カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾(ステファン)

カウチサーフィン(ニコラ、フランス)、(マルティナ、チェコ共和国)

ニコラ(フランス)とマルティナ(チェコ共和国)。
とってもおしゃれなカップルでした。

ただ、私はヨーロッパ旅行に出発するところだったので、
ろくに話もできませんでした。
こんなのカウチサーフィンじゃない!


イノシシの血を固めて作った食べ物。台湾の夜市にて。

暴風雨にもかかわらず、無理やり台湾の夜市を訪問。

ペギーから聞いて一度試してみたかった猪の血でできた食べ物(Pig Blood Cake)に挑戦!
なかなかおいしかったですよ。


カウチサーフィン(ステファン、台湾)、夜市にて。

記念すべき、私のカウチサーフィン第一弾。
ホストしてくれたのはこのステファン。
アメリカ人ですが、台湾に住んでもう何年にもなります。
中国語もかなり堪能。
頼りになる存在です。
実際、彼がいなければ、私の旅行は初日から終わっていたかもしれません。
カウチサーフィン様様です。


カウチサーフィン(ステファン、台湾)、食堂にて。

ほんとにこのステファンは親切でした。
初めての海外旅行で何も分からなかった私をどれだけ彼が支えてくれたことか。
その分、ステファンには多大な迷惑もかけてしまいました。
なんとかして恩返しをしたいものです。


台湾の食堂にて。私

この辺りは観光地ではないので、食堂に入っても英語のメニューなんてシャレた物は存在しません。
すべてステファンにお任せ。
カウチサーフィンの威力発揮です。


カウチサーフィン(ステファン、台湾・アメリカ)、食堂にて

ステファンは私のために台湾らしい料理をみつくろって注文してくれました。
日本で食べる中華料理とは少し味付けが異なり、少しクセがあります。

でも、すぐに慣れ、とてもおいしく感じられるようになりました。


台湾の夜市の屋台のお兄さんと一緒に記念撮影。

台湾の夜市の屋台のお兄さんと一緒に記念撮影。
日本では初対面の人とこんな風に写真を撮ったりすることは考えられません。

やはり、初めて海外に出て舞い上がっていたのでしょう。
台湾には親日的な人が多いというのは本当でした。
私が日本人だとわかると、みんなとても親切にしてくれました。


カウチサーフィン(ステファン、台湾・アメリカ)、祭具店にて。

台湾の伝統的な祭具を売っているお店。
これぞ台湾!というような雰囲気です。
何も買いませんでしたが、見ているだけで楽しくなってきました。

と、ここでステファンが私に台湾の占い(?)に使う器具を買ってくれました。

いや、こんなのもらっても・・・


カウチサーフィン(ステファン、台湾・アメリカ)、二軒目の食堂にて

まだまだ夜市探索は続きます。
二軒目の食堂に入りました。
台湾は物価が安く、いくら食べてもお金は減りません。
しかもおいしい。
台湾最高!

もちろん、ステファンの助けがなければこんなに気ままに注文したりはできません。
ありがとう、ステファン。そしてカウチサーフィン。


私。台湾の夜市の二軒目の食堂にて。

カウチサーフィン(ステファン、台湾・アメリカ)、彼の家のキッチンにて。猫と。

ステファンは猫を飼っています。
日本から私がお土産として持ってきた猫缶をステファンが開けると、
にゃあにゃあ言って飛び付きました。
台湾の猫も、日本のキャットフードは気にいってくれたようです。


カウチサーフィン(ステファン、台湾・アメリカ)、私と記念撮影。室内にて。

台湾の桃園国際空港の近くに住むステファン。
彼が私のカウチサーフィンのホスト第一号です。
これ以上ないというくらい、最高のホストでした。

あいにく天気は最悪の暴風雨でしたが、
私の初めての海外旅行は順調な滑り出しです。


カウチと猫

これが記念すべきカウチサーフィン第一弾の寝床。
このカウチソファー、普段は猫氏のベッドなのです。
そのため、私はこの猫氏と一緒に寝なければなりませんでした。

夜中に目が覚めると、この猫氏と目が合います。
のどをなでてやると、ゴロゴロと気持ちよさそうに鳴く猫氏。
熟睡できなかったけど、なんだか安心できました。

__________________________



11:40 ようやく搭乗ゲートまでたどり着いた。
出発する前は100パーセントだったipad2.のバッテリーが、今見ると88%にまで減っている。
しっかりケースに入れていたつもりだったのに、甘かったか。

