カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週もシンガポール人とカウチサーフィン

先週に引き続き、今回のカウチサーフィンもシンガポールからのゲストです。

彼女の名はエイミー。

エイミーとは実際に会う前からLINEでやりとりしていました。

こんなふうに、事前に積極的にコンタクトをとってくるカウチサーファーとのカウチサーフィンは、とても有意義なものになる可能性が高いです。

なので、今回のエイミーにもかなり期待していました。


そして予想通り、エイミーはかなり積極的な女の子でした。

初対面だというのに構えたところがなく、ずーっと笑顔です。

南国に暮らす女の子らしく、太陽のようなまぶしい笑顔です。


私の家に到着するなり、彼女の発した第一声は、

「マサト、今日は私と一緒に来てくれるんでしょ?」

今日は平日の昼間。

学生でもない私の都合などおかまいなしです。

見事なまでのずうずうしさ。

だから東南アジアの女の子って好きです。





「京都らしい所へ連れて行って」

というエイミーのリクエストに応えて、まずは東寺へ。

五重の塔に驚嘆の声をあげる彼女。



DSCN0130.jpg

こんなにノリノリの子と一緒だと、こちらもつられてテンションが上がってきます。


DSCN0139.jpg

伏見稲荷の参道にあるおかき屋さんにて。


DSCN0174.jpg

伏見稲荷大社の千本鳥居にて。


DSCN0150.jpg

ごきげんまくりのエイミー。


DSCN0187.jpg

この子は写真を撮る時だけでなく、ずっとこんな感じで笑顔を振りまいていました。

シンガポール人って、どうしてこんなにも明るいんだろう。

同じアジア人でも、まったく異なる人種のように思えてきます。


DSCN0194.jpg

DSCN0212.jpg

夕食は京都駅ビルにある京都拉麺小路で。

エイミーとは今日初めて会ったばかりだというのに、とても仲良くなれたような気がします。


「わたし、さくらんぼの茎を舌で結べるのよ」とエイミー。

「私はキスがうまいのよ」と言いたいのだろうが、そんな話を俺にしてどうする。



ラーメンをすすりながら、

「どうして日本にはこんなにもたくさんのラブホテルがあるのか」という話題になったのですが、

彼女の口ぶりから、シンガポール人は性に関しては、現代日本人よりも少し保守的な印象を受けました。


「日本は住宅事情が悪いから、ラブホテルのような場所が必要なんだよ」

あれ? 住宅事情ならシンガポールの方がひどいんじゃないかな。

国民のほとんどは高層住宅に住んでいるし、成人してからも親と同居している若者も日本より多そうなイメージがある。

「じゃあシンガポールの若者はどこでエッチをしているんだ?」

「結婚するまではしてはいけないということになってるわ」

「じゃあシンガポールのカップルはみんな、結婚するまでがまんしているのかい?」

「そんなことはないけど・・・」


さすがにこういう質問には答えにくそうにするエイミー。


「じゃあシンガポールこそもっとラブホが必要なんじゃないか。若者の多くは親と同居してるんだし。」

「家の人が出払ってる時を見計らってこっそりするのよ。そんなこと私に言わせないでよ」

と言ってしまった後でエイミーは、

「って、友達が言ってた」と付け加えた。


そんな落ち着きのない情事、俺はいやだなあ。




スポンサーサイト

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

おっぱいは好き?

※今回の記事には、不適切な画像が含まれています。


カウチサーフィンをしていると、メールアドレスやフェイスブックのアドレスを交換する機会が格段に増える。

これまで数百人もホストしてきたから、正直言って、印象の薄かったゲストのことは忘れてしまうこともある。

おまけにカウチサーファーの中には、いくつものニックネームを持っている人もいる。

そういう人はカウチサーフィンとフェイスブック、LINE、のそれぞれで名前が違っていたりすることだって珍しくない。

そうなるともう誰が誰だかわからなくなるので、友達申請が来ても何も考えずに承諾してしまうことだってある。

でも、これからは少し慎重になった方がいいかもしれない。




LINEでメッセージが届いていた。どえらい美人からだ。

名前はイヴァーナ。

はて、誰だっけ?

