カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイ・レーニン

今夜のゲストはポーランドから。

ハリナは私よりもかなり年齢が上の女性なのだが、彼女のパワーにはただただ圧倒される。


彼女の娘さんはカウチサーフィンのヘビーユーザー。

その娘さんにすすめられて、ハリナもカウチサーフィンを始めた。


ハリナは娘さんから、「CouchSurfingを無料のホテルのようには使わないで!」と何度も念を押されたという。

そのせいか、「今夜は私が本物のポーランド料理をご馳走するわ」とはりきっている。


というわけで、チェンと3人でスーパーに買い出しに出かけた。

チェンはチェンで、中華料理を作ってくれるという。

そんなに食べられるかなあ。



食材をみつくろって、レジでいざ支払い、となった。

だいたいこういう場合、カウチサーファーがお金を出してくれることが多いのだが、

私は今日はハリナをほったらかしにして、チェンと遊んでいた。

その罪悪感もあったので、半分くらいは支払おうと思い、財布を取り出しておいたのだ。



すると、めざとくそれを見つけたハリナは、

「あら、マサト。あなたが払ってくれるの?
 
 悪いわねえ。

 そんなにあなた、お金を払いたいの?」



いや、できることなら払いたくないけど、支払わざるをえない流れになっちゃいましたよね。

とほほ・・・


まあいいか。ポーランド人に本場の料理をふるまってもらえるのだから。



チェンはというと、終始、スーパーの中では私たちとは別行動で、買い物カゴも支払いも別々でした。

一口にカウチサーファーといっても、その行動パターンはいろいろなのだな。





夕食を準備中のハリナとチェン。

世界各国の料理を食べることができるのも、カウチサーフィンの魅力の一つです。




ハリナがまず作ってくれた料理がこれ。

ポーランドの伝統的な料理らしいのですが、いかんせん、材料はすべて近所のスーパーで買ってきたものなので、

「どこかで食べたことのあるような」味でした。




料理をいただく前に、とりあえず記念撮影。

右がハリナ(ポーランド)。真ん中がチェン(中国)。




こちらもハリナがつくってくれたスープ。

彼女はわざわざポーランドからスープの素を持参してきてくれたので、

本場の味に近い物を味わうことができました。




くせものがこのお酒。

これもハリナがポーランドから持ってきてくれました。


「ウォッカ」って書いてない?

どうりでキツいわけだ。


乾杯するたびに飲み干さなければならないルールだったので、

あっという間に瓶は空になってしまいました。



お酒に強くない私は何度もむせて、涙目になっていたのですが、どうやら女性陣は平気なようです。





こちらはチェンが作ってくれた料理。

もちろん中華風です。


ポーランドと中国、同時に二つの国の料理が食べられるなんて、今夜は豪勢なのだな。





美女と一緒だと、箸が進む、すすむ。




ハリナはそのほかにもポーランドの食材をどっさりとプレゼントしてくれました。

ここまで気前のいいカウチサーファーは珍しいです。




さらにはポーランドのパンまでくれました。

怒涛のおみやげ攻勢!



と思っていたら、翌朝、彼女はこのパンを自分で食べてました。


あのー、ハリナさん?

たしかこれ、くれるって言ったよね?




