カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋温泉とストリップ

ムエイヤイ(タイ)とカウチサーフィン(CouchSurfing)




行きはバスを使いましたが、もう道はわかっているので、帰りは歩きです。

一面が氷に覆われた道路だって、もうへっちゃらさ。




渋温泉が見えてきました。

長野県でカウチサーフィンのホストをしている人から、ここのことを教えてもらったので寄ってみました。

とても静かで、のんびりできそうな場所です。








足湯を見つけたので、試してみることにしました。




あちちちちっち!!!

さすが源泉かけ流し。

水で薄めないと熱くて入れません。




あっ!

温泉まんじゅうだ。


ふらふらっと店の中に吸い込まれてしまいました。






渋温泉には魅力的な銭湯がたくさんあります。

今度来るときは、浴衣を着てゆっくりと外湯巡りをしたいもんだ。








昔懐かしい射的屋。

まだこんなの残ってるんですねえ。


ふと、学生の頃に城崎温泉を訪れた時のことを思い出しました。


客引きのおばあさんに、

「若いべっぴんさんがいるから寄っていきな」

と誘われるままに、友達と一緒にストリップ劇場に入りました。


ドキドキしながらステージの幕が上がるのを待っていると、

出てきたのはさっきのおばあさん。


「なんで自分の母親よりも年上の女の裸を見るのに、金払わなアカンのじゃ。ボケっ!」

激怒した友達は、悪態をつきながら外に出ていきました。


私はというと、

「さっきのは前座だ。

 次こそは若くてかわいい女の子が出てくるに違いない」

と信じて待ち続けました。


しかし、次のステージに出てきたのも同じおばあさん。

目の前が真っ暗になったことを、今でもはっきりと覚えています。



ちくしょう。

純真な少年の心を踏みにじりやがって。

俺の青春をかえせっ!





渋温泉から湯田中温泉まではたいした距離ではなかったので、やはり歩きました。

知らない街を歩くのって楽しい。


ちょうど下校時間にあたったらしく、大勢の中学生とすれ違いました。

驚いたことに、彼らは私たちを見ると、「こんにちは!」とあいさつしていくのです。


きっと学校の先生に、

「観光客を見たら元気よくあいさつするように」

と言われているのでしょう。


京都も観光地ですが、観光客にあいさつする中学生なんて見たことありません。

長野の中学生の爪のあかを煎じて飲ませてみたいものです。




湯田中の商店街にある飲食店は、なぜかすべて閉まっていました。

仕方なくコンビニの弁当を買って夕食にします。


あーあ。

地元の特産品を食べたかったな。





この温泉まんぢうだけが、唯一の救いでした。

スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

猿と混浴♪

ムエイヤイ(タイ)とカウチサーフィン(CouchSurfing)




長野から電車に乗って湯田中へ。

車窓からは雪に覆われた山々が見えて気持ちいい!




湯田中の駅前。

バスターミナル全体が凍ってる!

大丈夫かな。

雪道をドライブした経験があまりないので、ちょっと心配です。




タイ人カウチサーファーのムエイヤイ。


「見て見て。

 この猫耳の帽子、かわいいでしょ。

 おサルさんと遊ぶために、これ買ったの」


いや、ぜったいそれ逆効果だと思うぞ。




上林温泉の入り口でバスを降ります。

遠くには白い山なみが見えてきれい。

空気も澄んでるし。

長野っていいな。




あちこちでこの看板を見かけました。

冗談ではなく本当に滑ります。

私も何度コケたことか。




ゆるーい上り坂が延々と続きます。

道はつるつるに凍ってて歩きにくい。

こんなのが30分も続くのか。


南国タイからやってきたムエイヤイは3分でギブアップ。

「こんなのぜったい無理。タクシーを使おう」

と言ってますが、車なんて一台も走ってません。


「じゃあヒッチハイクよ!」

いや、だから車の姿がどこにも見えないんだってば。




ようやく野猿公苑の入り口に到着。

かなり歩いたと思ったのに、まだあと25分も歩くのか。




雪道にも慣れ、ゴキゲンなムエイヤイ。

実際、雪景色の中のハイキングはすがすがしくて、とても気持ちいいです。




時刻は正午前だというのに、あたりはうす暗い。

まわりを山に囲まれているため、太陽の光が届かないのです。






ものすごく長いつらら。

えらい方向にひん曲がってるし。

京都では見られない光景です。




最初のサルに遭遇!




