カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏?

カウチサーフィンは必ずしも宿泊を伴なうとは限らない。

私の家には今、台湾人のイーシャンが泊まっているのだが、彼女は今日は他のカウチサーファーと会う約束があるとかで、一人ででかけてしまった。

そういう状態のところへ、別のカウチサーファーからメッセージが届いた。

香港人のジュンからだ。

彼女はゲストハウスに泊まっているから、寝る場所は必要ないのだが、一人で旅行しているので、誰か地元の人間に京都を案内してもらいたいということだった。


(高台寺の近くにある着物のレンタルショップ)

ジュンの京都での目的は、着物を着て街を歩くこと。

レンタルの予約はすでに済ませてある。

そのお店は香港や台湾ではかなり人気があるらしく、京都を紹介する雑誌などで頻繁にとりあげられているのだとか。

そのため、お店の中は台湾や香港からの観光客でいっぱいだった。

少なくとも私がいた間には、日本人の客は一人も来なかった。



(手を洗うジュン。清水寺にて)


(清水寺の中にあるお茶屋さん)



待ち合わせ場所にジュンが現れた時、彼女は私を見て落胆したように見えた。気のせいかもしれない。

彼女は終始笑顔を浮かべている。でも、それはよく訓練された作り物のように見えなくもない。

彼女は私に何を期待していたのだろう。

彼女は私の何に失望したのだろう。



(高台寺)





この着物レンタルのお店はブログを運営している。

その中で使いたいからということで、お店の人がジュンの写真を撮った。


その時お店の人から「彼氏?」と聞かれた。

うれしかった。

「そうか、俺と彼女はそんなふうに見えるんだ」と思ったからだ。


でも、しばらくしてからそうでないことに気付いた。

どこからどう見てもお似合いのカップルに向かって、「二人は付き合ってるの?」と聞く人はいない。


私とジュンはとてもそういう関係には見えなかったのだろう。

それなのに一緒にいるから不思議に思って、「彼氏なの?」と聞いたのではないだろうか。


べつに彼女と付き合いとかそういうわけではない。

ただ自分が、「若くてかわいい女の子と一緒にいるのが不自然な存在」なのだということに気づかされ、ちょっぴりさびしくなっただけだ。




この水で顔を洗うときれいになれるらしい。



スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

夏の日の芸者(カルメン、スペイン)

カルメン(スペイン)とカウチサーフィン(二日目)




カルメン(スペイン)。二寧坂にて。


カルメンのカウチサーフィンのプロフィール写真は、かなり派手め。

仮面舞踏会を思わせるマスクをかぶっています。

イタリアのヴェニスで撮ったとか。


そう、彼女はコスプレが好きなのです。


というわけで、今日は芸者に変身することとなりました。




大きな体で、顔の造りもヨーロピアンな彼女は、芸者の格好をしていても、一目で外国人だとわかります。

道行く人々が、彼女の顔を見ては「ギョッ」としています。


それでも本人は芸者姿に大満足のご様子。







高台寺にて。


お店の人が日傘を貸してくれました。

「今日は暑いので、無理をせず、体調に異変を感じたらすぐに帰ってきてくださいね。」と言われました。

実際、重いかつらと、きつく締められた帯のせいで、気分が悪くなってしまう人も多いそうです。

女の人は大変だなあ。




後ろ姿。






猛暑日にもかかわらず、ねねの道には大勢の「ニセ芸者」がいました。




夕食は寿司。


今日は観光らしい観光もせず、芸者体験だけで一日が終わってしまいました。

なんというスローペース。


カルメンは、自分の芸者姿の写真アルバムを見てニヤニヤしています。

本人はかなりご満悦の様子なので、まあいいか。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

恥じらいも大切だよ。

アン(スペイン)とCouchSurfing(カウチサーフィン)

CouchSurfing(僕。祇園花見小路にて。)
(祇園花見小路にて。)

