カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月2日 ホーチミンナイト(ホーチミン、ベトナム)

ホーチミン(ベトナム)でカウチサーフィン(CouchSurfing)



ヴァンナックの弟。
日本人の私から見ても、彼はとてもおとなしい性格をしています。
猛者ぞろいのカンボジアで、果たして彼は、この先生き延びていくことができるのでしょうか。



カンボジアでは至る所でこのナーガ(蛇神)を目にします。
しかしそれも今日まで。
カンボジアとも今日でお別れです。



カンボジア、特にプノンペンでは、中国系の商店がやたらと目につきます



ここにも



バスターミナル周辺は暑いっ!
いや、バスターミナルに限らず、カンボジアはどこも暑いんだけど・・・


これからベトナムに向かう私には、もうカンボジアのお金は必要ありません。
使いきれずに残ったお金は、売店の女の子に全部あげちゃいました。
(でもパンはサービスしてくれなかったけど・・・)


しかし、すぐにこのことを後悔する羽目に。
日本とは違い、東南アジアではトイレが有料だということを忘れてました。
しまった。
小銭は最後の最後まで残しておくべきだった。





セントラル・マーケットもこれで見おさめか。
結局、何も買わなかったけど・・・



カンボジア美女ともこれでお別れ。
まあいいさ。
ベトナムにもかわい子ちゃんはたくさんいるはず。



バスはフェリーに乗って川を渡ります。

バスの中では強制的にカンボジア映画のDVDを見せられました。
もちろん何を言ってるのかはわかりませんが、とても単純なストーリーだったので、容易に内容は理解できます。

とてつもなくブリっ子(死語?)な少女が、2人の男性のはざまで揺れ動くというラブコメディです。
こんな能天気な女の子、カンボジアでは一人も見なかったぞ。




カンボジアーベトナム間の国境ゲートビル。
入国審査を済ませて、いよいよベトナムです。


係官が親指を立てて何か言ったので、私は勝手に
「Good Job!」
の意味だと解釈して、その場を通り過ぎようとしました。

すると、その係官は大声で私を呼びとめます。
そしてさらに親指を立てて何か怒鳴ってます。
中指を立てそうな勢いです。


どうやら、
「親指の指紋を採取するから指を機械に乗せろ」
と言いたかったらしい。

なんたる勘違い。
ハズカシイ。




ホーチミンでのホスト、ランが連れてきてくれたのは、シーフードレストラン。
なかなか人気のあるお店らしく、他の客でいっぱいです







私が想像していた「シーフード」とは少し違いましたが、期待以上の絶品です。
少し辛いので、ビールにちょうどいいなあ



ベトナムで飲む最初のビール!
せっかくホーチミンにやって来たのだから、ここはやはり「サイゴンビアー」!!

ビールは旨いし料理もサイコー!

それに、



ホストのランはめちゃめちゃ美人で色っぽい。
ベトナムでの最初のカウチサーフィンがこんな美女と一緒なんて、なかなか幸先のいいスタートです。

なんだかハイテンションになってきたのは、あながち、ビールのせいだけじゃないかも



前を歩くランに、つい、見とれてしまいます。
東南アジアの女の子って、どうしてこうもショートパンツが似合うんでしょうねえ。
いけねえ。
よだれが出てきた。



さとうきびジュースは、ここでも健在です。



ランは彼女のバイクで夜のホーチミンを案内してくれました。
この教会は彼女のお気に入りの場所だそうです。



なんだかずっと頬が緩みっぱなしの私



何度見てもいい女だな~


___________________________________________________

ベトナムはカウチサーフィンをやりやすい。
ホストを探していると、たくさんのInvitationをもらった。
なんと、むこうから「うちに泊まりにきなよ。」と誘ってくれるのだ。
ベトナム人というのはなんてフレンドリーな人種なんだろう。

ランもその一人だ。
彼女のほうからメッセージを送ってきてくれた。

彼女はまだカウチサーフィンの経験がなく、
私が第一号の客。
なんという光栄!


