カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴船・川床・流しそうめん

メイサン(シンガポール)とカウチサーフィン(CouchSurfing)



今日は叡山電車に乗ってお出かけです。

この車両には「パノラマ・シート」という特別な座席が配置されていて、車窓からの景色を楽しめるようになっています。

せっかく叡山電車に乗ってはるばる出かけていくのですから、やはりパノラマ・シートに座ってみたいものです。

出町柳駅は始発駅なので、席を確保できる確率はかなり高いはず。

そう思って、電車が到着するのを今か今かと待ち構えていました。



しかし、電車が到着してドアが開くやいなや、おばちゃんたちが猛ダッシュ!

あっという間にすべての座席が埋まってしまいました。

やはりみんな狙っていたんですね。


しかし、かなりご高齢のはずのおばちゃんたちが、まさかあれほどまでに俊敏な動きを見せるとは予想外だった。

パワー余りまくってるんじゃん。


これからは電車でお年寄りを見かけても、席を譲るのはよそうと思う。





目的地の貴船に到着。

「今日は天気もいいことだし、バスは使わずにここからハイキングだ!」

と私が宣言すると、メイサンはなにを思ったか、道から外れて山を登ろうとします。


余計なことはせずに、体力は温存しといたほうがいいと思うぞ、メイサン。

一日はまだ始まったばっかりなんだし。




貴船と言えば、やはり川床。

しかし、値段がかなり張るので、私には分不相応。

ま、ブルジョア階級のメイサン一家にとってはどうだか知りませんけどね。




せっかくシンガポールからメイサン父娘がやって来ているのだから、ケチケチせずに川床料理を楽しむべきなのかもしれませんが、今日はまた別の目的があるのです。




本日のお目当てはここ。

「ひろ文」という貴船を代表する料理旅館です。




(流しそうめんを食べる人たち)

