カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュワルツネッガーになりたいか?

「イスラエル」と聞いて、どういう国を思い浮かべるだろう?

ユダヤ、エルサレム、アラブ、中東戦争・・・

以前の私はけっこう重苦しいイメージを抱いていた。


だが、カウチサーフィンを始めてからは、そのイメージはかなり変わった。

というのも、これまでにホストしたイスラエル人はみな、陽気で親しみやすい人たちばかりだったからだ。


長いことカウチサーフィンをしているうちに、自然と好みの国というのができあがってくる。

私の場合、それはアルゼンチンだったり、台湾だったり、そしてイスラエルだったりする。


なので、イスラエル人のラビブからカウチリクエストをもらった時も、なんのためらいもなく承諾した。

それから数日して、彼からさらにメールが届いた。

「もう一人友達を連れて行ってもいいかな?」


この軽いノリも、イスラエル人の特徴の一つだ。

だが、やってきた2人を見て泣きそうになった。

日本人としては私もかなり大きい方だが、この二人は私なんかよりもはるかにガタイがでかい。



(左:ラビブ(イスラエル)、右:デニス(ドイツ))


これまでに出会ったイスラエル人はみな、例外なくがっしりとした体格をしていた。

さすがはアラブ諸国を敵に回して戦争をしてきただけはある。

だからラビブについてはある程度の覚悟はできていた。


だが、彼の知り合いだというドイツ人のデニスも、イスラエル人とはまた異なる威圧感を持っていた。

イスラエル人の体格の良さは多分に遺伝的なものだと思うが、このドイツ人男性のそれはどこか人工的なものを感じる。

なんというか、不自然なまでに作られたたくましさなのだ。

その理由はのちに判明することになる。



彼らが私の家に到着したのは夜遅く。

どうやらツアーに参加していた彼らは、奈良や伏見に寄っていたようだ。

深夜の訪問となってしまったことを、ラビブはしきりに謝っていた。

この律儀さも、私がイスラエル人を好きな理由な一つだ。

外見のいかつさとは裏腹に、彼らは実に繊細な神経の持ち主なのだ。




彼らはメロンを買ってきてくれた。

イスラエルともドイツとも関係のないお土産だが、それはそれでうれしい。

メロンには「JA高知」と書いてある。

「高知にも行ってきたの?」

「いや」


これほど脈絡のないおみやげも初めてだが、彼らの気持ちはよくわかる。

ここは素直にいただいておくことにしよう。




イスラエルには徴兵制度がある。

一定の年齢に達すると、男も女も軍隊で訓練を受けなければならない。

しかもいつ戦争が起こるかもしれない状況下での訓練だから、必然的に過酷なものとなる。

そのストレスたるや、我々の想像を絶するもののようだ。


だからイスラエルの若者は徴兵期間が終了すると、その憂さを晴らすために海外に旅行する者が多いのだそうだ。

そして、このラビブもその一人だ。


だが、彼の年齢からすると、それはちょっとおかしい。

普通の人よりも数年長く軍隊にいた計算になる。

いったいどういうことだ?


「俺はちょっと特殊な部署にいたんだ」

彼のもってまわった言い方でピンときた。

そういえば、彼の体型は軍隊で鍛えあげられた者のそれではない。

昔読んだ落合信彦の小説を思い出した。

「モサドか?」

「ま、そんなところだ」


正確に言うと彼がいたのは諜報機関であるモサドではなく、国家安全なんとかという機関らしい。


かつては国家の最高機密を扱っていたという若者の髪は、今は緑だかピンクに染められ、鼻にはピアスがついている。

映画や小説によって作り上げられた「情報部員」というイメージは、かなりあてにならないものなのだな。



「うおーっ! まさかここでこんなものにお目にかかれるとは思ってもいなかったぞ!」

ドイツ男のデニスが雄たけびをあげる。

私の部屋でいったい何を発見したというのだろう?


彼は私のトレーニング機器をうれしそうに触っていた。

どうやら彼は筋トレ・オタクらしい。


「旅行中はなかなかジムに行く機会がなくってな。

 どうも体がなまってしかたがない。

 マサト、お前のトレーニングマシンを使ってもいいか?」


私が返事をする前に、彼はせっせと準備を始めてしまった。

ぶら下がり健康器を使って懸垂をするデニス。

彼の体重のせいで、ギシギシと音がしている。

大丈夫かな。今にも壊れそうだぞ。



彼は自分がトレーニングをするだけでは物足りないらしい。

「マサト、一緒にやろうじゃないか」


彼はかなり筋トレには詳しそうだし、この際だからきちんとしたトレーニング方法を教えてもらうことにした。

デニスの口ぐせは、

「シュワルツネッガーもやっている」だ。

どうやら彼はシュワルツネッガーのことを心底尊敬しているらしい。


彼から手ほどきを受けて、私も実際にやってみる。


「だめだ、だめだ。まだまだ限界に達していないじゃないか、マサト。

 そんなんじゃシュワルツネッガーみたいになれないぞ」

彼曰く、ギリギリまで筋肉を酷使しないと、効率的に筋肉を増強することはできないのだそうだ。


「もうダメだ、と思えるところまでやった後に、さらに数回がんばる。それが太い筋肉をつけるコツだ。

 シュワルツネッガーだってやっているぞ。」


なるほど。

彼の言う通りにやってみたら、確かにキツいが効果はありそうだ。

これからはやり方を変えてみよう。


「まだ止めちゃダメだ、マサト。

 全然余裕が残ってるじゃないか。

 もっと全身が痙攣するくらいまで限界に達しないと、まったく効果がないぞ。

 シュワルツネッガーみたいになりたくないのか?」


あのね、デニス。

俺は一度だって、シュワルツネッガーになりたいだなんて言ってないだろ?


スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

ひよこ豆



イスラエル人のカウチサーファーに誘われて、一緒に食事をすることになりました。

彼女の名前はマーヤン。

今、私の家には別のカウチサーファーが泊っているので、彼女をホストすることはできません。

「じゃあ食事だけでも」ということになりました。


彼女が連れていってくれたのはイスラエル料理のお店。

京都にそんなお店があるなんて知りませんでした。

マーヤンは京都に来るのはこれが初めてのはずなのに、どうしてそんなことを知っているのだろう。

「イスラエル人は世界中にコネクションがあるのよ」

彼女は得意げにそう言います。

とか言って、どうせインターネットで調べたんじゃないの?



マーヤンのすすめでファラフェルという料理を注文しました。

「ひよこ豆」という素材を使った、イスラエルの代償的な料理なんだそうです。





彼女はイヴォンヌ。

台湾人です。



イヴォンヌというのは本名ではありません。

台湾や香港の人は、イングリッシュ・ネームを持っている人が多いです。

どう見ても東洋人の顔なのに、欧米風の名前。

いつも違和感を感じます。


「どうして日本人はイングリッシュ・ネームを持たないの?」

とよく聞かれますが、うまく答えられません。


もしも私が「トム・クルーズ」とか「ブルース・ウィルス」と名乗ったら、

どうせみんな笑うんだろ?






彼女がマーヤンです。

イスラエル人にはフレンドリーな人が多いのですが、

彼女はその中でも飛びぬけています。


外見からは想像できませんが、実は日本のアニメが大好きなんだそうです。

彼女のカウチサーフィンのプロフィールで「犬夜叉」のコスプレ姿の写真を見つけた時は笑ってしまいました。




イスラエルの代表的なビール。

いつの日か、これをイスラエルで飲んでみたいものです。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

ヘブライ語なんてわかるかっ!

カウチサーフィンをしていると、とてもおもしろい体験ができます。
ユダヤ教の礼拝とか・・・

カウチサーフィン(イスラエル、ダンとノア)、プロフィール写真より。

イスラエルと聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
私はとっさに「戦争」が頭に浮かびました。
周りをアラブ諸国にとり囲まれて、常に緊張状態の国。
それが私にとってのイスラエルのイメージでした。

しかしダンとノアに会ってみて、
イスラエル人に対する見方が変わりました。

なんといっても、彼らはとてもフレンドリーなのです。
いろんな行事に私を誘ってくれました。

なかでも印象深かったのが、ユダヤ教の礼拝です。
最初に彼らに誘われた時、

「あれ、京都にユダヤ教の教会なんてあったっけ?」

と思ってしまいました。

実はその教会はキリスト教なのですが、
ユダヤ教徒と親交を深めるために彼らを招待したのです。

その教会の中には、数十人のユダヤ教徒の人たちがいました。
ホスト役の人を除けば、
日本人は私だけです。

「うっ。なんだか場違いなところに来てしまったぞ。」

案の定、となりのイスラエル人は私の顔を見てギョッとしていました。

「なんでこんなところに日本人がおるねん」

彼の顔にはそう書いてありました。

ヘブライ語の説教をダンが翻訳してくれます。
さっぱり意味がわかりませんでした。

ユダヤ教の讃美歌も一緒に歌いました。
もちろんデタラメです。

こんな体験はもう二度とできないかもしれないので、
写真を撮りたかったのですが、
とても厳かな雰囲気なので、できそうにもありません。

その他にも、ダンとノアは京都に在住のイスラエル人の友達を何人か紹介してくれました。
イスラエルの女性ってきれいですねえ。
男性はというと、とにかくガタイがでかい!
こりゃ戦争しても負けないわけだ。

あと、ダンとノアはとてもタフなカップルでした。
レンタサイクルで京都の街を隅から隅まで一日中走り回っていましたよ。

イスラエルには徴兵制があると聞いていたのですが、
彼らは免除されているとか。
きっと、お金持ちの御子息なのでしょう。

最後の夜には、ノアがイスラエルの料理を作ってくれました。
名前を聞いたのですが、覚えられません。

彼らは京都の後は、長野、沖縄などを回って、
インドにも行くそうです。

「私たちの国は狭いから、みんな旅行が大好きなのよ。
 それに、常に戦争の危機と隣り合わせだから、
 楽しめる時に楽しんでおかないとっ!」

ノアの言葉が印象的でした。


後日談。

2011年3月の地震と津波の後、
ダンとノアからメールが届きました。
日本のためにお祈りをしてくれているそうです。
ありがとう。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。