カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブダペストでカウチサーフィン





























ブダペストでカウチサーフィン

私はゲイにモテる。
今回のヨーロッパ旅行でそれがハッキリした。

今朝は6時起き。
七時に出勤する彼らに合わせて家を出るためだ。

車で駅まで送ってくれるという。

バルナバスは頭を剃っていて、見た目はちょっと怖いが実はやさしい。
彼とは車の中で少し話しただけだが、機会があれば、また会いたい。

エスツァーは私と一緒に途中まで地下鉄に乗ってくれた。
仕事に向かう途中で忙しいだろうに、なんて親切なんだろう。
しかも、昼食まで持たせてくれた。
後で味わって食べよう。

ブダペストの駅に荷物を預けて身軽になった。
今夜にはハンガリーを発つ。
ブダペスト観光に費やせるのは一日のみ。
効率よく移動せねば。

聖イシュトヴァーン大聖堂のあと、ブダペストのランドマーク、国会議事堂へ。
ウロウロして敷地に迷い込みそうになったら、戦闘服を着た警備兵に止められた。
よかった、撃たれなくて。

くさり橋のライオン像の所で定番の記念撮影。
ああ、これがあのドナウ川なんだなあ、と一人で感慨にふけった。

ブダペストは思ったより小さな街だ。
歩いてまわってもさほど時間はかからない。

王宮の丘へのケーブルカーは一日乗車券の適用外なので歩いて登る。
大した距離ではないのだが、連日の観光で疲れがたまっているらしい。
足が重い。

まだ朝早かったので、聖マーチャーシュ教会や漁夫の砦はガラガラだった。
中国人団体観光客を除いては。

またしても中国人の大群。
世界は彼らに支配されつつあるのか。

王宮をブラブラした後はゲッレールトの丘だ。
ここにはとりたてて面白い物はないようだが、ブダペストの街を一望できると聞いて行ってみたくなった。
馬鹿と煙は高い所に登りたがるのだ。

バスを探すのが面倒だったので歩いて登った。
足が思いし、息もきれる。

丘の頂上は予想通り何もなかった。
確かに頂上からの眺めはきれいだが、涙がでるほどではない。

疲れた体を癒すためにゲッレールト温泉で残りの時間を過ごそう。
日本円にして二千円ほど。
けっして安くはないが、ハンガリーの名物だからぜひ体験したい。

水着は持ってきていなかったので、受付で白いフンドシをもらう。
日本では、タオルは湯船に入れない。
だからこの白いフンドシも湯船に浸かる時は外すのがルールだと思った。

それがすべての始まりだった。

私がフンドシを外すと、中にいた五人ほどの男たちが一斉に私の方を見た。

自意識過剰だって言いたいんでしょ?
私も最初はそう思いました。
例のカールの一件もあったし。

地球の歩き方には、中央の円形の場所に一人でいることは、ゲイがパートナーを募集しているという意味だと書いてあったので、端っこのほうに行きました。
これが二つ目のミス。

浴場はガラガラなのに、一人の男がわざわざ私の方に近づいてきました。
私の斜め前に陣取り、私の大事な場所をジーっと見ているではありませんか。

ウソだろ?

その男は少しずつ移動しながら渡しに近づいてきます。
横に並びました。

ああ、これでアソコを見つめられなくて済む。

ん?
まだ見てる。
露骨に見てる。

男はさらに距離を詰めてきます。

たまらず私は別の浴槽に逃げました。

すると男もついてくるではありませんか。

今度は私はサウナに移動しました。
やはり彼はサウナにも入ってきます。

私の前に仁王立ちになり、ハァハァ言っています。
他の客も異変に気づいたようです。
みんながそのゲイの方を見たので、彼は去って行きました。

だが、それで終わりではありませんでした。

私が湯船に浸かっていると、またあの男が隣に座ってきたのです。

最初のうちは手を平泳ぎのようにヒラヒラとさせていたのですが、そのうち真っ直ぐに私のアソコに向けて手を伸ばしてきたのです。

ここは公衆浴場です。
まわりには他の人も大勢います。
なので身に危険は感じません。

それでも、です。
男に体を触られるのは嫌です。
ここはキッパリと言うしかありません。

「I'm not GAY!」

だが、彼はひるみません。

「I like you.
I want to touch you.」

暴力こそふるいませんでしたが、彼はかなりしつこかったです。

「私はアジア人のボーイが好きだ。
君を気持ち良くさせてあげられるよ。」

けっこうです!