料理旅館と言っても、この「ひろ文」は他とは違います。

1200円というリーズナブルな値段で、流しそうめんをいただくことができるのです。

流しそうめんをやっている場所はそんなにはありません。

しかも貴船の川床まで同時に楽しめてしまうのです。




もちろんここは人気スポットですから、場合によってはかなりの待ち時間があります。

が、駅から歩いてやってきた我々には休息が必要だったので、ちょうどいいです。

川のせせらぎを聞きながらのんびりするのも悪くない。




メイサンのはいている靴下は、PSYのカンナム・スタイル。

もう少しせくしーで色気のある格好はできないものか・・・




ごろんと横になるメイサン。

おっ! 少し色気がでてきた。


「マサトも横になったら? 気持ちいいわよ。 一緒に寝ましょうよ」

お父さんが隣にいるというのに、なんてことを言うんだろうね、この娘は。

なんとか言ってやってくださいよ、お父さん。


でもまあ、メイサンがそう言うのなら仕方がないか。

お言葉に甘えて、彼女の横に並んで寝ることにしました。

なんだかドキドキするねえ。

こういう待ち時間なら悪くはないかもね。



寝転がってふたりで乳繰り合っていると、いつの間にか隣にいたはずのお父さんがどこかへ消えてしまいました。

気をきかせてくれたのかな。

それとも、お父さんをいたたまれない気持ちにさせてしまうような雰囲気を醸し出していたのだろうか、我々は。





至福の時間もそう長くは続きません。

私たちの順番がやってきました。


休日の昼時には2時間以上も待たされることがあるといううわさのこの場所。

1時間以上の待ち時間を覚悟していたのですが、意外と速かったです。


目の前を流れる豪快な滝を眺めながら味わう流しそうめん。

猛暑なんてどこかへ吹っ飛んでしまいます。


ただ、水流の音がうるさすぎて、大声で話さないととなりの人との会話もままなりません。





シンガポールにはたくさんの日本食レストランが進出しており、メイサン父娘も日本食にはなじみが深いそうです。

しかし、そんな彼女たちも、流しそうめんを体験するのはこれが初めてだとか。

かなり楽しんでもらえたようです。


喜びの感情を表現するメイサン。

なんだかサルみたいな顔だぞ。


かわいいんだかどうなんだか、よくわからなくなってきた。

不思議な子だな、君は。





流しそうめんを食べ終えて、3人で記念撮影。

腹ごしらえもすんだことだし、次は貴船神社へと向かいます。

スポンサーサイト

テーマ : 日本の旅
ジャンル : 旅行

時は流れる。愛は流れる。

メイサン(シンガポール)とカウチサーフィン。


前回メイサンが日本に来た時、彼女は舞妓さんの衣装をレンタルしました。

しかし、着物や浴衣はまだ未経験だったため、今回は着物を着ることに決定。

もちろん私も。

メイサンと一緒に着物を着て、京都の街を歩けるチャンスをみすみす逃してなるものか。




着物のレンタル・ショップでは、二人の女の子と知り合いました。

彼女たちはそれぞれ上海と香港からやって来たのだとか。

日本の着物というのは、ほんとに外国人に人気があるようで、レンタル・ショップの中では中国語が飛び交っています。

日本人の客よりも多いのではないでしょうか。






注目してもらいたいのは、メイサンの「うなじ」!

ではなく、その背後にいる彼女のお父さんです。

上海から来た女の子とメールアドレスの交換をしているのがわかるでしょうか?


彼らは同じ中国語を話すので、何を話しているのか私にはわかりませんが、

メイサンのお父さんと彼女たちとはものすごーく年齢が離れています。

それこそ親と子ほどに!


自分の娘よりも若い女の子を口説くとは、やはりメイサンのお父さんはただものではなかった。





そんなモノを指さして、うれしそうに笑ってんじゃねえよ、メイサン。




いつもは大股でガシガシ歩くメイサンですが、さすがに着物を着ているときはしずしずと歩きます。

その後ろ姿に、思わず見とれてしまいました。




清水寺にはもう何百回も来ていますが、こんなにすがすがしい気持ちでここを訪れたことは今までに一度もありません。

メイサンと一緒だと、なにもかもが輝いて見えます。






清水の舞台。

この中にメイサンがいるのが見えるでしょうか?




一人でたたずんでいるメイサンに、他の観光客が話しかけています。

一緒に写真を撮ってくれ、と頼まれたらしい。




メイサンのお父さんは脚を痛めているらしく、早く歩くことができない。

ふと気づくと、お父さんの姿が見えなくなっていた。

どうやら我々は早く歩き過ぎたらしい。

しばらくここで待っていることにしよう。




風で乱れた髪が色っぽい・・・

一年ぶりにメイサンと会えたというのに、なかなか二人きりになれるチャンスがない。

でも、今ならお父さんはいない。

だから、だから・・・






八坂の塔




あっという間に一日が終わってしまった。

楽しい時間というのは、どうしてこんなにも早く過ぎ去ってしまうのだろう。

もしも一日だけ、永遠に続く日を選べるとしたら、私は間違いなく今日を選ぶ。


だが、もちろん永遠に続く日なんて存在しない。

時間は容赦なく流れ去っていく。

それこそ残酷なくらいに。


テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

おとうさんといっしょ

先週にひき続き、今週のゲストもシンガポールから。

だが、ただのゲストではない。

今回私の家を訪れるのは、あのメイサンなのだ。


最後に彼女とシンガポールで会ったのは1年ほど前。

いろいろと紆余曲折があり、我々が顔を合わすことはもう二度とないであろうと思っていた。


しかし、なんの気まぐれか、彼女はまたもや京都にやって来ることに決めたらしい。

去年彼女が京都を訪れた時に、ほとんどの観光名所は行き尽くしてしまったはずだ。

それなのに、なぜまた?


メイサンには、30歳になるまでに世界中の国を訪問するという野望がある。

一度訪れた国に再びやって来るようなヒマなどないはずだ。

ただの観光とは考えにくい。

これまでに私と彼女との間に起こった出来事を素直に考えると、彼女が私の家にやって来るというのはとても不自然なことのように思われる。


メイサン、いったい君は何を考えているんだ?

