カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥルク フィンランド












トゥルク (フィンランド)へ

トゥルク行きのフェリーは7:10に出港するので、朝の5:00に起きた。
私だけではなく、ジアドもだ。
日曜の朝だというのに、本当に申し訳ない。
彼はフェリー乗り場まで車で送って行ってくれるという。

申し訳ないので私が断っても、譲らない。
ジアドの家からはバスや電車の接続が悪く、車で行った方が圧倒的に速いらしい。

早朝なので車は少なく、あっという間に港に着いた。
本当にジアドにはどうやって感謝したらいいのかわからない。

フェリーのチェックインは機械で行ったが、eチケットは英語表記ではないのでイマイチわかりにくい。
世界中から観光客がこの船に乗るだろうに、なんなんだろうこの不親切さは。

フェリーのチケットは一番安いデッキクラスを買った。
だがeチケットには私の部屋番号は書いていない。
まさかと思ってインフォメーションセンターで聞いたら、デッキクラスには部屋は無いそうだ。
勝手に船内をウロウロしといてくださいということらしい。

なんてこった。
行きのフェリーは昼便だからまだいい。

しかし、帰りは夜行便を予約してあるのだ。
いったいどこで寝ろというのか・・・
雨風をしのげるだけマシか。

朝日が登ってきたので甲板に出た。
というより、私には他に居場所がない。

甲板には誰もいない。
ご飯をこっそり食べるチャンスだ。

昨日の夕食の残りをジアドが袋詰めにしておいてくれたものを食べる。
フェリーの乗客は金持ちそうな人が多く、私のようなバックパッカーは他には見当たらない。
みんな高そうなレストランで食事をしている。
なんだか急に自分がみじめに思えてきた。

食事を終えて、旅行の計画を練っていると、一人の男が近づいてきた。
私に握手を求めて来る。
もう片方の手にはウィスキーの瓶。
どうやら酔っ払っているらしい。

彼の名はオッセ。
フィンランド人で、BMWのセールスマンをしていたらしい。
だが、いきなり解雇された。
それで朝っぱらから飲んだくれているのか。

目は座っているが、私には危害を加える気はないらしい。
フィンランドの話も聞きたかったので、しばらく彼の話に付き合うことにした。

彼は二度 結婚している。
合計で五人の子供がいる。
私とはそんなに変わらない年齢なのにとても大所帯だ。
うれしそうに子供達の写真を見せて来る。

ふと疑問に思った。
彼の家族はこのフェリーには乗っていないのだろうか。
私なんかとしゃべっているより、かわいい娘達と一緒に居た方が楽しかろうに。

だが、そのその話題に触れると急に怒りだしそうな気がしたのでやめておいた。

今日は快晴で、太陽がとても気持ちいい。
それでも海の上の風は冷たく、レインコートを着ていないと寒い。
それにもかかわらず、オッセは半袖のシャツ一枚だ。
フィンランド人は身体の造りが違うらしい。

彼はラップランドの出身らしい。
私がトナカイの肉を食べたがっていることを知ると、ラップランドに来い、と言う。
ヘルシンキなどの都会では、本当のトナカイ料理は食べられないらしい。

ロシアの話になると、オッセの鼻息が荒くなる。
どうやらロシアが大嫌いらしい。
彼が私には聞いてくる。

「で、お前はどこの国が嫌いなんだ?
正直に言ってみろよ。
わかってるさ。
アメリカだろ。」

いや、別にきらいじゃないけど・・・

じゃあ、どこの国が嫌いなんだとしつこく聞いてくるので、北朝鮮と答えておいた。
だが彼は北朝鮮のことを知らなかった。
中国の一部か?
とか言っていた。

ウィスキーの瓶が空になったらしく、オッセが新たな酒を買うために席を立った。
「I'll be back!」
と何度も言いながら。

これ以上酔っ払いの相手をするのも面倒なので、私も席を移動することにした。

ちょうど船はオーランド島に寄港するところで、向きをグルグルと変えている。

身体が冷えてきたので船内に入った。
この船はジャグジーやカジノなどの豪華設備が自慢なのだが、どうも行く気にはなれない。
日の当たる場所で、海を眺めながら昼寝することにした。

