カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月1日(金) パジャマ 邪魔だ (バンコク、タイ)



今朝も朝食をいただいちゃいました



今日は一人で行動です



このミニバスに乗って



アユタヤへやってきました



トゥクトゥクをチャーターしてアユタヤをまわることにしました



トゥクトゥクから見た光景















トゥクトゥクとドライバーの兄ちゃん。







この塔、傾いているのがわかるでしょうか



塔の上から見た風景









せっかくだから、象にも乗りました



乗り心地は最悪





トゥクトゥクのお兄さんとはここでお別れ。
ありがとね











これが見たくてアユタヤに来たんです。
ずーっと憧れていたんです。

でも、意外とショボい。カモンチップ

こうして、一つ、また一つ、とロマンが消え去っていくのですね。

人生とは残酷なものだ





お腹がすいたので、ムエイクランがくれた弁当を食べることにしました

このサンドイッチ、甘いんです。
おいしかった







象が道路を歩いていても、何の違和感もない。
これがタイ







あちこちで犬が死んだように寝ているので、うっかり踏んづけてしまいそうになります



暑い時にはこれが一番







カモンチップの作ってくれた夜食



ムエイクランのくれたデザート。
美味しいっ!



6月1日(金) パジャマ 邪魔だ (バンコク、タイ)

昨日 カモンチップにアユタヤ行きのミニバス乗り場を教えてもらった。
彼女はわざわざその場所まで私を連れて行ってくれたのだ。

それなのになんだこの状況は。
昨日と同じ所に行っても、そこにはアユタヤ行きのバスはない。

係りの人に聞いても
「 Over There」
という返事が返ってくるばかり。

だから「あっち」ってどっちなんだよ?
と聞いても「 Over There」を繰り返すばかり。

結局アユタヤ行きのミニバスを見つけるまでにかなりの時間を要してしまった。
バス乗り場は昨日とはまったく別の場所にあった。
タイの交通システムはいったいどういう仕組みなんだ?


アユタヤに到着すると、トゥクトゥクの運転手達が寄ってくる。
アユタヤは小さな街のようなのでトゥクトゥクは使わないつもりだったのだが、
この運転手、かなり日本語が話せる。
しかもキャイーンの天野くんに似ていて、なかなか親しみがもてる。
料金もガイドブックに載っているのと同じ料金だったので、
2時間トゥクトゥクをチャーターすることにした。

東南アジアは物価が安いせいか、どうも財布の紐が緩みがちだ。

バックパッカーの本分は歩くこと、
と気負って、いつもはひたすら自力で歩いていたのだが、
車をチャーターしてガイドに案内してもらうのがこんなに楽だとは!

これからは予算に応じて効率的な旅をすることにしよう。


アユタヤでの私の最大の目的はワット・マハータート。
樹木の間に仏像の頭が取り込まれているあれだ。

以前この写真を見て以来、ずーっと来て見たかった。

写真で見ると大迫力なのだが、
実物はというと、それほどでもない。
現実とはそんなものか。


この仏像の近くには係員が2,3人常駐している。
いったい何をしているのかというと、観光客を監視しているのだ。

ここは絶好の撮影ポイントなのだが、仏像より高い位置に立つことは禁止されている。
しゃがんで写真を撮らなければならないのだ。

看板にもそのことは書いてあるのだが、時々それに気づかずに
立ったまま記念撮影をしようとする観光客がいる。
係員の仕事は彼らを注意することなのだ。


カモンチップ家の人々に土産を買おうとしてウロウロしていたら、
道に迷ってしまった。
バンコク行の ミニバス乗り場がどこかわからない。

その辺にいる人に聞いてみたが、どうも要領をえない。
別の場所に連れていかれてしまった。

確かにバンコク行のバスなのだが、行きに乗ったのとは違う。
まあいいか。バンコクまで連れてってくれるならそれでいいや。
どのバスも同じだろ。
料金もこっちの方が安いし。


同じではなかった。
このバス、おそろしくノロい。
乗客を見つけるたびにいちいちストップする。
道端を歩いている人がいると、クラクションを鳴らして
「乗ってかない?」と誘っている。

そんな調子だから、時速20キロくらいでトロトロ走っている。
バンコクに到着するのはいったいいつになるんだ?


