見ると、食器には前回に食べたもののカスがこびりついている。
フォークのすきまにも得体の知れないものがはさまっている。
きっとよく洗っていないのだろう。


この屋根裏部屋には靴をはいたまま入る。
だから床が土まみれなのは仕方ないことなのかもしれない。

だが、砂をかぶっているのは床だけではない。
椅子やテーブルの上も、砂でザラザラしている。
そのテーブルの上で我々は今、食事をしているのだ。


なんなんだ、ここは。
私とオスタップとでは衛生概念がまったく異なるらしい。

ここはアフリカでもインドでもない。
ヨーロッパだ。

だが気をつけろよ俺の胃袋。
今までお前が口にしてきた食べ物はすべて、このオスタップが作っているということを忘れるな。
水だって汚染されている。
いつもの10倍の注意をはらって消化してくれ。
でないと明日の朝、あのわけのわからないトイレに直行するはめになるんだぞ。
そんなのはいやだろ?




右がリヴィウでのホスト、オスタップ。




屋根裏部屋へと通じる入り口。
もちろんこれもオスタップの手作り!








彼の家の庭は広く、いろんな種類の果物や野菜が植わっています。
はたして、あまりにもオーガニックすぎる彼の家の生活はヘルシーなのか、それとも体に悪いのか・・・




庭にはぶどう畑だってあるんです。




「バスの中でこれを食べたらいいよ」

もぎたてのぶどうをくれるオスタップ。

けっこうカウチサーフィン歴が長い私ですが、今回の体験はとても特別なものとなりました。
いろんな意味で。


___________________________________


いろいろと書いてきましたが、オスタップはとてもいい奴でしたよ。
彼の家族もとてもフレンドリー。
非の打ちどころなんてありません。

ただ、ほんの少し衛生環境に無頓着なだけ。
きっとウクライナ人の体は頑丈にできていて、少しくらいのことなんて気にもならないのでしょう。

彼らのおかげで、普通の観光客なら絶対にできないような体験をさせてもらうことができました。
お腹に自信のある人は、ぜひ彼の家を訪れてみてください。
きっと暖かく迎えてくれることでしょう。

ちなみに彼は観光ガイドのライセンスも持っているそうです。
日程があえば、リヴィウの街をガイドしてくれるかもしれませんよ。


「その土地に暮らす人々の生活を垣間見ることができる」

これがカウチサーフィンのいいところ。


でも、リヴィウの人ってみんなこんな暮らしをしてるのかなあ。

そんなわけねーし。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

案外これくらいの方が免疫力が高まって丈夫になるかもしれませんね・・!

Re: No title

そんなふうに思えるとは、なかなかのツワモノですね
カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。