こんな美人の顔、忘れるはずがないんだけどな。


「ハイ、マサト! 私たちって以前、話したことあったっけ?」

どうやら知らない人だったようだ。


「いや、たぶんないと思う」

「私の名前はジャネッサ。フロリダに住んでるの。ちょっと聞いてもいいかしら?」

「いいよ。なに?」

「あなたはどんな感じの女の子が好き?

 大きなおっぱい? それともまあるいお尻?」

なんだ? 初対面なのに、なんでいきなりそんな話をするんだ?



「どっちも大好きだよ」

「よかった。気が合いそうね。よかったらお互いの顔を見ながらじっくりと話さない?

 私が使ってるビデオ・チャット用のサイトがあるから、今から送るリンクをクリックしてみてよ」


よく話が呑み込めないまま、言われたとおりリンクをクリックしてみた。

すると、








いきなり現れた画面上では、とびっきり美人のお姉さんが豊満なおっぱいを自分の手でもみしだいていた。

なんなんだ、これは! いきなり刺激が強過ぎるわっ!


金髪のお姉さんはにっこりほほ笑みながら、たわわなおっぱいをぶるんぶるんと揺らしている。

我を忘れて見入ってしまった。


数分後、我に返る。


「これって、やっぱりお金払わなくちゃならないんだろ?」

「LOL 何言ってるの? おバカさんね、ちゃんと画面の案内を読んでよ。

料金は一切かからないって書いてあるでしょ。

プレミアム・メンバーからの紹介があれば、まったくチャージされない仕組みになってるのよ。

そして私はそのプレミアム・メンバーなの。

このサイトのことは私、すみからすみまでなんでも知ってるんだから、あなた、安心していいわよ。

私、ウェブ・カメラの前でハダカになるの、大好きなのよ。笑っちゃうでしょ」


「俺、こういうの使ったことないから、なんだか怖いよ」

そう言って回線を中断しようとしても、彼女はなかなか放してはくれない。

私はこの手のサービスのことはよく知らないが、どう考えてもうさんくさい。

さっさと画面を閉じてしまえばいいのだが、目の前で魅力的なおっぱいが揺れているのを見ていると、どうしてもその場から離れることができない。


世の中にはいろんな性癖を持った女性がいると聞く。

この女の子はもしかしたら噂に聞く「痴女」というやつなのかもしれない。



そこへとどめの一撃が・・・


「ねえ、なにを迷ってるの?

実は私、いま何も着ていないのよ。

下の方も見てみたくない?」


その言葉に私の理性は吹き飛び、画面をクリックしてしまった。

そこにはメンバー登録画面が。


「クレジットカード情報を入力する項目があるけど気にしないで。

 あなたが未成年じゃないってことを確認するだけだから。

 わたしだって子どもの前で股をひろげたりしたくないのよ。lol」



「クレジットカード情報」

この言葉で我に返った。

名残惜しいが、今度こそ画面を閉じた。



こういう手口で金を巻き上げるサービスがあるとは聞いていたが、あんな魅力的な映像を見せられたら正常な思考力を失ってしまう。

あぶないところだった。



それにしても、惜しい。

もうちょっと見たかったな。


テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

嵐山、水没

けたたましい電話のベルで強制的に目を覚まされた。

誰だ、平日の朝から?


