カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月9日(土) 3対1 勝ち目なし (タチレイ、ミャンマー)



チェンマイのバスターミナル





チェンラーイのバスターミナル





メーサーイの市場



遠くに見えているのは国境ゲートビル



寿司を売ってました。
でも、なんか違うような気がする



これは食えないわな



国境ゲートビル。
この先はミャンマー



タイとミャンマーの中間







いよいよミャンマーへ



ゴールデントライアングルの町



ミャンマー側の国境ゲート



これがミャンマーか。
そういえば、タイとは空気が違う気がする。







この兄ちゃんたちがホテルまで連れていってくれることに。
ついていっても大丈夫だろうか









この兄ちゃんたちが売りつけてきたバイアグラ。
初めて見た



彼らは屋台で何かを購入



それがこれ。
おやつのような物らしい



携帯電話ショップ。
その名も「ドラえもん」



夕食はこの食堂で。
こんな汚ない店、外国人は使いません。





食堂のお姉さん。
この女性は日本語を勉強中



ミャンマービール







彼らは敵か?味方か?







テーブルの下には犬が。
日本では考えられませんが、東南アジアではごく普通の光景です



この女性だけが心の支えでした




6月9日(土) 3対1 勝ち目なし (タチレイ、ミャンマー)

あろうことか、ソンテオ(乗合バス)の運転手は道に迷った。
バスターミナルの場所を知らないなんて、お前、モグリだろ。

その挙句、
「思ったより時間がかかったから、もう20バーツよこせ」
とか平気で言ってくる。


バスにはなんとか間に合ったが、急いで絵葉書を書かなければならなくなった。
せっかく余裕を持って宿を出発したというのに。

私は旅行中、各地から絵葉書を出しているのだが、
これが意外と手間がかかる。

日本ならコンビニで簡単に切手は買えるし、
ポストもいたるところにある。

でも、慣れない外国でそれらを見つけるのは けっこうしんどい。
ポストなんて、駅前に行けば簡単に見つかるだろ、
と思っていたのだが、日本の常識が通用しない場合もあるのだ。

でも、苦労しただけの価値はある。
世界各地からの絵葉書をもらった人はけっこう喜んでくれる。

ポストや郵便局を探し求めて街を歩くのも、
旅行者目線とは違う視点でその土地を見ることができるので、
私は欠かさず、各町から絵葉書をせっせと送り続ける。

送る相手は女の子だけ、という不純な動機なのだが。



メーサーイ行のバスはとても快適。
シートの幅は広く、エアコンも良く効いている。

タイのバスは当たりハズレが激しい。
全てのバスがこんな風だったら、タイの旅はさぞかし快適だろうに。


メーサーイに到着したのは午後の五時過ぎ。
ガイドブックには、国境は5時に閉まる、と書いてあったので、
ミャンマーには明日 入るつもりだった。

でも、国境のゲートにはたくさんの車が並んでいる。
あれ?
もしかしてまだ開いてるのかな?

係官に聞くと、
「まだ開いているが、もうすぐ閉まる。
ミャンマーに入国することはできるが、
タイにはもう帰ってこれないぞ。
それでもいいのか?」
ということだった。

悩んでいる暇はない。
タイの出国手続きを済ませて、
ミャンマーに入国。

ミャンマーのイミグレーションオフィスにパスポートを預ける。
これで日本国政府の後ろ盾が無くなってしまった。
途端に不安になる。

ミャンマーに入ったのはいいが、なんの情報も持っていない。
インフォメーションセンターで地図をもらおうとしたら、
5バーツ請求された。
それも手描きで書かれた物をコピーしただけというお粗末なやつだ。

その地図に何件かホテルは載っていたが、
料金も電話番号も書かれていない。

重い荷物を持って宿を探し歩くのもしんどいので
バイクタクシーを拾おうかと思ったのだが、誰も止まってくれない。

奴らはいつもやかましいくらいに声をかけてくるのに、
本当に必要な時にかぎってつかまらない。
使えんな。


陽が暮れる前になんとか寝る場所を確保したいものだ、
だが、どうやって宿を見つける?
国境のそばにはいくらでも宿泊施設があると思っていたのだが、
それらしいものは見えない。

