カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン プラハ
















ベルリン プラハ

ベルリンの駅の周辺には、時間を潰せそうな場所は何もなかった。
これだけ大きな都市なのに。
駅構内の店もほとんどが閉まっている。

体が冷えてきた。
とにかく温まらねば。

マクドナルドに入る。
本当なら地元でしか味わえない食べ物を食べたいのだが、ビッグマックとホットチョコレートを頼む。

てんないには、私と同じように大きな荷物を抱えた人たちが大勢いる。
ここで夜を明かすつもりだろう。
仲間がたくさんいて心強い。

夜中の2時ごろ、マックの店員に起こされた。
ドイツ語で何やら言っている。
他の客もゾロゾロと席を立っている。
24時間営業じゃなかったのか。

と思ったら、別の場所にみんな移動していた。
よくわからないが、寒い外に放り出されなくて良かった。

こんな状況でも意外と眠れるものだ。
朝の5時頃にはスッキリ目が覚めた。

電車とプラットフォームの確認をする。
予約は必要ないことは確認済みなので、乗り込むだけだ。
今日は楽な一日になりそうな予感がする。
強いて言えば、通貨の両替くらいか。
果たして、スウェーデンのクローネはチェコで受け取ってもらえるかな。

ハンガリー行きの電車の一等車は、ボックス席しかなかった。
まあいいか。
どうせ寝るだけだ。

昼前にプラハに到着。

駅で荷物を預ける。
ここの係員はえらく人懐っこく、話が止まらない。
きっとこの部署はヒマなのだろう。
私が日本人だと知ると、日本円のコインをくれないか、と聞いてくる。
なんとずうずうしい。
たまたまデンマークのコインが余っている。
もう必要ないのであげると、ほかの係員も飛んできた。
この国は貧しいのだろうか。

ここでのホスト、エヴァとマニュとの約束の時間まで四時間もある。
あいにくプラハは雨だったが、ひととおり市内を散策することにした。

駅を出た瞬間にわかった。
この街は今までのとは違う。

これまでにも美しい街を見てきた。
だが、プラハは別格だ。
街全体が息を飲むほど素晴らしい。

私は芸術に造詣があるわけではない。
それなのに、鳥肌が立った。
なんでもない道を歩いているだけで幸福な気分になれる。

ただ、やはり雨はやっかいだ。
片手に傘、もう片方の手にガイドブックとカメラ。
写真を取るたびに持ち替えなくてはならない。

ガイドブックも濡れてしまった。
貴重な「地球の歩き方」を何度も水たまりの中に落としてしまった。
やはり私は学習能力が低いらしい。

地図で現在位置を確認しながら歩いていたつもりだったが、何度も迷った。
それでもかまわない。
小さな路地ですら厳かな雰囲気を持っている。
むしろ迷ったほうがガイドブックに載っていない掘り出し物に出会える。
そう感じさせるほど、この街は全体がワクワクする。

もちろん有名な見所はやはり外せない。
国立博物館、ヴァーツラフの像、ティーン教会・・・
なかでも旧市街広場は圧巻だった。

ヤン・フスの像とミクラーシュ教会の組み合わせはとても絵になる。

ちょうど正午だったので、旧市庁舎のまわりはものすごい混雑ぶりだった。
そう、天文時計を見るためだ。

今日は雨なので、傘をさしているひとが多い。
それが混雑にさらに拍車をかける。
とても正面には回り込めそうにない。

なんとかポジションを確保したものの、肝心のカラクリ時計はそんなに大したことはなかった。
やはり私には芸術を理解する心が無いらしい。

その後ユダヤ人地区をウロウロする。
ここの建物は一味違った。
なんだか空気も冷たくなった気がする。

そしていよいよカレル橋を渡る。

いやあ、すごい すごい。
これぞ観光地。
さまざまな国の、いろんな人種の人たちが一斉に記念写真を撮っている。
もっとも典型的な観光地を一つ挙げなさい、と言われれば、私は迷わずカレル橋を渡る選ぶ。
欧米人は日本人と比べてそれほど記念写真を撮らない。
その彼らがシャッターを押したくてウズウズするほどこの場所は魅力的なのだ。

しまった。
時間を使いすぎた。
急いでプラハ城へと向かう。

上り坂を歩くのはきつかったが、距離的には大したことはない。
石畳の道は中世ヨーロッパを彷彿させる。
などと思っていたら足をくじきそうになった。
危ない危ない。
自分の体だけが頼りなのだ。
ここで捻挫などしたら身動きが取れなくなる。