「ちょっとマサト!ニュース見たわよ!大丈夫?」

受話器の向こうでは母が息を荒げている。

だが、私には自体がうまく飲み込めない。


「テレビを見てないの?嵐山は大変なことになってるのよっ!」

母親にそう言われてテレビをつけると、そこには茶色い水に覆われた街が写っていた。

ずっぽりと水に浸かった道路の映像は、どこか東南アジアあたりの様子に見えなくもない。


だが、ブラウン管に映し出されているのは、まぎれもなく京都・嵐山だ。

濁流に今にも押し流されそうになっている橋は、どう見ても渡月橋にしか見えない。


渡月橋から私の家までは歩いて5分ほど。

ということは・・・・


急に怖くなって窓を開けた。

おそるおそる外を見たのだが、水が襲ってきそうな気配はない。

どうやらこのエリアは冠水を免れたようだ。

被害を受けたのは川沿いの地区だけらしい。


ほっとすると同時に、ヘリコプターの爆音が耳に飛び込んできた。

3機くらいはいるだろうか。

低空をホバリングしているからか、おそろしくうるさい。


テレビに流れるショッキングな映像と、鼓膜をつんざく爆音に刺激されて、思わず家を飛び出してしまった。

カメラを片手に。






渡月橋までの最短距離であるはずのサイクリングロードは、途中で水没していた。




このサイクリングロードは、普段は人気がない。

それが今はこんなにも人であふれている。




嵐山公園へと向かう橋は警察官によって封鎖されていた。

「せっかくここまでやって来たというのに、渡月橋を拝むことができないというのか」




はやる気持ちを抑えて、道路を迂回する。

靴がびしょびしょになってしまったが、そんなことは言ってられない。




ようやく渡月橋が見えてきた。

なんとか歩いて渡れるんじゃないか?




水かさが増しすぎて、渡月橋の橋げたが見えなくなっている。






水浸しのバス亭。

もちろんバスは走っていない。




遊覧ボートが橋にぶつかって大変なことになっている。






高級旅館も浸水している。




渡月橋を歩いて渡ってみた。

対岸の遊歩道も水に浸かってしまって見えない。




向こう岸にはバリケードが築かれていて、橋の上には入ってこれないようになっている。


最近の警察官は言葉づかいが丁寧になってきている。

「危ないですから下がってください。渡月橋は通行禁止です」


だが、興奮した野次馬たちは誰も警察官の指示になんて素直に従おうとはしない。

制止ロープをまたいで侵入しようとする。


「こらっ! 入るなって言うとるやろうがっ!! 聞こえんのか、ボケっ!!!」

警官がキレた。


カメラ片手に渡月橋の上をウロウロしていたら、そのうち銃で撃たれるかもしれない。

急いで元来た道を戻ることにした。





しかし、この日は昼前には快晴となった。

翌日には重機が入り、復旧作業が始まる。

どうやら夜を徹しての工事となるみたいだ。

観光シーズンを目前に控え、一刻も早く以前の姿を取り戻そうとしているのだろう。









嵐山公園の砂利はすべて新しいものと入れ替えられ、以前よりもきれいになった。

渡月橋の上を大勢の観光客が歩き、みやげ物屋も営業している。

洪水の面影は消えてなくなってしまったかのようだ。


だが、よく見ると何軒かの店はシャッターが下ろされたままだ。

浸水の痛手から立ち直ることができなかったのだろうか。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Bye bye my lover see you again