途方にくれていると、若い男性が声をかけてきた。
「ホテルを探しているのか?」

その男の歳の頃は20代前半。
少しやんちゃそうな顔つきをしている。

「この男を信用してもいいのか?」
わからない。

そうしている間に、その男の仲間らしい男たちが数人集まってきた。
ホテルまで案内してくれるという。

英語が話せるのは一人だけ。
他の兄ちゃんたちはニヤニヤ笑っているだけだ。

少し不穏な雰囲気がしないわけでもないが、
彼らに付いて行く以外の妙案が浮かばない。

私が逡巡している間にも、彼らは私の荷物を持って歩き始めた。
「ああ、これはきっと、後で高額なチップを要求されるんだろうなあ。」

1軒目の旅館にはWiFiが無かったので、別のホテルに案内してもらった。
が、ここはあいにく満室。

結局 最初の宿に戻ってきた。
1時間くらい歩いただろうか。
その間数人の兄ちゃんたちがゾロゾロと後をついてくる。

「いったいコイツらの目的はなんなんだ?
人気の無い所へ連れて行って、金を奪うつもりなのだろうか」

一人の兄ちゃんが、私にDVDを売りつけてきた。
どうも日本のAVらしい。
あほらしい。
なんでミャンマーにまで来て日本のAVを買わなきゃならないんだ。

「日本の女は嫌いか?
なら、タイのもあるぞ」

いや、そういう問題じゃないし。

「じゃあバイアグラはどうだ。
一粒120バーツでいいぞ。」

120バーツ!
えらい安いな。
日本でバイアグラがいくらで売られているのかは知らないが、
数百円ではとても買えないだろう。

まあ、どうせニセモノだろうけど。

「いや、バイアグラはいらない。
まだ そんな歳じゃないし。」
と言って断ったのだが、そうではないらしい。

女を買う場合、ショートとロングというのがあるそうだ。
ショートというのは数時間。
ロングなら一晩中 その女性と過ごせるらしい。

そしてロングの場合、バイアグラを飲んで一晩中 楽しむのだとか。
相手をさせられる女性はたまったもんじゃないな。


「いずれにせよ、俺は女は買わないから バイアグラはやっぱりいらないよ」
と言うと、ここでも変な顔をされた。

「お前 日本人だろ。
女を買う以外、ミャンマーのこんな辺鄙な場所にいったい何しに来たんだ?」

やはりここでも日本人は有名らしい。
悪い意味で。


彼らはしきりに「オキヤ、オキヤ」
と叫んでいる。

最初は何のことかわからなかったが、
どうやら「置き屋」のことらしい。

英語も通じないのに、なんでそんな特殊な日本語を知ってるんだよ、こいつらは。

いや、悪いのはこいつらじゃない。
こんな所まで女を漁りにきて 変な日本語を撒き散らしている日本人が悪いのだ。


彼らはとてもしつこく、どうしても私を売春宿に連れて行こうとする。
おそらく 客を紹介することで、店側からマージンをもらえるのだろう。

「いや、今日は長旅で疲れた。
それに腹も減った。
どこかいい店知らないか?
ミャンマーの料理が食べたい。」
と言って、なんとかその場をゴマかすことにした。


彼らは私のリクエストに忠実に応えてくれた。
本当のミャンマー人が行くお店だ。

英語のメニューなどという上等なものは無い。
いや、メニューすら無い。

ハエが飛び回り、テーブルの上には蟻が闊歩している。
店の中には数匹の犬がたむろしている。

あまりにもミャンマー過ぎて、涙が出てきた。


そんなゴミためのような食堂だったが、一人の美しい女性が働いていた。
まさに「掃き溜めに鶴」だ。

しかも この女性、日本語を話せると言うではないか。
ミャンマー人にしては色が白く、とても親切な人だ。

ただ、残念ながら彼女の日本語のレベルはそれほど高くはなく、
郵便局の場所を聞くのにも一苦労するほど。

それほど深い内容の会話は望めなかったが、
それでも、緊張を強いられるミャンマーにあって、唯一 心が安らぐ女性だ。


この女性は兄ちゃんたちとは知り合いらしい。
こんな正直そうな女性と知り合いなのならば、彼らを信じてもいいのかもしれない。
まだ油断はできないが。


さて、肝心のミャンマー料理だが、お世辞にも美味しいとは思えなかった。
お姉さんには悪いけど、私の口には合いそうにない。

「明日も食べに来てくれますか?」
「はい、もちろんっ!」

しまった。
男の悲しい性だ。


意外なことに、兄ちゃんたちは私に食事をおごれとは言わなかった。
彼らにはホテル探しを手伝ってもらったし、
食事にもつきあってもらったので、ビールだけも奢らせてもらった。


「じゃあ、明日の朝 8時な」
そう言って彼らは去って行った。

え?
明日も来るのか。

彼らは私の泊まる部屋まで知っている。
逃げようがない。
朝の6時くらいにこっそりとミャンマーを脱出してしまおうか。

いや ダメだ。
国境のゲートが開くのは8時。

思い荷物を背負っていては、彼らを振り切ることなど不可能だ。

さあ どうする?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。