カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなた震えてるじゃない(リヴィウ、ウクライナ)





「親切な美女などいない」

これが私の持論だ。

心の優しい美少女ならいるかもしれないが、
本物の美女にはかなわない。

そして生まれついての美女などいない。
なぜなら美女とは作られるものだから。

男をたぶらかし、手玉に取り、もてあそぶ。
男にだまされ、裏切られ、捨てられる。

そうやって美女というのは作られるものだと思っている。
醜い感情の渦にもまれて磨かれなければ美しくなんてなれるはずがない。
だから、汚れのない美女などいない。

思いっきり私の好みが反映されているが、それほど的を外してはいないと思う。

美女は計算高く打算的で、無償の愛など持ち合わせてはいない。
そんな美女が人に親切にするときは、なんらかの意図があるはずだ。


異国の地で雨に打たれ震えているみすぼらしい男を、なんの見返りも求めずに助ける美女なんていない。
もしいたとしたら、気をつけなければならない。
相手が美しければ美しいほど、警戒レベルを引き上げなければならない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「お前はどこに行きたいんだ?」
バスの車掌が私にそうたずねる。

リヴィウだ、きまってるじゃないか。そういう約束だっただろう?

「それはわかっている。俺が聞きたいのはリヴィウのどこか?ということだ」


私の乗ったバスはイタリア行きだったのだが、頼み込んでなんとか乗せてもらった。
だから私の立場は弱い。
文句など言える立場ではない。

リヴィウで降りる客は私だけだし、乗ってくる人間もいないみたいだ。
彼らにとって私は完全な「お荷物」。
はやく降ろしたがっている雰囲気がひしひしと伝わってくる。

外は雨が降っている。
もうすぐ日も暮れる。
そんな中、重いリュックを背負って見知らぬ街をウロウロしたくはない。
地図を指し示しながら、
「市庁舎、郵便局、大聖堂。どこだっていい。俺を町の中心部で降ろしてくれ」
と彼らに頼んだ。

バスの運転手と車掌が困っている様子が手に取るようにわかる。
リヴィウ中心地を通るのは、彼らにとって明らかに遠回りになるのだろう。

それでも私は信じていた。
彼らは心優しき男たちだ。
なんだかんだ言いながらも、結局は私をリノック広場まで連れていってくれるに違いない。


おもむろにバスは停まり、車体側面の扉を開けて私の荷物を降ろした。
「トラムに乗れば町の中心部まで行ける」
そう言い残してバスは去っていった。

雨はけっこう激しく降っていたので、荷物にカバーをかけ、傘を準備するまでに
私も荷物もかなり濡れてしまった。

寒い。
ほんとに今は8月なのだろうか。
寒くて震えが止まらない。

これ以上雨に濡れるのはいやだったから、何も考えず最初にやってきたトラムに飛び乗る。
現在地がどこかわからないし、このトラムがどこに向かうのかもわからない。
とにかく屋根のある場所に逃げ込みたかった。

運のいいことに、私の乗ったトラムは市の中心部に向かうらしい。
車掌は親切に、「ここが中心部だ」と言って私を降ろしてくれた。

ようやくリヴィウ市内に到着したが、まだスタート・ラインに立ったにすぎない。
リヴィウでのカウチサーフィンのホストはここから1時間ほど離れた所に住んでいるらしい。
彼の家への行き方はメールで教えてもらっていたが、私はこの街に到着したばかり。
まだ土地勘はない。
あいかわらず雨は降っているし、日が沈んで暗くなってきた。
これからあと1時間もかけてホストの家を探さなければならないのか。

なんだか疲れてしまった。
もういいや。
リヴィウ市内なら宿の1軒くらい探せばあるだろう。
今夜はホテルに泊まろう。
今すぐ暖かい布団で眠りたいんだ俺は。


「なにか力になれることはありますか?」

天使の声が聞こえた。
振り返ると、そこにはえらい美人がいた。

普段の私なら女性の顔をまともに見ることなんてできないのだが、
おもわず彼女の顔をまじまじと見つめてしまった。

美しい。

ウクライナではそれこそ数えきれないほどの美女を見てきたが、彼女はまた別格だ。


「親切な美女などいない」

頭の中で警報がガンガン鳴り響く。
「これは罠だ。 こんな美人が俺なんかに親切にしてくれるはずがない。
きっと後でなにか要求されるぞ。気をつけろっ!」

「あなた震えてるじゃない。なにか温かい飲み物でも飲んで体を温めないとだめよ。
近くにいいお店を知っているの。一緒に行きましょ」


絶世の美女がこの俺を食事に誘っている。
そんなうまい話があるわけない。
きっと後から怖いお兄さんが高額な請求書を持って店の裏から出てくるんだろうな。


彼女の名前はオーリャ。
とてもきれいな英語を操り、頭もよさそうだ。
すでに彼女の虜となった私に逃れる術はない。
オーリャのなすがままに、彼女の後についていくしかなかった。