見えましたっ!

おサルさんたちの温泉です!










とても寒そうに身を寄せ合う猿たち。

なんで彼らは温泉に入らないのだろう。


ムエイヤイはこのサルたちと一緒に写真を撮ろうとしたのですが、近づくと歯をむき出しにして威嚇されました。

おそらく、彼女のかぶっている猫耳の帽子のせいでしょう。


ちなみに野猿公園はペットの同伴が禁止されています。








湯上りの子ザル。

寒そ~う。






「極楽じゃあ~」

なんて気持ちよさそうな顔をしてるんだ。


もしかして、完全にのぼせてる?


こいつらなら、「風呂上がりのビールはまた格別じゃのう~」とか言いかねんな。








眼下に見えるのが地獄谷温泉の後楽館。

猿が温泉に入ってるのを見ているうちに、体が冷えてきました。

今度は我々があたたまる番です。




「天然記念物」って、なんかオオサンショウウオみたいな生き物を想像しちゃうじゃないかよ。




「地獄谷」の名前の由来となったこの噴泉。

まわりをテカテカの氷に囲まれ、簡単には近づけません。

たどりつくまでに5回くらい転びました。


近くで見る地獄谷噴泉は大迫力!

「地獄谷、すげぇーっ!」


5分で飽きましたけど。



※注意

ここから先の写真には、私のフル・ヌードが含まれます


残念ながら、ムエイヤイの写真はありません。あしからず。





温泉宿「後楽館」




宿に入るためにはこの橋を渡らなければならないのですが、

完全に凍っているため滑りまくりです。

苦労しました。

さすがは「秘湯」。




宿の敷地内にもたくさんの猿がいます。




ついに露天風呂とご対面。

他に客はいないようです。

やった、貸切だ!




絶景を一人占め!




最初は警戒して遠くから私のことを観察していた猿ですが、

だんだんと近づいてくるようになりました。


念願の、「猿との混浴」なるか?




温泉からは地獄谷噴泉も見えます。


ただし、この露天風呂は外から丸見え。

大勢の観光客に写真をバシャバシャ撮られてしまいました。


最初のうちはタオルで隠していたのですが、途中からめんどくさくなってきました。

見たけりゃ見ろ。




今回は残念ながら日帰りとなりましたが、

今度来る時は宿泊して、湯船でゆっくり猿と語り合いたいと思います。


テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

長野遠征(善光寺)

ムエイヤイ(タイ)とカウチサーフィン(CouchSurfing)




12月に入ると、京都駅ビルにはクリスマスツリーが登場しました。




この写真ではわかりにくいけど、京都駅ビルの大階段もクリスマス風のイルミネーションになってます。




翌朝早朝、夜行バスは長野に到着しました。




おおっ!

歩道橋には雪が!

いや、踏み固められてカッチンコッチンの氷になってしまっている。




電光掲示板を見ると、現在の気温は-5℃。

どうりで寒いわけだ。


さすがは長野。

京都とはレベルが違う。




これは何?

長野の「ゆるキャラ」かな。




湯田中行きの電車の時刻までにはまだかなりあったので、善光寺へ行くことにしました。

バスを使えばすぐなんだろうけど、せっかくだから長野の街をじっくり歩いて見てみたい。




うおっ。

交差点も横断歩道も氷に覆われてツルッツルですよ、つるっつる。

JR長野駅のすぐ近くで、交通量もかなり多い所なのに氷だらけ。


京都ではめったに雪は積もらないから、こういう道には慣れていません。

歩くのにひと苦労です。




これはなんだろう?

歌舞伎座かな。




ようやく善光寺が見えてきました。






まだ早朝だというのに、善光寺の中は参拝客でいっぱいでした。

けっこう人気のスポットなのだな。



(ピカチュウ?)