外国人観光客に祇園を案内すると、2通りの反応が返ってくる。

「え?これがギオンなの?ただの道じゃない。」

というのと、

「ワァーオ!ワンダフル!!ビューティフル!!!
 This IS Kyoto!!!!」

というのとだ。


アンの反応はというと、よくわからない。
騒がず、はしゃがず。
ただ黙々と写真を写している。

まあ、たくさん写真を撮っているのだから、おそらくは祇園が気に入ったのだろうが、
もう少し派手なリアクションが欲しいものだ。


カウチサーフィン(縁切り縁結びの碑に挑戦するアン。安井金毘羅宮にて。)
(縁切り縁結びの碑に挑戦するアン。安井金毘羅宮にて。)

CouchSurfing(縁切り縁結びの碑から出てきたアン。安井金毘羅宮にて。)
(縁切り縁結びの碑から出てきたアン。)

アンに安井金毘羅宮の縁切り縁結びの碑について説明する。
彼女はぜひやってみたいと言う。

「殺してやりたいくらいうっとうしい奴がいる。」のだそうだ。
その割には彼のことを思い出す時うれしそうな顔をしていたので、きっとその彼とはなんだかんだで長い付き合いなのだろう。


安井金毘羅宮の入り口の桜。
(安井金毘羅宮の入り口の桜。)

この安井金毘羅宮の周りには、どういうわけかラブホテルが多い。
このラブホテル、欧米人には面白い存在らしく、ガイドブックに記述があることもある。

ヨーロッパ人とラブホテルについて話をする時にきまって出る質問は、

「どうして日本人にはこんなホテルが必要なの?
 車ですればいいじゃない。」

というものだ。

どうして?と聞かれても困る。

生活臭の漂う自分の部屋では気分が乗らないこともあるし、
たまには場所を変えて刺激も欲しい。

それに車の中なんて狭くて動きにくいし、いちいち人目を気にしていたら事に集中できないじゃないか。
欧米人はそういうことは気にならないのかな。

アンは車の中でそういうことをしたことがあるのだろうか。
聞いてみたかったが、昨日会ったばかりの女性にそんな質問ができるほど私は図々しくはない。


カウチサーフィン(アン。八坂の塔をバックに。)
(八坂の塔。)

CouchSufirng(ねねの道沿いにあるよーじやの庭園にて。)
(ねねの道沿いにあるよーじやの庭園にて。)

大方の女の子がそうであるように、アンもまたショッピングが大好き。
ねねの道沿いにはたくさんのお店がある。
いちいち足を止めてはゴソゴソと物色している。

女性の買い物に付き合うのは苦痛だ。
アクセサリーや小物になんてまるっきり興味なんてないのに、興味があるフリをして時間をつぶさなければならない。
退屈しているのを悟られないように、あくびをかみ殺さなければならない。

こんな所で俺は何をしてるんだろう?
一体何のために?


三年坂(産寧坂)のしだれ桜。
(三年坂(産寧坂)のしだれ桜。)

カウチサーフィン(清水寺の境内で祇園をどりのパンフレットを眺めている私。)
(清水寺にて。)

CouchSurfing(清水寺の本堂内で鐘をつくアン)
(清水寺の本堂内)

カウチサーフィン(清水寺でおみくじをひくアン。)
(清水寺でおみくじをひくアン。)

彼女が引いたおみくじは「吉」。
どういうことが書いてあるのか私が翻訳します。

いつも思うのだけど、おみくじの文言というのはとても抽象的で当たり前のことばかり。

「学問を修めたければ勉学に励め。」
「病気を治したければ安静にしていろ。」

そんなこと言われなくてもわかってるよ、とついつい反論したくなってしまう。

今のところ、「凶」を引いたカウチサーファーはいなかったと思う。
それがせめてもの救いか。


CouchSurfing(着物姿の女子たちと一緒に記念撮影。)
(着物姿の女子たちと一緒に記念撮影。)

地主神社の恋占いの石に挑戦中のアン。
(地主神社の恋占いの石に挑戦中のアン。)

見事達成!

