カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピシュ城(スピシュスケー・ポドフラディエ、スロバキア)



ポプラドのバスターミナルには深夜2時30分に到着。暗くてなにも見えません。加えて私は半分寝ぼけています。

バタッ。

段差につまづいて、思いっきりこけてしまいました。
背中に大きなリュックサックを背負った状態で地面に転がっている私は、はたから見ればまるで無様な亀のように見えたことでしょう。
あまりのかっこ悪さに、思わず苦笑いしてしまいます。

でも、笑っている場合ではないのです。
前面にはサブザックを担いでいるのですが、それをまともに押しつぶすような形でこけてしまいました。
中にはipad などの重要な物がギッシリ詰まっています。
倒れた衝撃でiphone も飛び出してしまい、地面に転がっています。
もしもこれらの物が壊れてしまったら・・・

私は青い顔をして装備に異常がないか確認しました。

幸い、壊れている品はなさそうですが、今度は体のあちこちから激痛が走ります。
一番ひどかったのは手のひら。
すりむいて、血がでています。
手を動かす度に嫌な痛みを感じます。
「まさか骨折なんてしてないよな」
すでに左肩をひねっている上に、右手のひらを骨折なんてしゃれにならない。旅はまだ2ヶ月も続くんだぞ。


このポプラドのバスターミナルでは、かなり高速なwifiが使えたので、次のバスがくるまでの1時間、情報収集にあてたかったのですが、とてもそんな状況ではありません。

寒い。
とにかく寒いのです。
あまりの寒さにじっとしていることができません。
インターネットどころじゃない。
じっとしてたら凍え死んでしまうよ。

あてもなくバスターミナル内をウロウロ。
貴重な体力をこんなしょうもないことで消耗するなんて馬鹿げている。

これは完全に私のミスでした。
夏のヨーロッパをなめていました。
防寒着の一枚でも持ってくればすむのに、それを怠った私が悪い。


真っ暗なバスターミナルを歩いていると、どこからかイビキが聞こえてきます。
ウソだろ?

見ると、ベンチの上に男が横たわっています。
この寒さの中、気持ち良さそうにぐっすりと熟睡してるじゃありませんか。
彼の装備を見ると、まるで冬山に登るような重装備。
こいつは旅の達人だ。
格の違いを見せつけられたような気がしました。




スピシュスケー・ポドフラディエに着いたのは朝の4時。




あたりには霧がたちこめていて、なんだかヨーロッパらしい、いい味を醸し出しています。



などと言っている場合じゃない。
スピシュ城はどっちだ?




標識があることはあるのですが、これだけじゃあわからないよ。
「地球の歩き方(中欧)」にはスピシュスケー・ポドフラディエの地図は載ってません。
しまった。Googleマップをオフラインでも使えるようにしておくべきだった。

こんな早朝じゃ道を聞こうにも誰も歩いていないよな。
明るくなるまでここで待とうか。

と思っていたら、都合のいいことにパトカーが通りかかりました。
お巡りさんに道を聞いたのですが、彼は英語が苦手なようで、その上あまり親切ではありません。
「そこを右に曲がって、まっすぐ行って、それから左」
なんだかそっけない。

それでもだいたいの方向はつかめた。
あとは突き進むしかない。




夜明け前の村を、城を目指してひたすら歩きます。
荷物を預ける場所なんてないので、重いバックパックを背負ったままの行軍。
バックパッカーってほんと体力勝負だな。




左に曲がる道が見えてきました。
ほんとにここであってるんだろうか。
不安だけど、誰も歩いていないから確かめようもない。

と思っていたら、またパトカーがやってきました。
「そう、そこだ。そこを左に曲がって、あとはまっすぐ登るだけだ。
Good luck! 」
それだけ言うと、パトカーはまた元来た道を引き返して行きました。

なんと、私がちゃんと間違えずに進んでいるかどうかを確認するためだけにお巡りさんはわざわざ戻って来てくれたのです。

ちょっといい話でしょ。

でもさ、どうせならパトカーに乗せてくれたってよかったじゃんかよ。
そうすりゃ俺だって重い荷物を持って歩かずにすんだんだからさ。




なにもない殺風景な細い道。
こんなところにほんとに世界遺産「スピシュ城」があるんでしょうか。




墓地の横を通るので、ちょっとおっかなびっくりです。




道はさらに細くなっていきます。
だんだん夜が明けてきましたが、霧がたちこめていて何も見えません。




石畳の道に変わり、だんだんそれっぽくなってきました。




相変わらず霧がたちこめているのですが、一瞬だけ霧が途切れた瞬間がありました。
おぼろげながら、たしかに城が見えます。
おおっ!
もしも霧がなければ、さぞかし雄大な光景なんだろうな。