再びJRの長野駅に戻って来た時には、朝の通勤ラッシュが始まっていました。


なにやらテレビカメラが何台も集まっています。

彼らは衆議院選挙の投票を呼びかけるキャンペーンを撮影していたのでした。





駅前の売店で、キットカットの信州版を発見。

「信州限定」という宣伝文句に惹かれます。


ここでしか買えないんだよ。

なんだかそわそわしない?


ちなみに京都のキットカットは抹茶味です。




せっかくだからご当地キットカットを試してみたかったのだけれど、あまりにも高い!

なんでたかがチョコレートにそんな大金を払わねばならんのだ。




チョコレートはあきらめ、駅前の立ち食いソバ屋さんへ。

なにか長野らしいソバはないかな?と探していたところ、

「わさびソバ」なるものがありました。


しかし、出てきた「わさびソバ」は想像していたものよりも、かなりショボい。

しかたないか。安いんだし。



______________________________________


タイからのゲスト3人組のうち、ムエイクランとお兄さんはひと足先に帰国してしまいました。

もともと彼らの目的はショッピング。

あまり京都のお寺とかには興味がないみたいです。



あとには長女であるムエイヤイだけが残りました。

彼女は以前、東京で働いていたことがあり、その時の知り合いをたずね歩きたかったからです。



そのムエイヤイが、タイに帰る前に温泉に行きたいと言い出しました。

せっかく冬に日本へ来たのだから、タイでは見ることのできない雪も見たい。

日本のおサルさんとも遊びたい。


そんな彼女のぜいたくな希望をかなえることのできる場所は一つしかありません。

というわけで、地獄谷温泉の野猿公苑に行くことが決定しました。


しかし、ムエイヤイの飛行機の時間もあるので、長野で宿泊するのは難しそうです。

夜行バスで行って、夜行バスで帰ってくる「弾丸ツアー」しかありません。



調べてみると、京都から長野までの直通バスがあるんですね。

しかもかなり安い!


夜行バスというと、きゅうくつで乗り心地が悪いというイメージがあったのですが、

予想外に快適でした。


座席は3列シートというものになっており、隣の人のことを気にする必要がありません。

リクライニング・シートもかなり倒せ、けっこう熟睡することができます。

翌朝、長野に到着したときには目覚めもスッキリ。



いやあ、そういえば長野に来るのも久しぶりだな。

スキーでは何度も来たことがあるけれど、観光のために訪れるのは何十年ぶりだろう。


やはり旅っていいね。

見知らぬ土地に降り立つと興奮します。

待ってろよ、温泉モンキー!


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

大阪遠征

ムエイヤイ、ムエイクラン(タイ)とカウチサーフィン(CouchSurfing)




今日は少し足を伸ばして、大阪へとやってきました。

ムエイヤイとそのお兄さんは、どうやら京都よりも大阪の方が好きみたいです。

ショッピングを楽しみたいのだとか。


買い物なんてバンコクでもできるだろうに・・・

ちょっとさみしいぞ。



それでも、毎日カウチサーファーたちと京都観光ばかりしていたらマンネリに陥ります。

たまには大阪もいいもんですね。


大阪に来るのは久しぶりだったので、道に迷ってしまいました。

かっこわるぅー。


その後、彼らの私を見る目がちょっと変わったような気が・・・





グリコの看板の真似をして片足を上げてるのは私だけ。

ハズカシすぎる。



後でこの写真を見たムエイヤイに、

「マサト、上げる足を間違えてるわよ」

とダメだしされてしまいました。



うるせえっ! お前らも足を上げろよ!