春の清水寺は大混雑。
もちろん地主神社内も。

それでもアンは恋占いの石に挑戦した。
「こんな人ごみの中でよくやるなあー。」
と感心して見ていたのだが、難なく二つ目の石にタッチ。

おみくじとか恋占いの石とか、意外とこういうのが好きなんだな、アンは。
人はみかけによりません。


カウチサーフィン(清水の舞台を背景に。)

今年の冬は寒かったので、桜はまだまだ咲いていません(2012年4月7日(土)現在。)
満開の桜をバックに清水の舞台の写真を撮ることができなくて残念そうです。


観光客でごったがえす清水参道。
(観光客でごったがえす清水参道。)

春休みで、しかも土曜日。
混雑するのは仕方がないとはいえ、やはり疲れます。


CouchSurfing(高台寺のしだれ桜。)

高台寺のしだれ桜はかなり咲いていました。
五分咲きといったところでしょうか。

この高台寺の石庭には龍のようなオブジェが。
ここは来るたびに庭の様子が変わっていて飽きません。


高台寺のしだれ桜。

高台寺の臥龍廊
(高台寺の臥龍廊)

高台寺の臥龍廊

高台寺の臥龍廊は普段は歩けないのですが、今は特別期間中らしく、歩いて渡ることができました。
ただ、人が多いうえに道も狭いので、立ち止まっての写真撮影は断念。


霊山観音
(霊山観音)

琴。八坂神社の舞台。

八坂神社の舞台には琴などの楽器が置いてありました。
夜には何かの催しでもあるのでしょうか。


____________________________________


今回のカウチサーフィンはスペイン人カウチサーファーのアンと。

私はスペイン人が大好きです。
通常彼らは大声で笑い、話す時も全身を使って感情を表します。
彼らを見てると、乾いた太陽を思い出すんですね。

でもアンは違います。
ボソボソと抑揚のない声で話し、表情もほとんど変化させません。

「なんだか私の持つスペイン人のイメージと違うなー。」と思っていたのですが、
彼女はどうやら噛めば噛むほど味がでるタイプのようです。

太陽のような激しさはありませんが、彼女と話しているとじんわりと温かくなります。
話し声こそ小さいですが、けっして会話が途切れることはありません。

ときどきやんわりとほほ笑むアンを見ていると、
「たまにはこういうスペイン人もいいか。」
と思えてきます。




ただ、アンにはスペイン人らしい豪放さもあります。


選択し終わった下着を堂々と私の目のつくところに干してるんですね。
それも1枚や2枚ではなく、1週間分くらいまとめてごっそりと。
まるで自分のレパートリーを自慢するかのように。

私の家には乾燥機が無いので仕方ないのですが、自分の部屋の隅にこっそりと干すとか、
もう少し考えてもらいたいものです。

アジア系のカウチサーファーはまずこういうことはしないので、
「やはり欧米人の女性は違うなあ。」
などと妙に感心してしまいます。

きっと私のことなんて「男」としては見ていないんでしょうね。
「とるに足らないつまらない存在」なんでしょうか。

私の男物のパンツの隣に吊るされた女物の下着を眺めているうちに、
なんだか切ない気持ちになってきました。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

狐の嫁入り(京都・東山花灯路2012)

エミリー(カナダ)、アーモウ(フランス)とCouchSurfing(カウチサーフィン):
狐の嫁入り(京都・東山花灯路2012)

CouchSurfing(エミリー、アーモウ、マーセラ、アンナ、私。京都・嵐山の竹林にて。)
(左から、エミリー、アーモウ、マーセラ、アンナ、私。京都・嵐山の竹林にて。)"


CouchSurfing(カウチサーフィン):エミリーとアーモウ。舞妓さんと。

現在、京都では「東山花灯路」という催しが開かれています。
その一環として、舞妓さんと記念撮影ができるというのがあります。

もちろん、エミリーとアーモウも舞妓さんと一緒に写真を撮りましたよ。


東山花灯路2012・舞妓
(舞妓さん)