なんとか頂上にたどり着きました。




しかし、城の門は固く閉ざされています。
それどころか、近づくと獰猛な番犬に容赦なく吠えたてられます。




城の門が開くまですることもないので、写真撮影をして時間を過ごしました。






ようやく門が開き、いよいよスピシュ城観光の始まりです。
荷物は無料で預かってくれました。










城の上から見下ろした街はたしかにきれいですが、お金を払って、わざわざ山の上まで登る価値はないように思えます。
それよりも遠く離れた場所から雄大な城を眺める方が私は好きです。











麓の街で買い物。




酸っぱいミルク(ヨーグルト?)






これが今日の朝食。
食欲なんてなかったけど、無理して詰め込みました。



スピシュ城を眺めながら食べる朝食は格別ですよ。




私が朝食をとっていると、村人たちがわらわらと集まってきました。
どうやら「俺たちの写真を撮れ」と言っているようです。








この赤いシャツを着た少年がくせ者で、荷物を盗られるんじゃないかと気が気でなかったです。

「お前はチーノか?」と聞いてきたので、「俺は日本人だ」と答えたら、
「カンフーはできるか?」とさらに聞いてきました。
「いや、カンフーは香港人だ。俺は日本人だから空手をやる」と答えたら、
「Show me! 」
口のきき方も知らないのかこのガキは。




それでも、この少年が一番私にはなついてくれたので、なかなか憎めない奴でした。




この母親に、
「あんたの娘はかわいいな。一緒に写真を撮らせてくれ」
と頼んだら、彼女はニヤッと笑いながら、
「写真だけでいいのかい?」
指でお金を表す仕草をしながらそう答えました。

なんちゅう母親だ。
それでも人間か。
いくら?












後でカウチサーフィンのホストに彼らの写真を見せたら、
「ジプシー」
と吐き捨てるように言っていました。
私たちが思っている以上に、ヨーロッパの人たちはジプシーのことを忌み嫌っているみたいですね。

あれだけ大勢のジプシーに取り囲まれたのです。
絶対なにか盗られたに違いない、と思って荷物を確認してみましたが、損害はなさそうです。






スピシュスケー・ポドフラディエの街を後にして、次の街、レボチャへと向かいます。

バス停でスロバキア人の女の子に
レボチャ行のバスはここであってるのか確認したら、とても親切に教えてくれました。

ここ東欧では、アジア人に対する人種差別をひしひしと感じていたのですが、大好きな街、スピシュスケー・ポドフラディエで最後に言葉を交わした人がとても感じのよい人だったので、気持ちよくこの街を後にすることができました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

霧のかかった街並みを見ると自分もヨーロッパを思い出します。
なんだか映画の世界に飛び込んだような不思議な気持ちだったことが今でも忘れられません
写真の人達ジプシーなんですか
パッと見ではわかりませんけど、地元の人達からすると一目瞭然なんですかね。まぁ彼等は日常的に盗みをするので地元からすれば忌み嫌われるのも仕方ないですけど、写真からは普通の子供達に見えました
西欧に比べて中欧東欧はまだまだ人種差別がちょいちょいありますね。
アジア人はまだまだ珍しい存在なのかもしれません
狙われないようにお気をつけて

No title

臨場感のある文章ですね。ロマの人たちの笑顔が素敵です。

Re: No title

> 霧のかかった街並みを見ると自分もヨーロッパを思い出します。
> なんだか映画の世界に飛び込んだような不思議な気持ちだったことが今でも忘れられません


ほんとに幻想的な光景で、思わずうっとりとしてしまいますね。

> 写真の人達ジプシーなんですか

そうみたいですね。
私にはとても気さくでいい人たちに見えました。

> 狙われないようにお気をつけて

ありがとうございます。
いい人ばかりとはかぎりませんからね。

Re: No title

> 臨場感のある文章ですね。ロマの人たちの笑顔が素敵です。

ありがとうございます。
彼らとの交流は、なかなか楽しかったです。

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。