カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒にゆかた、着よっ!

カウチサーフィン(台湾、ペギー):8月4日(木)

今日は私のキモい妄想です。

興味の無い方は読まないでください。

_________________________


カウチサーフィン(台湾、ペギー)、伏見稲荷の頂上で。ドイツ人の親子と。
(ペギー。伏見稲荷の頂上にて。ドイツ人の親子と):ペギーのFACEBOOKのアルバムより。


久しぶりにペギーとFACEBOOKでチャットした。

忙しかった仕事がひと段落して、
今日は、旅の写真などを整理していたのだそうだ。


その中で、私の浴衣の写真の話になった。

「マサト、この浴衣すっごく似合ってるじゃない。

 あのお店でレンタルしたの?」


いや、レンタルじゃない。

買ったんだ。


「えーっ、なんでーっ?

 祇園祭で着るために?」


いや、つい衝動買いで・・・


「じゃあ、今度私が京都に行ったら、

 一緒に浴衣を着て歩こうよ。

 約束よ!」



ははは、ペギー。

それ、聞きようによっては、

まるでデートのお誘いのように聞こえるぞ。



ペギーには、つきあっているボーイフレンドがいる。

それなのに、私と一緒に浴衣を着て京都の町を歩く?

私には理解しがたい感覚だ。

深刻に考えすぎなんだろうか。



それに、ペギーと私は年齢もかなり離れている。

そういうことは気にならないのだろうか。



カウチサーフィンって、ほんと、
なんでもありの世界だな。



ペギーって誰?

という人は、

以下のページを読んでください。

カウチサーフィン(台湾、ペギー)

状況によるわね

スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

マリアとソレ(浴衣で清水寺と伏見稲荷)

カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ):8月1日(月)

カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ)と私。清水の舞台にて。

ついにやってきました、清水寺。

清水寺がこんなにも遠いとは。

普段ならどうということのない距離なのですが、今日は勝手が違います。


あまりの猛暑のためバテバテ。

それに加え、3人とも慣れない浴衣と着物、それに草履。

動きにくいったらありゃしません。


清水寺の風鈴と短冊

清水寺の境内には風鈴や短冊が飾られていました。

七夕祭りの準備でしょうか。

日本らしくていいですね。

マリアは熱心に写真を撮ってます。


カウチサーフィン(スペイン、ソレ)、清水の舞台にて。

物静かにたたずむソレ。

なかなか貫録があります。

着物姿も板についてきました。


後で聞いた話ですが、
帯の締め付けがきつすぎて、
ソレはろくに息ができない状態だったそうです。

彼女にとっての京都での着物体験が
いやな思い出にならなければいいんだけど・・・。

カウチサーフィン(スペイン)、マリアとソレと私。清水の舞台にて。

清水の舞台を背景に記念撮影。

あまりの暑さのせいか、
人影もまばらです。


カウチサーフィン(スペイン)、ソフトクリームを食べるソレ

清水寺観光を終え、
ホッと一息。

彼女たちがソフトクリームをおごってくれました。


カウチサーフィン(スペイン)、ソフトクリームを食べるマリアとソレ

カメラを向けると陽気にほほ笑んでくれるマリアとソレ。


この後、二年坂、三年坂を通って東大路通りへ向かいます。

そしていよいよ、
本日の最終目的地、伏見稲荷です。


カウチサーフィン(スペイン)、マリアとソレと私。伏見稲荷にて。

この伏見稲荷でも、
マリアの厚顔無恥ぶりが発揮されました。


写真撮影のベストポジションを求めて、
あちこちウロウロとさすらいます。


彼女は特に千本鳥居が気にいったようで、熱心に写真を撮っています。

それはいいのですが、
このせまい通路の中、
マリアが写真撮影のためにたびたび立ち止まるものだから、
後ろには長い行列ができています。

後ろの人は、かなりイライラしていたことでしょう。

しかし、そんなことにはおかまいなく、
自分の気にいった写真が撮れるまで、
何度も何度もカメラを構えなおすマリア。

彼女の心臓は、いったい何でできているのでしょうか。


彼女はけっして非常識な人間ではないのですが、
ときどき私をハラハラさせる行動をとります。


ま、マリアのそんなところに惚れたんですけどね。


カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ)、伏見稲荷大社にて。

仲良しぶりを発揮するマリアとソレ。

二人はこの場所がえらく気にいったらしく、
何枚も写真を撮っていました。


いつもは私は蚊に刺されることはないのですが、
今日は浴衣に下駄。

スキだらけです。

蚊のかっこうの餌食になってしまいました。


早く写真撮影を終わらせてくれないかなあ。

何か所も蚊にかまれて、かゆくてしかたありません。

しかし彼女たちにとっては、
これが伏見稲荷を訪れる最後の機会かもしれません。

気の済むまで、思う存分、写真を撮らせてあげねば。


伏見稲荷大社はかなり巨大。
一つの山すべてが境内です。

しかし、体力と気力の限界に達していた我々は、
これ以上進むことは難しそうです。
途中でで引き返すことにしました。


それでも、「着物を着て、伏見稲荷の鳥居で記念撮影」

という目的は十分果たせたため、マリアもソレも満足そうです。


今思えば、
ペギーは偉大だった。

着物を着て、この伏見稲荷の全コースを制覇したのだから。


浴衣のレンタルショップで着物を脱いだソレとマリアは大はしゃぎ。

「やっと息ができる!」

「私、走れるわっ!」

着物と浴衣という呪縛から解放されて、
とてもうれしそうです。


でも、私はまだ浴衣と下駄のまま。

これはレンタルではないので、
家に帰るまでこの恰好です。

一人だけ浴衣姿っていうのも恥ずかしいものです。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

スペイン娘と浴衣と着物

カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ):8月1日(月)

カウチサーフィン(スペイン、マリア)と私。浴衣の着付け中

今日はマリアとソレと一緒に浴衣を着て京都の街を歩きます。


先日、マリアは彼女のお父さんへのプレゼントとして浴衣を買いました。

その時、帯の結び方を店員さんから教わっていたので、
私の浴衣の着付けをしてもらいました。

カウチサーフィン(スペイン、マリア)と私。浴衣の着付け中・その2

スペイン人の女性に浴衣を着せてもらう日本人なんて珍しいですよね。

面白い経験をさせてもらいました。

カウチサーフィンならではですよね。

カウチサーフィン(スペイン、マリア)と私。浴衣の着付け中・その3

それにしても、
一発で帯の結び方を覚えてしまうとは、
マリアはなかなか頭がいいようです。


準備を整えた我々は、
バスに乗って京都駅に向かいます。


浴衣を着ているのは私だけ。

しかもあとの二人はスペイン人。

なんて変てこな組み合わせなんだ。

気のせいか、みんながこちらをちらちらと見てるような気がします。

恥ずかしい・・・


浴衣のレンタルショップに行く前に、
我々にはやらねばならないことがたくさんあります。


「ジブリ美術館」のチケットの購入、ユーロを円に交換、

そして、JRパスの手続き。


ところが彼女たちは行き先をまだ決めていなかったらしく、
JRの受付の人に目的地を相談しています。


なんか勘違いしてるぞ。

その人はコンシェルジュじゃないし、
ここは観光案内所じゃないぞ。

切符売り場だ。


最初のうちは、係の人も親切に応対してくれていたのですが、
だんだんと業を煮やしてきたようです。

それに、マリアたちの後ろには長い行列が・・・


ついに切符売り場の女性は、

「行き先が決まってからもう一度ここへ来てください。

 後ろがつかえてますから。

 はい、次の人どうぞ!」

とマリアとソレに引導を渡した。



ソレと私は、すごすごとチケット売り場を離れた。

が、マリアがついてこない!


なんと、彼女はさらに窓口で粘っているではないか!