プラハ城からは市内を一望することができる。
景色に見惚れていると、遠くから勇ましい掛け声が聞こえてきた。
衛兵の交代式が始まったらしい。

ガラムスタンの交代式は軍楽隊の演奏も長く、ショー的な要素が多かった。
ところが、ここプラハ城のは質実剛健だ。
一切の無駄が省いてある。
兵士の持っている銃も飾りではなく、実弾が入っているのでは?と思わせる雰囲気だった。
制服も戦闘服。
「いつでもやったるぞ こらあっ!」
という空気がピリピリ伝わってくる。

各国の衛兵の交代式はそれぞれ趣が異なっていて面白い。
衛兵の交代式マニアになりそうだ。

そろそろ約束の時間だ。
プラハ本駅に戻らねば。

待ち合わせの場所は駅構内にある本屋。
中で時間を潰していると、ロンリープラネットの西ヨーロッパ版を発見した。
本当は「地球の歩き方」が欲しいのだが贅沢は言ってられない。
これで手を打つことにした。

本屋周りをウロウロしていると、金髪の美少女が話しかけてきた。
エヴァだ。
写真で見るよりもずっと美人だ。
それにとても親切で、チェコ市内の交通システムについて丁寧に教えてくれた。

彼らのアパートへは地下鉄とメトロを乗り継いで行く。
距離的には大したことはないのだが、道順を覚えるのは大変そうだ。
だが、次からは自力でこの道を歩かなければならないのだ。

アパートではマニュが待っていた。
こちらも写真で見るよりもずっと男前だ。
そして今更気づいたのだが、彼らはとても若い。
私とは二回りほど年齢が離れている。
果たして、3日間 彼らとうまくやっていけるだろうか。

エヴァはスロバキア人。
マニュはフランス出身。
彼らはフィンランドで出会った。
そして今はチェコで暮らしている。

エヴァもマニュもとても知的で、話題が豊富だ。
とくに社会問題などの真面目な話が好きらしい。
ジプシーやプラハの春などの話題になると興奮して熱くなり、上着を脱ぐほどだ。

マニュはフランス語の教師のアルバイトをしている。
彼の仕事が終わった後、地元のレストランに連れていってもらった。
カウチサーフィンで宿代が浮く分、食事は豪勢にいきたい。
私一人なら注文もままならないが、今は彼らがいる。
典型的なチェコ料理を頼んでもらった。
もちろんチェコのビールも。
このレストランは独自の蒸溜所を持っているので、オリジナルのビールが自慢だ。

クネドリーキはもっと硬いのかと思っていたが、まるで肉まんのように柔らかかった。
ザウアークラウトは辛く、ビールのつまみにはもってこいだ。
だが、チェコのビールは強く、すぐに酔っ払ってしまった。

彼らも酔いが回ってきたのか、いちゃつき始めた。
お互いの体をまさぐりあっている。
目のやり場に困ってしまった。

会計は私がもったのだが、驚くほど安い。
三人でお腹いっぱい食べて、彼らはビールとパンのおかわりまでしたのに日本円で約2500円ほど。

この瞬間、私はこの国が大好きになった。

食事の後はすぐに寝たかったのだが、昨日はベルリンのマックで寝たのでシャワーを浴びていない。
いくらなんでも二日連続はマズイだろう。
彼らのシャワーを使わせてもらうことにした。

が、途中でお湯が出なくなった。
まだ石鹸の泡が体についているのに、冷たい水しか出ないのである。
心臓が凍りそうになった。

体を拭いた後エヴァに聞くと、よくあることらしい。
やはり日本は恵まれている。
自分がいかに温室で育ってきたか、今回の旅で思い知らされた。
ヨーロッパですらこれだ。
他の発展途上国はいったいどうなっているんだろう。

私の寝床はリビングルーム。
夜は一応個室になる。
快適だ。

だが、Wi-Fiが使えない。
彼らのパソコンを借りたが、できることが制約されてしまう。

あと、洗濯機も借りることはできたのだが、洗濯物を干すスペースは屋外。
今日は雨が降っているので使えない。

カウチサーフィンは万能ではない。
各ホストの家毎にいろんな制約がある。

それでもそれを上回るメリットのほうが圧倒的に多い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。