「Why not?」

ダメにきまってるだろっ!


そう言っている間も、彼の手は私の股間の方へ伸びてきます。
なんだか蕁麻疹が出てきました。

彼は65歳。
デンマークから来ているそうです。
家族もいるとか。
いったいどういう父親を演じているんだろう。

悪い人ではなさそうだったので、しばらく彼と話していました。

「君のモノは実にいい。
私は君のアソコが大好きだ。
Suckさせてくれないか。」

いや、日本人のは小さいでしょ。
黒人とかの方が大きくていいんじゃないんですか?

「いや、あれはダメだ。
だが君のは素晴らしい。」

なんかほめられても全然うれしくありません。

「君は何歳だ」

40歳です。

「えっ!
20歳くらいかと思った。
私は若い男の子が好きだ。」

どうやら急速に彼は私に対する興味を失ったようです。
よかった。
助かった。

まわりを見れば、みんな水着を着用しています。
白いフンドシをしているのは少数派です。
しかも、そのフンドシを外して入浴しているのはゲイっぽい人ばかりです。
私の不用意な行動が誤解を招いたのかもしれません。

リラックスするはずの温泉で、思わぬ緊張を強いられてしまいました。
まあ、ゲイに迫られるのも刺激的でそれなりに楽しめたので よしとしましょう。

ホッとしたら急にお腹がすいてきました。
市場の中にレストランを見つけたので夕食にすることにしました。
ここは地元の人が利用してるようなので、おそらく安いだろうと思ったからです。

ハンガリーの定番料理「グヤーシュ」にありつくことはできましたが、値段は普通。
600円くらいでした。
そんなに安くはありません。

ブダペストの駅でこの記事を書いていると、ニコニコしながら男が話しかけてきました。

またゲイか?

違いました。
宗教の勧誘でした。
まさかヨーロッパで宗教の勧誘を受けるとは。

一度 人生を考え直したほうがいいのかもしれません。

電車の時間までには間があったので、ペギーに絵葉書を書いたりしてノンビリと過ごしたのですが、これが間違いでした。

まず、ポストが見つかりません。
地元の人に聞いても
「どこだったかなあ」
という返答。
見つけるまでかなり時間を要しました。
結局は駅の中にあったのですが・・・

次に通貨の両替。
ルーマニア のお金に変えなくてはなりません。

これにもかなり手間取りました。
大量のお札を渡され、財布がパンパンです。
お金持ちになったような気になりました。
もしかしてルーマニアでは豪遊できるかも。

最後に電車の出発するホーム。
電光掲示板のどこを探しても私の目的地の地名は表示されていません。
同時刻に発車する電車は複数あり、一つに絞ることはできません。

こんな時は駅員に聞くに限る。
ヨーロッパの駅員はあてにならないので、複数の駅員に聞いてみました。
答えはバラバラ。
チョット待てよ。
どの電車に乗ればいいんだ?

時間はどんどん迫ってきます。
駅員に聞いてもわからないものが私にわかるはずはありません。
一体どうなってるんだヨーロッパの鉄道システムは!
出発の時間になったので、一番しっかりしてそうな駅員を信じることにしました。

予約をしていたはずなのに、その席には他の人が座っています。
私の名前も書いてありません。
なんだかいやな予感。
列車を間違えたか?

いったいこの電車は私をどこに連れて行ってくれるんだろう。
楽しみだなあ。


うたた寝をしていると駅員に起こされた。

「どこまで行くんだ?」

ブラショフ。

「この電車はブラショフには行かない。」

いいんですよ。
そんな予感はしてましたから。
じゃあ私はいったいどうしたらいいんですかねえ。

眠たさも手伝って、投げやりになっていた。

「この車両は切り離される。
隣に移れ。」

よかった。
ブラショフには行けるのか。
これで眠れそうだ。

隣の車両はうるさそうな若者のグループがいたので、さらにその隣に移った。
ここなら静かだ。

と思っていたら、次の駅でうるさそうな夫婦が乗り込んできた。
荷物を10人分くらい積み込んでいる。

一体何人乗り込んでくるんだ?

しかし、列車が発車してもその夫婦の他には乗って来なかった。
どんだけ土産物買い込んでるんだよ。
しかも夜行列車に。

今夜も眠れそうにない。
がんばれ、俺!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。