ランはアメリカで数年暮らしていたことがある。
大学と大学院を卒業するためだ。

しかも、フルブライトの奨学生!
頭のいい女性なんですね。

もちろん彼女の英語はネイティブレベル。
知的な女性は大好きです。
一緒にいると、何かしら得るものがある。


このように、ランはとてもスマートな女性なのだが、
同時にとても色っぽかったりする。

常に微笑をたたえているのだが、
それが何とも言えない妖しい魅力を醸し出している。


ランの部屋はとてもきれい。
カンボジアではずっと男のホストだったので、
余計に女性の部屋は清潔に感じる。

しかもシャワーからは熱いお湯が出る。
日本では当たり前のことだが、カンボジアではずっと水のシャワーだった。
お湯のシャワーを浴びるのなんて、何週間ぶりのことだろう。


ランの連れて行ってくれた食堂もまた、ナイスチョイス。
食堂といっても屋外にあるのだが、これがまたいかにもベトナムらしくていい。

料理は少し辛めだが、そのことによってますますビールが旨く感じられる。
もちろん、こんな美女と一緒の食事なら、何を食べても美味しいのだが。


カンボジアからホーチミンにやってくると、その豊かさに圧倒される。
町全体の雰囲気が全然違うのだ。
とにかく明るい!

バイクや車の交通量も多く、かなりうるさいのだが、
道行く人々からは熱気と自信を感じ取ることができる。
まさに、日本の高度成長期を彷彿とさせる街だ。



しかし、そんなホーチミンにも影の部分はある。
先ほども述べたように、われわれのいる食堂は路上に面している。
食事をしていると、ひっきりなしに物乞いが我々のテーブルを訪れるのだ。

宝くじを売りつけようとする者、
音楽を演奏して、演奏料を要求してくる者、
盲目の兄の手を引いて、ひたすら同情を買おうとする者。

東南アジアを旅行していれば、めずらしくもない光景だが、
他の国ではここまで多くはなかった。
物乞いたちの表情も重く、暗い。

ホーチミン市民の多くは沸き立つ経済の恩恵に浴しているようだが、
それと同時に、貧富の格差もすさまじいものになっているのではないだろうか。

テレビや本では、ベトナム経済のいい面しか報道していないように見える。

確かに、表通りを歩いている限り、ベトナムは好景気の真っただ中にあるように見える。
だが、一歩裏通りに入れば、様相はガラリと変わる。

カンボジアでは、ゆっくりと食事をすることができた。
だが、ここホーチミンでは、ひっきりなしに物乞いたちがわれわれのテーブルを訪れる。

きらめくネオンと乞食の群れ。
その両方がホーチミンの現実の姿なのだ。

テレビやガイドブックの紹介する、ベトナムの華やかな面だけでなく、
これから私は、本当のベトナムもしっかり見届けようと思う。



食事の後、ランはバイクでホーチミンの街を案内してくれた。
明日は一日かけて市内観光をする予定なのだが、
「夜のホーチミンはまた別だから」
というランの勧めで、夜に行くべきスポットを重点的に回ってもらった。


確かに夜のホーチミンは美しい。
でも、正直、私はそれどころではなかった。

べスパを運転するランの髪の毛からは、シャンプーの甘い香りが漂ってくる。
彼女がブレーキをかけるたびに、私の体は前のめりになって、彼女にぶつかる。
でも、ランは急発進はしないから、態勢はそのまま。

至福の時間♪
どさくさにまぎれて後ろから抱きしめたら怒るかな?

いかん、いかん。
せっかく街を案内してもらってるのに、こんな邪なことを考える俺は最低だな。



ランの家には部屋が2部屋あり、それぞれがとても広く快適なのだが、
問題点が一つ。

トイレとシャワールームは一つしかなく、それは彼女の使う部屋の中にあるのだ。
そしてそういう時に限って、私の体は言うことを聞かなくなる。

カンボジアでの劣悪な環境から一転、とても快適な部屋に来たことによって体が安心したのだろう。
自分でも驚くほど長く、大きなおならを連発してしまった。
すぐ隣の部屋ではランが静かに本を読んでいるというのに。

プーーーー。プスーーー。ププッ。

ハズカシすぎる。
泣きたい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。