俺にはさっぱりわからないよ。


・・・・・・


京都駅から嵐山に向かうバスの中から、メイサンは電話をかけてきた。

「もうすぐ着くから」

まぎれもない。なつかしいメイサンの声だ。

と、それと同時に、彼女の背後から聞き覚えのある声も聞こえてきた。

どうやら彼女はお父さんも一緒に連れてきたらしい。


そうか、そういうことなのか。

だとすると、私の期待していた展開は望めそうにないな。


・・・・・・


メイサンのお父さんは京都に来るのはこれが初めて。

そこで、やはり定番の観光スポット、金閣寺へと行くことになった。



(メイサン(右)と彼女のお父さん(左)

彼が首からぶら下げているのは双眼鏡ではない。

なんと、3Dで録画できてしまうというビデオカメラなのだ。

けっこう値が張る代物だと思うのだが、

「面白そうだから」という理由だけで彼はポンと買ってしまったらしい。

金持ちのすることはよくわからん。


せっかく買ったばかりの3Dカメラ。

さっそく使ってみたいという気持ちはよくわかるが、ビデオカメラを構えるお父さんの姿はものすごーく怪しい。

まるで一昔前のスパイのように挙動不審に見えてしまうのだ。


こんな人のことを将来、「お義父さん」と呼ばなければならないのだろうか・・・



(シンガポールからやってきた怪しいスパイ。金閣寺にて)

父親が父親なら、娘も娘だ。

メイサンは金閣寺などそっちのけで、地面を指さしてなにやら騒いでいる。

「なにをそんなにはしゃいでるんだい、メイサン?」

「ちょっとこれ見てよ、マサト。日本にはこんなものがいるの?」

「え? なになに?」

「人の顔を持つクモよ。人面蜘蛛よ、人面蜘蛛!」




おお、本当だ。

笑っている人の顔みたいに見える。

たしかに珍しいけどさ、せっかく金閣寺に来てるんだから、もっと観光しようよ。



(金閣寺)



天気は快晴。絶好の観光日和。これは楽しい数日間になりそうだ。


それにしてもメイサン、君はなぜお義父さんを連れてきたりしたんだ?

まさか俺に襲われるとでも思ったか。

知り合ってもう一年にもなろうというのに、信用ないんだな、俺。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

ギブ・アンド・テイクという言葉を知ってるかい?