人が多い。

やっぱり大阪は都会だなあ。




このカニの看板の写真を撮っていたら、道行く人に笑われました。

田舎もんまるだしだなあ。




くいだおれ人形の人気はいまだに健在です。

他の人たちも写真を撮っていました。


ムエイクランが持っているスパイダーマンのバッグは、もちろんUSJで買ったものです。




ここでの夕食代も彼らが支払ってくれました。

バンコクでさんざんお世話になっておきながら、京都で恩返しをすることもできないなんて。

人間失格だな。




深夜に京都・嵐山に戻ってくると、駅前だというのに静まりかえっています。

心斎橋のあの喧騒がまるでウソみたい。

大阪からそれほど離れているわけでもないのに、なんなんだろうこの違いは。


でも、やっぱり私はこっちの方が落ち着くな。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

「もみじの」永観堂

ムエイヤイ(タイ)とカウチサーフィン(CouchSurfing)




今日はムエイヤイと永観堂に行ってきました。


この永観堂が紹介される時、まくらことばとして「もみじの」という単語が使われます。

それほど紅葉が美しい場所だということなのでしょうが、人が多そうなイメージがあったので、

今までずっと敬遠してきました。


しかし、ムエイヤイが「京都で一番有名なもみじの名所に行きたい」と言うので、

ついにここを訪れることを決意したのです。


ちなみに、あとの二人はあまり京都には興味がないらしく、

今日は大阪のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に遊びに行ってます。


そんなのシンガポールでも行けるじゃないかよ!

せっかく秋の京都に来たというのにもったいない。














P1160477.jpg



この永観堂は紅葉の期間中、夜間のライトアップもされています。

この行列はそのためのもの。


まだ日が暮れる前からこんなに並んでいるんですねー、すごいや。



紅葉シーズンの京都は尋常じゃありません。

帰りのバスに乗ろうとしたのですが、満員で乗れませんでした。


しかたなく次のバスが来るのを待ちましたが、これまた満員。

このままではらちが明かないので、すでにギュウギュウ詰めのバスに無理やり乗り込みました。

他の乗客には迷惑そうな顔をされたけれども、他に方法はありません。


驚くべきことに、次の停留所ではさらに乗客が乗り込んできました。

あまりの圧迫感に、窒息しそうです。


あらたに乗りこんできた乗客によると、彼らもすでに3台のバスをやりすごしたそうです。

道路も渋滞で、なかなか前に進みません。


人いきれのために車内は暑くなり、汗が噴き出してきましたが、

身動きがとれないため、ジャケットを脱ぐことさえままならない状態です。


こんなことなら、歩いて京都駅まで行った方がまだマシだったかな。


秋の京都、おそるべし。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

タイ人一家

ムエイヤイ、ムエイクラン(タイ)とカウチサーフィン(CouchSurfing)




今回のゲストはタイからです。

私がバンコクを訪れた時、彼女たちの家にお世話になりました。

その時の模様はこちら。

http://couchsurfingkyoto.blog.fc2.com/blog-entry-592.html

http://couchsurfingkyoto.blog.fc2.com/blog-entry-590.html


バンコクで私をガイドしてくれたのは、彼女たちの末の妹、カモンチップだったのですが、

今回彼女は来日することができませんでした。


彼女たちの一家は家族で工場を経営しているため、誰かがタイに残っていなければならないからです。

残念。

カモンチップに会いたかったな。


タイでは彼女たちにごちそうになりっぱなしだったので、日本ではぜひとも恩返ししなければ。

と思っていたのですが、夕食をおごってもらいました。


ダメだな、俺は。

人にたかってばかりじゃないかよ。





「タイからのおみやげは何がいい?」

と聞かれたので、私は迷わず「お菓子がいい」と答えました。


そこで彼女たちが持ってきてくれたのがこれらのお菓子です。

とても甘酸っぱかったです。




このお菓子は日本でも売ってそうなクッキー。

サクサクしていて、とてもおいしい!




このお菓子は「いかにもタイ」といった感じで、独特の甘さがあります。

日本人の味覚にはちょっとあわないかも・・・




この3人の兄姉妹は、いかにもタイ人らしく、本当にマイペース。

正直言って、一緒にいるとなんだか調子が狂ってしまいます。


しかし、長女のムエイヤイは日本に2年ほど暮らした経験があるため、

私がつきっきりでお世話する必要はありませんでした。


困ったな。

どうやって恩返しをしようか。


テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。