もう15年くらい前のことだ。

別れた元彼女と、電車の中で偶然再会したことがある。

その時私は居眠りをしていたのだが、視線を感じてふと顔を上げると、彼女と目があった。

3年以上つきあっていたから、もちろんすぐに彼女だとわかったのだが、私は気付かないフリをして、また居眠りを始めた。

もちろん眠れはしなかったが。



それから1年くらいして、また彼女と道でバッタリ会った。

彼女のお腹はかなり大きくふくらんでいた。

私はどうしたらいいのかわからなくて、くるりと彼女に背を向けて、小走りで逃げ出してしまった。



別れた後も彼女のことが頭から離れず、会いたくて会いたくてしかたがなかったというのに。

どうして一言もしゃべらなかったのだろう。




あれから時は流れ、私は一人のシンガポール人の女の子と京都で出会った。

その後、彼女に会うために、3度もシンガポールを訪れた。

そして今度は彼女が再び京都にやってきた。



メイサンとは、今後の人生のどこかで再び会うことになるような気がする。

その時は彼女の瞳をしっかりと見つめて、笑いながら話そうと思う。





今夜はメイサン父娘にとって、日本最後の夜なので、少し奮発してしゃぶしゃぶとすき焼きを食べに行くことになりました。

このお店は食べ放題なのですが、かなりリーズナブルな値段なので、私も何回か来たことがあります。


ところが、

「せっかく食べるのなら神戸牛がいい!」

などと彼女たちが言い出したので、結局、最高級和牛コースなるものを注文するはめになってしまいました。

私がいつも食べている一番安いコースの数倍もの値段がするんですよ!


「なに言ってるのよ、マサト。シンガポールにある日本料理の店はこんなもんじゃないわよ。この値段なら安いものよ」

どうやら彼女たちと私とは住んでいる世界が違うようだ。




さすが「最高級和牛コース」だけあって、なかなかおいしかったです。

普段、味の違いなどわからない私ですが、さすがにこれはいつもの安物とは違います。

メイサンも大満足してくれたようです。





翌日、とうとうメイサン達はシンガポールへと向けて出発することになりました。

ここで、昨日、忍者村で買ったキーホルダーを彼女に渡すことにします。

「どっちがいい?」

そう聞くと、メイサンは私の目を「じーっ」とのぞきこんできました。

うっ、なんだよ。中学生みたいなことをしてる俺のことをバカにしてるのか?

なんだかちょっと恥ずかしくなってきたぞ。


「ありがと。じゃあこの小さい方をもらうね」

メイサンはにっこりと笑って、金色の方を手に取ります。

が、その瞬間、足の指に激痛が走りました。

ぎゅううううううう。





いてててて。なにすんだよ、メイサン!

見ると、テーブルの下で彼女が私の足の指をおもいっきりつねっています。

これが君なりの感謝の気持ちなのか。

急に私が大声をあげたものだから、お父さんが怪訝そうな顔で見ていました。






そうこうしているうちに、タクシーが到着した。

いよいよお別れだ。

気を利かしてくれたのか、お父さんは一足先に車へ乗り込んでしまった。

見つめ合うメイサンと私。

どうしよう。お父さんがすぐ近くにいて気が引けるけど、ここはやはり彼女のことを抱きしめたいな。

と私が逡巡しているうちに、

がばっ!

とメイサンに抱きしめられてしまいました。


でも、それもほんの一瞬の出来事。

彼女はすぐにきびすを返して、タクシーへと乗り込んでしまいます。

席についても、窓越しに私のことを見つめるメイサン。

無情にも、タクシーの窓は閉まったままです。

たった一枚のガラスで隔てられているだけなのに、彼女のことがとても遠い存在のように感じられます。


車が発進するときに、私は自分の気持ちを正直に彼女に伝えました。

声には出さずに、口だけパクパクさせて。

目を大きく見開くメイサン。

早朝の静けさに包まれた京都の街を、タクシーはゆっくりと遠ざかっていきました。


数時間後、空港でようやくWiFiがつながったらしく、メイサンからメールが届きました。

「ちょっと、マサト。最後にあなた、なんて言ったの?」

なにも言ってないよ。あくびしただけさ。



______________________________________



メイサンがシンガポールへ帰ってしまってから数ヵ月後、彼女からメールが届いた。

一枚の写真が添えられている。

そこにはメイサンと、白人の男性が仲良く頭を寄せ合っている。

彼氏らしい。


メイサンはうれしそうな、それでいて恥ずかしそうな表情を浮かべている。

俺には見せたことのない、可憐な少女のような笑顔。

なんてかわいいんだ。


思わず永久保存にしたくなるような美しい写真だ。

隣りに写っているのが俺以外の男でなければ。

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。