家を出たのは7時過ぎ。
長い道のりだった。

外貨交換、チェックイン、荷物検査、出国手続き。
全てが新鮮だ。

おっ!
私の乗る飛行機が到着したようだ。

だが、搭乗できるのは12:40から。

それにしても、出国ギリギリまでカウチサーファーを家に泊めたのは間違いだった。

いや、ニコラもマルティナも素晴らしいカップルでしたよ。
ただ、やはり荷物や旅程の最終チェックは一人でじっくりと行うべきだ。

それに、バタバタしていた私には心の余裕が無く、ろくに話もできなかった。


それにしても気掛かりなのは、いまだにカウチサーフィンのホストが見つかっていない、ということだ。

台湾、ロンドンでは比較的簡単に見つかったので油断していた。
今朝、ケルンのカウチサーファーからはOKの返事をもらった。
しかも二人から。

急いで残りのホストも見つけねば。


来てみたらなんとかなるさ、と考えていたが、
私は何の準備もしていなかったんだな、ということを思い知らされた。

荷物の受け取りかた、出国手続き、何もかもが手探り状態だ。

もしもステファンがいなかったらどうなっていたことやら。

ステファンは親切にも、空港まで私を出迎えてくれた。
どうしてそこまで親切なんだ。

いったんステファンの家に荷物を置きに行く。

空港を出たら、暴風雨だった。
私の旅は、なかなか上等な滑り出しだ。

空港からバスに乗る。
26元なり。

ステファンはなかなかデカいマンションに住んでいる。
荷物を置いたらすぐに出かけなければならない。
彼は夕方から仕事があるのだ。

レインコートを着て、スクーターに二人乗りして台湾の街を駆け抜ける。
車は右側通行。
ステファンはかなりスピードを出している。
怖い。

5時半にステファンの職場に到着。
遅刻だ。
ゴメン、ステファン。
私のせいで迷惑をかけてしまった。

彼の仕事は9時に終わる。
それまでは一人でナンカンの町をブラブラして時間をつぶさねばならない。

といっても、このあたりは観光地ではないので、見るべきものはあまり無い。

台湾といっても、市街地は日本とそれほど変わらない。
看板の文字が全て漢字だということと、
道ゆく人がみんな中国語を話している、ということくらいか。

現在は6時。
中途半端な時間だ。
台北には行けそうにない。
ペギーに会いたかったな。

あと三時間、何して過ごそうか。

道に迷うのが怖かったので、大通りをひたすら真っ直ぐに歩いた。
日本の街並みと変わらないようでいて、どこか微妙に異なっている。
そこがまた面白かった。

途中で何軒かの店に入る。
だが、結局何も買わなかった。
この後ステファンと夜市に行く予定だったので、お腹を空かせときたかったからだ。

往復三時間ほど歩いたら、さすがに疲れた。
初日からあんまり飛ばすと後がきつい。
あと三十分ほどでステファンの仕事が終わる。
それまで休憩することにしよう。


9時すぎにステファンが仕事を終えて出てきた。
だが、あいにくの雨。
どうしても台湾の夜市を体験してみたかった私の希望を汲んで、
ステファンが夜市へ連れて行ってくれた。

狭い道路をはさんで屋台が並んでいる。
しかし、雨のため、人影はまばらだ。
いつもは身動きが取れないくらい混雑しているらしい。

ステファンがいろいろと珍しい食べ物を紹介してくれた。
ペギーから聞いて、一度試してみたかった猪の血でできたケーキとやらを試してみた。

味は普通。
もっとエグイのを想像していたので拍子抜けだ。

その後も何軒かの店をハシゴする。

臭豆腐とやらも試してみたかったのだが、あいにくと店が閉まっていた。
残念。

雨の中をスクーターに二人乗りして帰る。
シャワーを借りたのだが、使い勝手が違い、少しとまどった。
これかいろんなホストの家を泊まり歩くので、その都度環境に順応していかねばならない。

夜中に目が覚めると、枕もとにステファンの猫がいた。
どうやら私が寝ている場所は、いつもは彼のベッドらしい。

この猫氏、夜行性のようで、一晩中私の枕元をウロウロしていた。
たまに目が会う。
撫でてやるとのどをゴロゴロ鳴らす。
たまにはこういう夜もいいか。

翌朝は5時半に起きた。
ステファンはバス停まで来てくれるらしい。
いったいどこまで親切なんだこの人は。

しかも、お土産までくれた。
普通逆だろう。

雨の降る中バスを待つ。
なかなか来ない。
飛行機の時間がある私は焦り始めた。
もしも乗り遅れたら、そこで私の旅はおしまいだ。

タクシーを使うべきか?
そう思い始めたときに、やっとバスが来た。
だが、行き先は空港ではない。
知らない地名だ。
ステファンにもこのバスがどこにいくのかわからないらしい。
彼がバスの運転手に聞いてくれた。
だが、運転手は英語がわからないようだ。
ステファンは中国語がかなり話せる。
台湾に来てもう三年半になるのだ。
しかし、彼の中国語は完璧ではない。
ステファン曰く、

「多分このバスだと思う」


多分って・・・

不安な気持ちを抱えながらもバスに飛び乗った。
いったいこのバスはどこに向かうのか。
京都のバスならば、行き先や次の停留所が電光掲示板に表示される。
だが、このバスにはそれが無い。
アナウンスも無い。
乗っているのは地元の人ばかり。

バスの運転手に空港に行きたい旨を伝えたのだが、果して通じているのか?

しばらくして、頭の良さそうな女性が私の隣に座った。
彼女に英語で訪ねてみると、親切に教えてくれた。
どうやらこのバスは空港に行くらしい。
助かった。

私は約束する。
もしも無事、京都に帰ることができたなら、絶対に外国人に親切にしよう。


今回は飛行機の座席は通路側を選んだ。
どうせ翼の近くの席からは外の景色なんて見えないのだ。

今回も
機内食が出た。
安い航空券だから、てっきりLCCかと思っていたが、どうやら違うようだ。
食後のデザートやコーヒーまでいただいた。


機内で入国カードが配られた。
見ると、タイへの入国書類のようだ。

え? タイ?

ロンドン直行じゃないのか?

なんだか不安になってきたぞ。


どうやらタイのバンコクに到着したらしい。
機内アナウンスによると、全員降りろと言っている。
ロンドン直行便じゃなかったようだ。
乗り換えか。
めんどくさいなあ。

しかも一時間くらいしか時間がないから、チラッとバンコクの様子を覗くこともできそうにない。

バンコク空港を歩いていると、FREE WIFIの文字が。
だが、不慣れな空の旅だ。
インターネットにつなぐことよりも、自分の飛行機を探すことが先決だ。

荷物は大丈夫だろうか?
空港の係員に聞いてみたら、
「ダイジョウブ」という日本語の返事が帰ってきた。
ほんまかいな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ロンドンから?

投稿時間から判断すると10/5 01:14だからロンドンからですね?
お疲れ様!
カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。