カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月30日(水) カモンチップ ( バンコク、タイ)



カモンチップの家の敷地内にはこんな物が。
かなり宗教心の篤い家庭のようです。



彼女の家に到着した後、いきなり朝食のサービス。
これは予想外



乗り合いバス。
私一人なら乗りませんが、
カモンチップがいるから安心です。



バンコクでのホスト、カモンチップ。
おばさん顔ですが、かなり若いんです



近所の市場





バンコクでは、船での移動も便利















ワット・プラケオ









暑さのせいか、カモンチップがかわいく見えてきた。
重症だな、こりゃ





王宮







トゥクトゥク







ワット・ポー





タイ式マッサージのツボを解説した図









カモンチップに正式なタイ式のお祈りの仕方を教えてもらいました



おばさんのような歩き方をするカモンチップ



さすがはタイ式マッサージの総本山



痛そうなポーズ





トゥクトゥクの中にて



タイと言えば、やはりムエタイ(タイ式ボクシング)。
そこで、ジムに体験入門しました。











ジムのコーチと。
左の人は日本に暮らしたこともあるそうです。

右の人、ナインティナインの岡村に似てません?



カオサン通りにも行ってきました





日本のラーメンはバンコクでも人気のようです



マクドナルドもタイ バージョン



今夜の夕食はタイスキ



このタレが絶妙に美味い











ヒンドゥーの寺院にもお参りしてきました





ここではタイの伝統舞踊を見ることができます


5月30日(水) カモンチップ ( バンコク、タイ)

バスの乗り心地は悪かったが、不思議と疲労感はない。
新しい国に到着したという高揚感のおかげだろうか。

KTMのバタワース駅ではフリーのWiFiが使えたので、
バンコクのホストとは連絡が取れた。

彼女は現在、スペインを旅行中で家を留守にしているのだが、
彼女に代わって妹たちが私の世話をしてくれるらしい。

それはいいのだが、彼女の家は実にわかりにくい所にある。
自力では行けそうになかったのでタクシーを使うことにした。
けっこうな金額がかかったぞ。
これからずっとタクシーを使わなければならないのだろうか。
ゲストハウスを利用した方が安上がりだったかもしれない。


タクシーから降りると、二人の姉妹が私を出迎えてくれた。
私の扱いに戸惑っているようだ。
彼女たちの表情からは困惑の色が見える。

無理もない。
彼女たちはカウチサーファーではないのだ。
姉がカウチサーフィンを利用しているばっかりにとばっちりを喰らってしまった、哀れな被害者たちなのだ。

こりゃあ、今回のカウチサーフィンはあまり期待できそうにないな。
一人寂しくバンコクをさまようことになるのか。


彼女たちの家は工場を兼ねているようだ。
けっこう大きい。
医療用チューブを製造しているとかで、以前は日本にも製品を卸していた。

だが、今は中国の企業の方が羽振りが良いみたいで、
日本企業とは取り引きしていないそうだ。

それでもこの一家は親日的。
長女のムエイヤイは日本に2年間暮らしたことがある。
タイ式マッサージの店で働いていたとか。

次女のムエイクランは日本に9階も訪れたことがある。
目的は日本の化粧品。
彼女にとって東京はパラダイスなんだそうだ。


「マサト、あなた一人でバンコクを歩ける?」
最初の話ではそういうことになっていた。

でも、彼女達から差し入れられた朝食を食べ終わると、状況は変わっていた。
末娘のカモンチップが私を案内してくれるというのだ。

彼女はカウチサーファーではないのに申し訳なかったが、
やっぱり地元の人と一緒にいる方が心強い。


一般的に暑い国の人は動作がノロい。
だがカモンチップはスタスタ早足で歩く。
私は日本人の中でも歩くのが早い方だが、
それでも彼女について行くのは大変だ。

そしてカモンチップはなにかと口やかましい。

シャワーを浴びた後、上半身裸で家の中をウロウロしていたら叱られた。
「ちゃんと服を来てちょうだい」

そりゃそうだけど、風呂上がりは暑いんだもん。


また、お寺のなかで座っていたら、
「その座り方は不作法だわ。
こうやって座ってちょうだい」
と正座を強要された。

だが、周りを見渡して見ても、
他のタイ人も正座まではしていない。

なんで俺だけ・・・


カモンチップは大変信仰に篤いようで、
どの寺院に行ってもきちんとお祈りをします。
私も彼女にならって、正式なお祈りをささげなければなりませんでした。

最初は、なんでこんなことをしなけりゃならないんだよ、
と思っていたのですが、何度も頭を床にこすりつけているうちに、
なんだか自分もタイ人になったような気がしてきます。