それにしても、フェリーの中にはやたらと子供が多い。
あちこち走り回って、うるさいことこの上ない。
日曜日だからだろうか。

あまりにも天気がいいので、もう一度甲板に出てみることにした。
せっかく目の前に大海原が広がっているのにキャビンに閉じこもっているのはもったいない。

青い海を眺めながら、エマにもらったチョコレートを食べることにしよう。

寒い!
こんなに晴れてるのに寒い。
風がものすごい勢いで吹いている。
どうりで甲板には誰もいないわけだ。

鼻水をすすりながらエマにもらったチョコレートを食べる。
ウィスキー入りなのだが、つぶれてリュックの中がベトベトになっていた。

スウェーデンで買ったお菓子も食べた。
チョコレートの中にキャラメルが入っているのだが、これがとても固い。
普通のキャラメルなら口の中で溶けるのに、これは歯にくっついたままだ。
あまりの寒さに、せっかくのおやつを味わう余裕は無かった。

船内放送が流れる。
あと三十分でトゥルクに到着すると言う。

え?
なんか早くないか。
遅れることはあっても、予定より早く着くことはないと思っていたのであせった。
そう言えばスウェーデンとフィンランドの間には時差があるんだっけ。
忘れてた。

ドカッ、ドカッっと大きな音がする。
どうやら若者が殴り合いの喧嘩をしているらしい。
酔っ払いのオッセといい、フィンランド人というのは血の気が多いのだろうか。

ここトゥルクでもカウチサーフィンを利用する。
マルコとクセニアの指示通り一番のバスに乗ろうとしたら目の前でドアを閉められた。
バスのドライバーからは私が見えているはずなのに。

例のごとく、バスの中には電光掲示板は無い。
車内アナウンスもない。
この状態で、どうやって降りるバス停を確認しろというのだろうか。

隣の女性に聞いてみたが、知らないという。
マルコとクセニアに電話したがつながらない。

後ろに座っている男性に聞いたら、今度は丁寧に教えてくれた。
助かった。

待ち合わせ場所の広場に到着しても、まだ問題は残っていた。
彼らに電話することができないのだ。
メールも送れない。

今回のヨーロッパ旅行では同じことが度々起こった。
ある国ではちゃんと携帯電話が使えるのに、別の国では役に立たないのだ。

こういうこともあろうかと、予め彼らの家の周辺地図を保存しておいた。
iPadを開く。
画像が崩れていた。
モザイクのようになっていて、肝心なところが見えないのだ。

なんてこったい。
この寒い寒いフィンランドで野宿か。

と、その時、クセニアからメールが届いた。
「もうトゥルクには着いた?
あなたからの連絡を待ってるのにどうしたの?
何かトラブルでも?」

今 広場にいる、と即座に返信した。
不思議なことに、返信は問題なくできる。

「すぐに行くからそこを動かないで!」
クセニアからすぐに返事がきた。
とにかくこれで助かった。

クセニアとマルコは自転車で現れた。
とても穏やかで親切なカップルだ。

私がトナカイを食べたがっていることを知ると、わざわざホテルの受付まで行って聞いてくれた。
近くにバイキング料理のレストランがあるらしい。

彼らのおかげで念願のトナカイ料理を食べることができた。
意外にも、とても柔らかい。
もちろんフィンランドのビールも味わいましたよ。

店内はこれでもか、と言わんばかりにバイキング風の内装を施している。
クマの剥製、鹿の毛皮、バイキングの武器など。
ウエイトレスもバイキング風の衣装を着ていて、とても感じの良い人だった。

マルコはフィンランド人だが、クセニアはロシア出身。
二人とも寿司が大好きで、日本にもかなり興味があるらしい。
日本人の友達もいるとか。

食事のあと、彼らの家まで歩いた。

フィンランドでの私の目的は、トナカイ料理とムーミン村とサウナだと伝えると、いろいろと教えてくれた。
ここがカウチサーフィンのいいところだ。

彼らのマンションには共同のサウナがあるので、明日使わせてもらうことになった。
観光地にあるような豪華なサウナではないが、実際に地元のフィンランド人が使っているものだ。
私にとってはそのほうがありがたい。
せっかくカウチサーフィンをしているのだから、普通の観光とは違ったこともしてみたい。

ここでも快適な個室があてがわれた。
今のところ、ハズレのホストはなし。
ツイてる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。