最後におみやげ、もう一つ追加。

というより、食べきれなかったからくれたっぽい。

・・・

まあいっか。




______________________________________________________________________




ハリナがまだけがれを知らない乙女だったころ、

世界は東と西の二つに分かれて、不毛な争いを繰り広げていました。


ポーランドは社会主義国家として、東側陣営に組み込まれていました。

そこには自由はありません。


「こんな抑圧された社会なんてまっぴら。
 
 私は自由が欲しいのよ。

 絶対に外の世界を見てやるんだから。」


当時、ほとんどのポーランド人は第二外国語としてロシア語を選択したのですが、

ハリナは英語を勉強することを決意。


インターネットも携帯電話もなかったその時代には、文通が世界中で大流行。

ハリナはペンフレンドを外国に求めました。


「私はこの国から出られない。

 だからせめて、私の書いた手紙たちだけでも、自由な世界を旅することができればいい。

 遠くへ。できるだけ遠くへ。

 ヨーロッパはだめ。もっと他の場所がいいわ。


 そうだ。日本なんてどうかしら。

 アジアの中でも、ひときわ神秘的な国。

 そして、サムライの住む国、ニッポン。」



こうしてハリナは日本人の男性と文通を始めることになりました。

彼はハリナに日本の雑誌やレコード、お茶などを送ってくれることもありました。


「なんて素敵な国なのかしら。

 私はいつの日か、ぜったいにこの国を訪れてみせるわ」


この日本人男性との文通が、ハリナの原動力となり、彼女は毎日毎日英語の勉強を続けることができたと言います。


彼との文通は、数年にも及びました。



しかしある日、ハリナがポーランド人男性との結婚が決まったことを告げると、

それ以来、彼からの手紙は来なくなってしまいました。


彼女は何度も手紙を送りましたが、まったく返事はありません。





それから30年。

子供は独立し、彼女自身、経済的にも豊かになりました。

今では英会話学校を経営するまでになったのです。


50歳の誕生日を迎えるにあたり、ハリナはついに決心します。

「そうだ、ニッポンに行こう。

 そして、彼に会って話をしよう。」



何十通も手紙を出したのです。

彼の住所は今でもはっきりと覚えています。


30年前とは異なり、今では容易に情報を収集することが可能です。

その住所には、同姓同名の人物が現在でも住んでいることもつきとめました。


でも、いきなり訪ねて行ったりしたら、相手がびっくりするかもしれません。

そこで、文通相手の近くに住むカウチサーファーに頼んで、ハリナからの伝言を届けてもらうことにしました。

カウチサーフィンって、こんな使い方もできるんですね。



ところが、彼の返事は意外なものでした。

「ハリナなんて女性は知らん。

 文通なんてしたこともない。

 人違いだ。帰ってくれ」



その住所では、昔から代々商売が営まれていて、家の所有者は変わっていません。

名前も同一人物です。

人違いということは考えられません。



「何年間も、何十通も手紙をやり取りしていたのよ。

 忘れてしまったなんてありえないわ。

 それとも私は、亡霊と文通していたのかしらね」



その男性の気持ちも、わからなくはありません。

彼にだって、現在の生活があります。

家族もいることでしょう。


それに、何年間も手紙のやり取りをしていたのに、いきなり

「結婚が決まった」などと言われたのですから。



「それでもね、私は彼の家に行ってみようと思うのよ。


 抑圧された社会で暮らしていた当時の私にとって、

 彼との手紙だけが唯一、外の世界へと開かれた窓だったの。


 彼のおかげでどれだけ私の心は救われたことか。

 ぜひとも彼に会ってお礼を言いたいのよ。

 
 それに、私の文通相手がどんな幽霊だったのかも興味あるしね」



翌朝、ハリナは彼のもとへと旅立っていきました。

30年前の住所が書かれた紙切れとともに。



会わない方がいいこともある。

でも、ハリナにそう告げることはできませんでした。


彼女は30年待ったんだ。

誰にもハリナを止める権利なんてない。



今できることは、今やっておく。

それしかないんだ。



最後の最後に後悔しないように。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい!

凄く 切ない話ですね

彼からすれば 裏切られたと 思ったのでしょうか?

でも もう 話してもいいと思うのですが
 
ひとそれぞれ 違うからしょうがないですね

私は カウチサーフィンで 世界中の友達を作りたいのですが その日 限りで 連絡しなくなることが 多いので ちょっと悲しくなります
その中でも スカイプで よく連絡取る人もいますが そういう人を大事にするしかないですね

まさとさんは ホストして よく連絡するひとは どれぐらいいますか?
これだけ多く ホストしてると 限られますよね?
でも 出会いは 大事にしたいものです

ハリナさんの 続報 よろしくお願いします

Re: 素晴らしい!

>
> 彼からすれば 裏切られたと 思ったのでしょうか?
>
> でも もう 話してもいいと思うのですが
>  

私はその場にいたわけではなく、ハリナから聞いた話なので、実際にどんなやりとりがあったのかはわかりません。

ハリナから頼まれた日本人カウチサーファーが、その男性の家に行ったそうです。

ハリナ本人ならともかく、まったく面識のない人間に突然押し掛けられて、その男性も面喰らってしまったのかもしれません。

>
> まさとさんは ホストして よく連絡するひとは どれぐらいいますか?

フェイスブックでやり取りする人はけっこういるのですが、時間が経つにつれ、だんだんと疎遠になっていく人も多いです。

でも、お互いの家を相互訪問したり、3度4度と繰り返し会う人との絆は、やはり強いです。

後日談

マサトさん、はじめまして。
カウチサーフィン(ホスト)をやっているTeriです。
マサトさんのブログを楽しく拝見しています。

実は、ハリナを日本最後の日にホストしました。
ハリナが日本へ来る前から何度もやり取りをしていて、
文通していた人の話も聞いていました。

ハリナという人は知らない、文通したこともない、
という返事だったと言ってきた時には
それならもう会いにいかないほうがいい、
とアドバイスしました。

もう相手が結婚していて(多分)、普通にその同じ場所で暮らしているなら、
そこに突然ポーランド人が登場して
会いたかったわ~なんて言われたら、奥さんきっと嫌がるから、
と説明しました。

が、あの勢いある彼女のこと、それでは納得したくなかったようで。
結局、近くに住むカウチサーファー(ホスト)と一緒に、
本当にその家へ行ったところ本人はいなくて(逃げていたか!?)、
母親が出てきて、話は聞いてくれたそうです(ホロリとした感じだったとか)。

それで彼女は満足したらしい。

という話を私の家に来た時、がーーーっと聞かされました・・・。

すみません、長くなって。

でも、マサトさんのところにたくさん置いていったポーランド土産、
いいな~と羨ましくなりました。荷物になるから全部置いていったのかなー。
私がもらったのはウオッカだけですよ・・・。私、酒飲まないけど・・・。

最後にすみません、マサトさんをハリナに勧めたのも私です!
(ブログのリンク、カテゴリーの「カウチサーフィン」にたくさん書いています)

Re: 後日談

はじめまして、Teriさん。

私のことをハリナに紹介してくださって、ありがとうございます。
おかげさまで楽しい経験をすることができました。
彼女はカウチサーファーの鑑のような人でしたね。

後日談、ありがとうございました。
結果はどうあれ、彼女はできることをすべてやったのだから、それなりに満足してくれてたらいいですね。



> でも、マサトさんのところにたくさん置いていったポーランド土産、
> いいな~と羨ましくなりました。荷物になるから全部置いていったのかなー。
> 私がもらったのはウオッカだけですよ・・・。私、酒飲まないけど・・・。

Teriさんのところへ行く前に、他のカウチサーファーの家にも寄っていたので、
すべて使い果たしてしまったのでしょうか。
ハリナはTeriさんのことを一番頼りにしているみたいでしたけど。

ブログ拝見しました。
いろいろと制約があるなかでも、けっこう受け入れてらっしゃるんですね。

これからも情報交換など、よろしくお願いいたします。

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。