普通にお寺を見学するだけなら、ただ通り過ぎるだけですが、
こうして毎度毎度手を合わせていると、じっくりとお寺の内部の雰囲気も味わうことができます。

たまにはこんな風にゆっくりと時間を過ごすのもいいかもね。


しかし、この穏やかな時間の後には、
私の人生のなかでも最もハードな試練が待ち受けていました。


タイと言えば、ムエタイ、タイ式ボクシングです。
このバンコクには有名なボクシングスタジアムがあり、
毎日ムエタイの試合を見ることができるのです。

でもせっかくタイにまでやってきたのですから、自分でやらない手はありません。
初心者の体験レッスンを受け付けているムエタイのジムがバンコクには二つあります。
一つは日本人が経営していて、日本語のウェブサイトもあります。
やはりタイ人の経営するジムの方が面白そうだったので、カモンチップに頼んで別のジムに連れていってもらいました。

練習時間は2時間。
その間君はどうするの?
と聞くと、カモンチップも練習に参加すると言います。
彼女もムエタイをやったことはないので、やってみたいとか。
そういう積極的な人、大好きです。

初心者体験入門レッスンとはいうものの、
練習は一般のジムの人と一緒です。
これがまたキツい!

まずは縄跳びから。
ここで早くも私はつまづきました。
縄跳びなんてもう何十年もやってないのに、
いきなり15分もさせられて、息はあがりっぱなしです。

隣を見ると、カモンチップは汗一つかいていない涼しい顔で私を見つめ返します。

「余計なことを考えちゃダメ、マサト。
これは禅の一種だと思えばいいのよ。
ただ跳ぶことだけに意識を集中させて。」

カモンチップ、お前はその若さでもう悟りを開いたのかっ!


私は空手の心得があります。
だからムエタイもすぐに習得できるだろうとたかをくくっていたのですが、この空手の経験が逆にあだとなりました。

ムエタイの蹴りと空手のそれとは全く考え方が異なります。
「マサト、それはカラテキックだ。
これはムエタイだ。
カラテのことは忘れろっ!」

コーチからは罵声が飛んできます。
そんなこと言われても、小さい頃から何年も空手の稽古を積んできたのです。
体が自然に動いてしまい、何度やってもうまくいきません。

カモンチップがささやきます。
「マサト、過去のことは忘れて。
今、この瞬間だけに意識を集中させるの」

カモンチップ、君が高尚な僧侶なみの人徳の持ち主だということはよくわかった。
でもね、お願いだからそっとしておいてくれないか。


拷問のような練習が延々と続きます。
何度水を飲んでも喉の渇きはおさまりません。
なんで金を払ってこんなことやってるんだろう、俺は。


ようやく練習が終わり、ホッと一息。
見ると、手にはマメができ、膝は擦り切れて血がにじんでいます。
どうせ一回きりの体験レッスンなんだから、もっと手を抜いておけばよかった。

でも、隣で黙々と蹴りを繰り出すカモンチップがそうさせない雰囲気だったんだよね。


フラフラになりながらカオサンロードを歩きます。
バンコクを紹介する本には必ず登場するカオサン。
一度来て実際にこの目で見たかったんだよね。

イスラエル料理の店でジュースを飲みながら喉の渇きをいやします。
「疲れた?」
そりゃあ疲れたさ。でも君は平気そうだね、カモンチップ。
「けっこうキツかったわね。私もムエタイは初めてだったから」

どう見ても しんどそうには見えないんですけど。
疲れているのならそういう顔をしろよ!


晩御飯は何にしようか迷ったのですが、
カモンチップの勧めでタイスキに決定。

この店の従業員の接客はとても丁寧で、
かわいらしいユニフォームを着ています。
まるでメイドカフェのよう。

タイスキ自体は特に真新しいものではありませんでしたが、
タレは日本には無い特殊な味。
辛すぎず、甘すぎず。
日本人の口にもよく合います。


こうして長い長いバンコクでの初日は終了しました。
ありがとねカモンチップ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。