ジュンミンはシンガポール人の男性。

実は、一度彼のカウチリクエストは断った。

その時はすでに他のカウチサーファーが来ることが決まっていたからだ。


しかし、それから1か月ほど経ってから、再び彼からカウチリクエストをもらった。

日本の後、他の国を旅していたようだが、シンガポールに帰る前に再び日本にやって来たようだ。


今度は私の日程も空いていたし、なにより彼はなかなか評判のよさそうなカウチサーファーだ。

ポジティブのレファレンスの数は50を超えているし、ヴァウチだって8個もある。

彼のリクエストを承諾した。


ジュンミンは2年ほどバックパッカーとして旅をしていたらしい。

ヒッチハイクでユーラシア大陸を横断するという、なかなか刺激的な旅だ。

彼はおみやげに、モンゴルのテントをあしらったキーホルダーをくれた。





人とは違う、チャレンジングな旅をしてきた彼の話を聞くのは楽しかった。

特に私の興味を惹いたのは、中央アジアの話だ。


「イスラム圏でもカウチサーフィンを使ったのかい?」と私がたずねると、

「ああ、何回か使ったよ。でも、カウチサーフィンを使う必要はそれほどなかったんだ。

ムスリムの人の文化の中には、「旅人には親切にせよ」というのがあるんだ。

だから俺みたいに貧乏そうなバックパッカーを見ると、彼らは「うちに泊まりなよ」と言ってくれるんだ。

見ず知らずの俺を家に招き入れてくれただけでなく、食事までごちそうしてくれたんだぜ」


「それはすごいな! イスラム文化には前から興味があったんだ。じゃあ今度、俺も試してみようかな」

と私が言うと、ジュンミンはちょっと気まずそうな顔をした。


「いや、実はあまりいいことばかりでもないんだよ。

あまりにみんなが親切にしてくれたもんだから、俺も調子にのっちまってさ。

警戒するのを怠っていたら痛い目に遭っちゃったんだよ。

いつものようにムスリムの人に親切にしてもらって、食べ物や飲み物をたくさんいただいたんだ。

で、いざ出発しようとしたらお金を請求された。しかもかなりの金額だ。

だからそういうことも覚悟しといた方がいい」


うーむ。やはりそんなこともあるのか。

みんながみんな、親切な人ばかりとは限らないのだな。


また、レストランのメニューの話も参考になった。

「中央アジアの国で食堂に入る時は気をつけた方がいいぞ。

最初にメニューを見た時はなんでもない料金だったのに、いざ、支払いの段階になったら、その数倍もの料金をふっかけられたんだ。

話が違うじゃないか!メニューに載っていた金額と違うぞ! と抗議したんだけどムダだった。

見ると、メニューの金額が変わってるんだ。

連中、いつの間にかメニューをすり替えやがったんだよ。

だからそれから俺は用心のために、毎回、メニューの写真を撮るようにしたんだ」


「それはヒドいな。いったいそれは中央アジアのどこの国の話なんだい?」


「中央アジアの国、すべてだよ! どこの国でも同じことをやられた」


「ははは。イスラムの人は旅人には優しいんじゃなかったのかい?

でも、そんなあくどい商売をしている食堂なんてそんなにあるわけじゃないんだろ」


「あまいな。ほとんどの食堂が同じ手口で外国人から金を巻き上げようとするんだ。

だからそれらの国を訪れる予定があるのなら、気をつけた方がいいぜ」


なかなか面白そうな話だな。

だまされるのも旅のだいご味の一つ。

俺はそういう旅がしたいんだよ。



(右がジュンミン)

ジュンミンが、

「今日は俺がなにかメシを作るよ。何が食べたい?」と聞いてきた。

さすが、Vouch が8個もある人間は違うな。

カウチサーフィンのなんたるかをよくわかっていらっしゃる。


「なんでもいいよ。俺はとくに嫌いなものなんてないから」

と私が答えると、

「そう言われても困るんだよな。何があるのかもわからないし」

と言いながら彼は私の冷蔵庫の中をゴソゴソとあさっている。


???

なにをしているんだ、ジュンミンは?


私の冷蔵庫の中からいくつか食材を引っ張り出してきた彼は、

「マサト、これとこれ、どっちが食べたい?」と聞いてきた。

おいおい。それ、俺の食べ物じゃないかよ。


「今日は俺がなにか作るよ」とジュンミンが言った時、

私はてっきり彼がスーパーで何か買ってきてくれるものだとばかり思っていた。

今まで私の家に泊まったカウチサーファーたちはみんなそうしてくれたからだ。


だが、ジュンミンにはそんなつもりはまったくないらしい。

あくまでも私の食材を利用するつもりだ。


「マサト、これはどうやって料理したらいいんだい?」

私の冷蔵庫に入っているのはインスタント食品ばかりだが、作り方の説明は日本語で書いてあるので彼には理解できない。

炊飯器の使い方もわからないので、結局全部私がやった。

ジュンミンは私の周りをウロウロしているだけだ。


食事の後も、

「皿洗いは俺がやるよ」とジュンミンは言うのだが、口先ばかりで、なかなか重い腰をあげようとはしない。

仕方がないので私が食器を持って台所に行くと、

「俺がやるよ、俺がやるよ」とジュンミン。

そんなに皿洗いがしたいのなら、なぜさっさとやらないんだ?

私が食器を洗っている間も、彼は私の周りをウロウロしているだけだった。



ジュンミンには50を超えるポジティブ・レファレンスがある。

ヴァウチだって8個もある。

これまでに彼をホストした人々はみな、口をそろえて、

「彼はとてもいいゲストだった」とジュンミンのことを誉めそやしている。


確かに彼は人当たりも良く、なかなかの好青年だ。

だからこそ行く先々で歓待を受けてきたのだろう。


だが、そういうことを2年間も繰り返しているうちに、彼の中にあった、大事ななにかが失われてしまったのではないだろうか。

「俺は貧乏旅行中なんだから、親切にしてもらって当然!」などと考えてはいないだろうか。


もちろん、彼の気持ちもわからなくはない。

2年間も旅行していれば、資金だって乏しくなってくる。

たまには人の好意に甘えたくもなるだろう。


でも、シンガポールに帰ったら、今度は君が人に親切にする番だということはわかってるのかな?