行きの3倍くらいの時間をかけて、バスはバンコクに到着した。
町外れにあるバスステーションに。
ここからBTSの駅までは地図の上ではすぐ近くだ。
地図の上では。

ところがこのバスステーション、意外と広く、ゴチャゴチャしている。
バスステーションの外に出るまでにかなり時間がかかった。

インフォメーションセンターでBTSの駅への行き方を聞いたのだが、
「タクシーを使え」
と言う。
歩いて行ける距離なのに。
きっと道順を教えるのが面倒だったのだろう。

ところが夕立のおかげで、タクシー乗り場には長蛇の列。
歩いた方が早そうだ。

そう思って歩き出してすぐに、夕立がさらに激しくなり、傘が役に立たなくなってしまった。

これはもう歩くのは無理だな。
モーターサイを止めて値段を聞くと、通常の数倍の値段を提示された。
「大雨だし、渋滞中だからな」

人の足元を見るその態度に腹が立った。
絶対にモーターサイなんか使うもんか。
自力で歩いてやる。


と意気込んではみたものの、道に迷ってしまった。
情けない。
もう日が暮れて、辺りは暗い。
人影もまばらだ。

やっと見つけた人に道を聞いたら、
「No! Hahahahaha!」
という答えが返ってきた。


どうも今日はツイていないらしい。
あまりいい人とめぐりあえない。
タイの人はみんなもっと親切かと思っていたが、そうでもないらしい。


ようやくBTSの駅に辿りついてカモンチップに電話を入れた。

「マサト、今どこ?
こんな時間までいったいどこをほっつき歩いているの!」

なにをそんなに怒っているんだ、カモンチップ。

最初の予定では彼女に駅まで迎えにきてもらうはずだったのだが
拒否された。
無理もない、こんな大雨では。

家に帰ると、カモンチップが非難がましい目で私を見ている。
今夜は最後の夜だから、豪華な料理を用意して私の帰りを待っていたらしい。

そういうことだったのか。
それは申し訳ないことをした。


シャワーを浴びて部屋に戻ってくると、
カモンチップがベッドの上に座っている。
一瞬ギョッとした。
部屋の中には椅子はないので、私もベッドに腰掛ける。

「なんで私の教えた通りに帰ってこなかったのよ?」

まだ怒ってるのか。
バス停が見つからなかったんだよ。

「誰かに聞けばいいじゃない」
聞いたらこうなったんだよ。

「ふーん。まあいいわ。
アユタヤは楽しかった?」
楽しかったよ。でも、ワット・マハータートは思ったほどじゃなかったな。

「それは残念だったわね。
バンコクで一番印象に残ったのは何?」
君だよ、カモンチップ。
って答えたらこの娘はどんな顔をするんだろう。

実際、バンコクではまる二日間、彼女は私に付き合ってくれた。
やり過ぎと思えるくらい私の世話を焼いてくれた。

私にとってバンコクでの一番の思い出はカモンチップをおいて他にはない。

長女のムエイヤイとムエイクランはこの秋に日本にやって来る。
君はなぜ来ないんだい、カモンチップ?
「誰かが残って工場を見てないといけないのよ。
今回私はお留守番。」

それは残念だ。
彼女に京都を案内したかったな。


ベッドの上で話していると、いきなりドアが開いて、カモンチップのお母さんが部屋に入ってきた。
ノックくらいしてくださいよ、お義母さん。
びっくりするじゃないですか。


彼女はカモンチップに向かって何か言っている。
少し怒っているようだ。

「こんな夜遅くに男の人の部屋に上がり込んでなにやってるの、あんたは。
そんなふしだらな娘に育てた覚えはありません。」
と言ったかどうかはわからないが、カモンチップは部屋を出て行ってしまった。

もう少し話したかったな。
せっかくいい雰囲気だったのに。
お義母さんも少しは気を効かせてくれてもいいのに。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。