店に行く途中、オーリャの友人と合流。
彼女の友達もまたかなりの美形。
「ああ、きっと俺は二人の女からたかられるんだろうなあ」




左がオーリャ。
彼女たちはカウチサーフィンのことを知っていた。
リヴィウに来た日本人と会ったことも何度かあるらしい。

それはつまり、日本人の男どもをカモにしてきたということなのだろうか。




オーリャはまずワインを注文した。
なんか高そうだなー。
俺、ちゃんと支払えるかな。




彼女は私のために暖かいスープも注文してくれた。
これでやっと生き返ったような気がする。




このお店の名物は魚料理だという。
入り口を入ってすぐの所にショーケースがあって、そこに食材の魚が飾られている。

オーリャに出会わなければ、俺はこの魚のように氷の上で冷たくなっていたかもしれない。
そんなのはごめんだ。

俺は決めた。
この先どんな結果になろうとも、もうかまわない。
今この瞬間を楽しもう。
毒を食らわば皿までだ。
どうせ後で高い金をとられるのだから、いっそのこと彼女たちの太ももでもさすってやろうか。




スープに続いて料理が運ばれてきた。
「これ、なんていうの?」
料理の名前を確認するふりをして、メニューを確かめた。
けっこうな値段がしますよ!

まあでも、美女ふたりと一緒に食べることを考えれば安いものか。
もっとボッタクリ料金を心配していたので、なんだかホッとしました。




まるで、こちらが安心しきった頃合いを見計らったかのように、やってきましたよ、怖いお兄さんが!
はいはい。
そんなことだろうと思ってましたよ。

彼はドイツ人だそうです。
オーリャの友達の体をベタベタと触っています。
どうやら二人はできているらしい。
ヤクザとその情婦というところか。




お店の人が長いパイプを使って音楽を演奏しはじめました。
なんだかいい雰囲気。
料理もおいしいし、けっこういいお店なんだよなあ、ここ。

欲をいうならば、もう少し部屋の温度を高くしてほしい。
そしてできることならば、料金は安くしてほしい。




料理を食べ終わり、いよいよ支払いタイム。
クレジットカードを取り出して支払おうとしたら、彼女たちに制されました。
え? どういうこと?

「雨に打たれて震えている外国人に払わせるなんてことできるわけないじゃない。」

まるで当然のように彼女たちが支払ってくれました。
けっこうな料金ですよ。

ドイツ人男性とその彼女は帰っていきましたが、オーリャは雨の降りしきる中、バス停まで一緒についてきてくれました。
私のカウチサーフィンのホストに電話で連絡してくれ、何時くらいにバスが彼の村に到着するかも伝えてくれました。
バスを降りた後、私が寒い中を長時間待たなくてすむように考えてくれたのです。

私の乗るバスはなかなか来なかったので、かなり長い間待たなければなりません。
吐く息が白くなるくらいに寒い中、オーリャはずっと私と一緒にいてくれました。

バスの運転手は英語ができないため、私の目的地を彼に伝え、そこで私を降ろしてくれるように頼んでくれました。
自分の財布からお金をだして、私のためにバスの切符も買ってくれました。

え? なんで? どうして君がそんなことまでしなきゃならないんだ?

バスの扉は慌ただしく閉まり、オーリャにお礼を言うこともできないうちに走り出してしまいました。
あんなに親切にしてもらったのに、「ありがとう」のひとことも言えなかった。


バスの中で重い荷物を抱えて立っていると、若い男性が席を譲ってくれました。
ウクライナ人は親切だ。特にリヴィウには優しい人が多い。
そんなふうに感じました。


「親切な美女などいない」
今でもこの持論を撤回するつもりはありません。

でも、ウクライナは例外です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

奇遇ですね~
自分もリヴィウで同じように女性に声を掛けられて、一緒にレストランに行ったことがあります。
ピンチ!美人局に遭遇!?
http://ameblo.jp/tamakenworld/entry-11360930519.html
自分の時はポーランドの旅人でしたが、マサトさんと同じで美人局などの類かと思い、同じく警戒してました。
街中でいきなりに声を掛けられたら、そりゃ警戒しますってねぇ

Re: No title

> 奇遇ですね~

ほんと偶然ですね。
リヴィウってそういう街なんですかね。
カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。