だが、彼の言葉を聞いてあぜんとした。


「いや、俺は家族と暮らしているから、ホストはできない。シンガポールの家はせまいから無理だ」


私だってシンガポールの住宅事情はわかっている。

でも、カウチサーフィンのホストをしているシンガポール人なんていくらでもいるぞ。


あと、家族と同居していることは、ホストできないことの言い訳にはならないよ。

親と同居しててもカウチサーフィンのホストをしている人は大勢いるんだし。

それに、君が2年間もいろんな国の、いろんな家庭でお世話になってきたことは、君の家族だって知ってるんだろう?



ジュンミンには50を超えるポジティブ・レファランスがあり、8個ものヴァウチがある。

でも、ホストはできないらしい。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

嵐山の思い出



私の部屋の壁には、たくさんの絵葉書が貼り付けてある。

自分が旅行した時に、自分宛てに送った物や、友人からもらったものだ。

私の家に泊まっていったカウチサーファーが帰国後、送ってくれたものもある。

外国から絵はがきが届く。

これもカウチサーフィンの楽しみの一つだ。


それを見たイーシャンが、

「私も台湾に帰ったらマサトに絵はがきを書くわ!」と言った。


あまり期待していなかったのだが、数日後、本当に彼女から絵葉書が届いた。

「期待していなかった」というのは、彼女がいい加減な人間だという意味ではない。

イーシャンはとても活発な女の子で、何にでも興味津々なのだが、どうも私に対してはあまり関心がない、という印象がずっとあったのだ。

だから、「絵葉書を書く」という約束も、台湾に帰ったらすぐに忘れてしまうだろうと思っていた。


そんな事情だったから、彼女からの絵はがきが届いた時には、うれしいというより、むしろ驚いた。

彼女がネパールを旅行した時に撮った写真をハガキにしたもののようで、裏面にはびっしりと文字が書かれている。

あまりにたくさんの文章を詰め込んだため、私の住所を書くためのスペースがなくなってしまったらしい。

大きめの付箋が貼り付けてある。

なるほど、こんなやり方もあるのか。



絵はがきをもらうというのは、やはりうれしかったので、彼女宛てに私からも絵はがきを書いた。

日本と台湾は近い。

数日もあれば到着するはずだ。

イーシャンからの

「絵はがき着いたよ!」

の連絡を期待して待っていたのだが、1週間が過ぎ、2週間が経過してもなんの音沙汰もない。

もしかして、住所を間違えたのかな?


イーシャンとは Facebook でもつながっているので、連絡をとるのは容易だ。

私からの絵はがきが到着したか聞いてみようと思っていたら、彼女が Facebook に京都で撮った写真をアップしていた。

タイトルは、「嵐山の思い出」

「俺の写真もあるかな?」

と期待して見てみたのだが、予想していたのとはまったく違った内容だった。


そこに写っているのはただひたすら、人力車をひいているお兄さんたち。

渡月橋や竹林は、お兄さんたちの後ろに申し訳程度に小さく写っているのみ。

もちろん私の写真はどこにもない。



「京都の嵐山には、こんなにたくさんのイケメンがうじゃうじゃいるのよ!

見て見て、このさわやかな笑顔!

引き締まったお尻!

真っ黒に日焼けした筋肉質の脚!

人力車に乗ってるお客さんのほとんどは女性なんだけど、

彼女たちがほんとに嵐山の景色を見ているのかどうかは疑わしいわね。

でもまあ、こんなにかっこいいお兄さんの後ろ姿を眺めることができるのなら、

高いお金を払って人力車に乗る価値もあるってものね」

というのが、イーシャンの書いたコメントだ。



イーシャン、君の言う「嵐山の思い出」って、人力車のイケメンのことだったのか・・・


テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。