舞妓さんとの記念撮影は、東山花灯路2012のメインアトラクションの一つです。


舞妓さんと私。

もちろん私も舞妓さんと一緒に記念撮影しました。


ねねの道

高台寺から丸山公園へ向かうねねの道では、
子供たちが「火の用心」を叫びながら練り歩いていました。


大学生のパフォーマンス。丸山公園

丸山公園では、大学生によるダンスパフォーマンスが繰り広げられていました。


大学生のダンスパフォーマンス。丸山公園。

狐の嫁入り

知恩院の前から「狐の嫁入り」の行列がスタートします。
こんなのやってたんですねー。
知りませんでした。


狐の嫁入りと人力車

狐のお嫁さんは人力車に乗って移動します。


狐の嫁入り(京都・東山花灯路2012)

この狐の嫁入りの行列の後を、カメラを構えた観光客がゾロゾロと追いかけていきます。
行列は動いているし、大勢の人ごみに遮られているし、なかなかうまく写真を撮ることができません。


狐の嫁入りの提灯
(狐の嫁入りの提灯)

この提灯を先頭に、狐の嫁入りの行列はしずしずと進んでいきます。
「ちりん、ちりん」
と鳴る鈴の音が、なんともいえない怪しさを醸し出しています。


狐の嫁入り・京都・東山花灯路2012

ライトアップされた高台寺

狐の嫁入りの行列を追い越してしまったので、
高台寺で時間をつぶして待っていました。

この東山花灯路の時期には、高台寺は夜間のライトアップが行われています。


狐の嫁入り

狐のお嫁さんはここで人力車を降り、歩いて高台寺へと向かいます。
お面をつけているため前が見えず、かなり歩きにくそうです。


________________________________

今回のカウチサーフィンはカップル。
エミリーはカナダ人。
アーモウはフランス人です。

二人がカウチサーフィンを利用するのは今回が初めて。
ちょっと緊張気味の様子。


アーモウの職業はコック。
専門はクレープとギャレ。
世界中のレストランを転々としているとか。

そんな彼は大きな包丁を購入していました。
日本製の包丁は外国でもかなり評価が高いそうです。

飛行機に大きな包丁を持ち込むのは気が引けるので、
アーモウは故郷に郵送していました。


ちょうど京都では東山花灯路という行事をやっていたので一緒に行きました。
二人とも喜んでくれたみたいですが、
一番はしゃいでいたのは私です。
狐の嫁入りなんて見たことがなかったので、なかなか楽しめました。


夕食は彼らがおごってくれました。


エミリーとアーモウは九州からフェリーに乗って韓国へと行く予定です。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

東山花灯路・2012

シ(カナダ)、ドリ(イスラエル)とCouchSurfing(カウチサーフィン):京都・東山花灯路(2012)

祇園

雨で路面が濡れた祇園もまた風情があっていいものです。


CouchSurfing(カウチサーフィン):シとドリ。高台寺公園にて。
(シとドリ。高台寺公園にて。)

ドリは写真を撮る時はいつも変な顔をします。
イスラエル人というのはほんとに陽気な人種のようです。


ねねの道
(ねねの道)

円山公園
(円山公園)

芸舞妓の奉納舞踊・八坂神社
(芸舞妓の奉納舞踊・八坂神社)

芸舞妓の奉納舞踊・八坂神社

芸舞妓の奉納舞踊・八坂神社

八坂神社では芸舞妓による奉納舞踊が行われていました。
すでに人でいっぱいです。
少し時間に遅れてしまったので、あまりいい場所を確保することはできません。

普段はなかなか見ることのできない舞妓さん。
その踊りがタダで見れるのですから、これはお得です。

観光客はものすごーい勢いでシャッターを押していました。
まるで芸能人が離婚発表する時の記者会見会場のようです。


円山公園
(円山公園)

ライトアップされた知恩院

知恩院もライトアップされていました。
普段は入場料が無料のこのお寺も、今日はお金をとります。


粟田大燈呂・八岐大蛇

知恩院の前には何やら大きなオブジェが。
これは粟田神社のお祭りで巡航される粟田大燈呂だそうです。
この「八岐大蛇」は水を支配する龍神だとか。


粟田大燈呂・合槌稲荷

こちらは「合槌稲荷」というそうです。
きつねの親子なんですね。
にわとりかと思いました。


CouchSurfing(カウチサーフィン):粟田大燈呂・スサノオノミコト

これは「スサノオノミコト」。
シはこれを「盗賊」と呼んでいました。
確かにそっちの方がしっくりくる気がします。

ドリは相変わらず変な顔をしてますね。


八坂の塔(法観寺)

夜空に浮かぶ八坂の塔。


京都・東山花灯路・2012

この東山花灯路は今年で10周年になるそうです。
知りませんでした。

京都に住んで20年になろうかというのに、この東山花灯路に来たのはこれが初めてです。
いったい今まで何をやってたんだろう。

カウチサーフィンをやってなかったら、おそらく一生知ることはなかったでしょう。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

Don't think.Just do it!

カウチサーフィン(チェコ共和国・レンカ)

今日は雨が降ると天気予報では言っていたので、とりあえず錦市場へと向かいました。

カウチサーフィン(チェコ、レンカ)、新京極の商店街にて。

カウチサーフィンをしていると、いろんな夫婦に出会うことができます。
この二人はかなり対照的な性格をしています。

レンカは錦市場が大いに気にいったようで、私にいろいろと質問してきます。
それに対して旦那さんは少々退屈気味。
どんどんと一人で先に歩いて行ってしまいます。

錦市場をあとにした我々は、錦天満宮に行きました。
その後祇園へと向かうのですが、新京極の商店街でもしばしば足を止めます。
私にはなんの変哲もない場所でも、彼らには新鮮にうつるようです。

町を歩く若い女性のファッションについて、レンカは苦言を呈します。

「なんで日本の女の子はあんなに短いスカートをはくの?
 私たちの国でそんな格好をしてたらトラブルに巻き込まれるわよ」

そういうレンカさんのスカートも十分短いような気がするんですが気のせいでしょうか。

カウチサーフィン(チェコ、レンカと旦那)、パチンコ屋にて。

パチンコにも興味津々の二人。
日本人がギャンブル好きだという事実がうまく飲み込めないようです。

レンカは顔をしかめます。

「こんなに煙たくてうるさい場所によく何時間もいられるわね」

ウチサーフィン(チェコ、レンカと旦那)、パチンコ屋にて2

パチンコ店の様子をビデオカメラに収める二人。
でも、店員さんに止められました。
もちろん私はすかさず他人のフリをしましたよ。


銀玉1ケースで数千円の現金と交換できる、
と私が説明すると、

「え?
 たったそれだけ?
 そんなはした金、ギャンブルとは言わないぞ」

と、レンカの旦那さん。

いったい彼は、普段どんな生活をしているんでしょうか。


レンカの希望で、うなぎ屋さんへと向かいます。
ロンリープラネットオススメのお店です。

しかし、情報は古くなっていたようです。
本に載っていた値段よりもかなり高い。

そこで急きょ予定を変更して安い定食屋に入りました。

レンカは几帳面な性格で、計画をたてるのが大好き。
旦那さんはそれとは正反対で、かなりズボラです。

むしろ、普通の観光を嫌います。
私が提案したコースをことごとく拒否。

観光コースをわざと外れて、
なんの面白味も無い路地を歩いて行ってしまいます。
しかもかなりの遠回り。

おかげで知恩院にたどり着いた時にはもう閉まっていました。
高台寺にも行けません。

残るは清水寺だけです。
二年坂、三年坂でもかなりウロウロしたので、
清水寺にはギリギリの時間に到着。

が、ここでも旦那さんのわがままが炸裂しました。

「中でタバコが吸えないんなら俺は行かない」

清水寺よりもタバコを選ぶとは・・・。


というわけで、清水寺へはレンカと私だけが行きました。



カメラのケースが欲しいという二人のリクエストに応えて、
京都駅前の家電量販店へ向かいます。

コンピュータ関係の仕事をしている旦那さんは、このお店がとても気にいったようです。
いったいこの人は京都へなにしに来たんでしょうか。

なんだかとても疲れた一日でした。


今日の格言:

「考えるな。
 とにかくやれ!」

(レンカの旦那さんの言葉)

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

彼女がメガネを外したら・・・

カウチサーフィンをしていると、不意に変な感覚に陥ることがある。
ハンガリー人カウチサーファー、アティラとエスツァーと一緒にいると、何とも言えないおかしな気分になる。

カウチサーフィン(ハンガリー、アティラ)、錦市場にて

ローカルフードが大好きなアティラとエスツァーのリクエストにより、今日は錦市場へ行くことに決定しました。
生のサーモンや貝柱のスティックを見つけて、興味津々のアティラ。
さっそくほおばっていました。

生の魚を敬遠するカウチサーファーが多い中、彼は特異な存在です。

カウチサーフィン(ハンガリー、エスツァー)、錦市場にて。

そんな旦那さんの姿をカメラに収めるエスツァー。
今日はメガネをはずしてのお出かけです。
実はなかなか美人だったんですね。
ちょっとドッキリしました。

カウチサーフィン(ハンガリー、エスツァー)、錦市場にて。

ミニサイズのたこを見つけて大喜びのエスツァー。

カウチサーフィン(ハンガリー、エスツァー)、錦市場にて。

漬物を試食中のエスツァー。
多くのカウチサーファーは漬物が苦手です。
それなのに彼らはボリボリと試食品を食べ漁ってます。

聞けば、ハンガリーにもいろんな漬物が存在するとのこと。
ただ、彼らの国にはたけのこの漬物は無いので、筍の漬物を重点的に試食してました。
でも、買う気はないようです。
お店の人、ごめんなさい。

カウチサーフィン(ハンガリー、アティラとエスツァーと私)、錦天満宮にて。

錦市場を出ると、そこには錦天満宮が。
彼らは好奇心旺盛で、新京極の商店街でのウインドウショッピングも楽しんでいました。

その後は、巽橋や祇園を見学。
けっこう気にいってくれたので良かったです。


今日は天気も良く、気温も高かったので、コンビニでお弁当を買って、円山公園でランチにすることにしました。
きれいな紫色をした藤棚の下にベンチを見つけた我々は、のんびりとお昼ごはんを食べます。

「最高のレストランね」

と、エスツァーは言います。
まさにその通り。

カウチサーフィン(ハンガリー、アティラとエスツァー)、コインの露天商にて。

八坂神社の境内で古銭を売っている露天商を発見。
彼ら曰く、その国のお金は最も良いお土産になるんだそうです。
腐らないし、かさばらないし、壊れにくいし。

確かにその通りですけど、私ならもっと実用的な物を選びます。

エスツァーの友人のオススメに従い、知恩院に行きます。
なぜか今日は鐘楼は見学禁止になっていました。

カウチサーフィン(私)、坂本竜馬と中岡慎太郎の像

坂本竜馬と中岡慎太郎の像の前で私の写真を撮ってもらいました。
彼らも私の真似をして記念撮影をしていました。
あんたたち日本の歴史なんて知らないだろう?

カウチサーフィン(ハンガリー、アティラとエスツァー)、墓地にて。

大谷祖廟にも行きました。
私にとってはなんの変哲もない普通の墓地が、彼らの目には新鮮に映るようです。

カウチサーフィン(ハンガリー、アティラとエスツァー)、八坂の塔

もう夕方の5時になってしまったので、高台寺と清水寺は断念しました。
その代わり、八坂の塔で写真をパチリ。

この後、伏見稲荷大社に向かい、なんとか日没までに千本鳥居を観光し終えました。
なかなか密度の濃い一日だったぞう。

夕食後は自由行動。
三人それぞれがこたつを囲んで、やりたいことをやってます。

アティラはユーチューブを見て笑ったり、友人とチャット。
エスツァーは私のパソコンに向かってなにやら文字を打ち込んでます。
私は読書。

ほとんど会話らしい会話も無く、沈黙が流れているのですが、
不思議と気まずさはありません。
まるで、長年の親友のような錯覚に陥ります。

昨日初めて会ったばかりなのに・・・。

今、アティラは大きないびきをかいて寝ています。
隣で寝ているエスツァーはよく平気だな。
これも夫婦の愛のなせるわざなのだろう。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。