後ろに並んでいる他の客はキレ始めている。


それなのにマリアはおかまいなしに、

「ああでもない、こうでもない。

 あ、でも北海道もいいかも!」

とか言っている。


どんだけ面の皮が厚いんだよ、お前は!

私は肝の据わった女性が好きです。

あらためてマリアに惚れなおしました。

カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ)、浴衣のレンタルショップ前にて。

そういうわけで、浴衣のレンタルショップの予約時間には大幅に遅れました。

ごめんなさい、お店の人。


ところが、ここでも問題が発生。


マリアとソレは、
日本人女性に比べて背が高い。

彼女たちに合うサイズの浴衣は限られてくるのだ。


それに加えて、ソレには横幅もある。

ココだけの話、かなりの巨乳だ。


だから、普通のサイズの浴衣だと、
胸元がはだけてしまい、
帯が締められないのだとか。


そのことをソレに伝えると、
ムッとしていた。

「それ、私がデブだってこと?」

説明の仕方がマズかったかな。


結局、ソレは浴衣を断念し、
着物の中から選んでいました。


カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ)、八坂の塔にて。

なんとか着付けを終えたマリアとソレ。

初めての浴衣と着物に喜んでいます。

やはり彼女たちも女の子なんだなあ。


まずは八坂の塔で記念撮影。


カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ)、八坂の塔にて・その2

「ねえ、マサト。

 なんだか、みんな、私たちのことを見てるような気がするんだけど。

 この浴衣姿、おかしい?」


と、マリアとソレが不安そうに尋ねます。


いえいえ。

とても似合ってますよ。


どうやら彼女たちは、初めての浴衣にナーバスになっているようです。


どうかみなさんは、
町でガイジンが浴衣を着ているのを見かけても、
あまりジロジロと見ないでやってください。



カウチサーフィン(スペイン、マリアとソレ)、ベネズエラ人の舞妓さんと

八坂の塔を過ぎ、
三年坂の方へと歩いていると、
前から舞妓さんがやってきます。


チャーンスッ!

すかさずマリアが舞妓さんに写真撮影を申し込みます。


でも、この舞妓さんはベネズエラ人の観光客であることが判明。

彼女たち3人はスペイン語でキャアキャアとしゃべり始めました。


なんだかとても楽しそうです。

私も会話に参加したかったです。

これはスペイン語を勉強せねば。


京都の三年坂で、
舞妓さんの衣装を着たベネズエラ人と、
着物を着たスペイン人と、
浴衣を着たスペイン人とが、
スペイン語でおしゃべりをする。

その隣には、浴衣を着た日本人が所在無げにたたずんでいる。

なかなかおもしろい光景でした。


カウチサーフィン(スペイン、マリア)、清水寺の門前にて

やっと清水寺に到着。

カウチサーフィン(スペイン、ソレ)、清水寺の門前にて。

着物と大型カメラって似合わないよなあ。

カウチサーフィン(スペイン、マリア)、清水寺の門前にて・その2

カウチサーフィン(スペイン、ソレ)、清水寺の門前にて・その2

ひとしきり写真を撮り終えた後、
彼女たちは

「じゃあ、帰ろっか」

と言います。


どうやら、ここが清水寺だと勘違いしていたようです。


違いますよ。

清水寺はまだこれからです。



続く



テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

浴衣で祇園祭の宵山

カウチサーフィン(香港、クマ)、(フランス、オードリー)

7月16日(土) 祇園祭の宵山

カウチサーフィン(香港、クマ)、安井金比羅宮

今日のメインイベントは祇園祭の宵山と清水寺。

でも、その前に、時間の許す限り浴衣の似合う場所を訪れたい。

というわけで、安井金比羅宮に来ました。


ここの縁切り縁結び碑は、
表からくぐると悪縁が切れ、
裏からくぐると良縁が訪れる。

そう説明すると、クマは喜んで裏からくぐってました。

もしかして彼氏いないのかな。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、安井金比羅宮

クマに続いてオードリーも。

オードリー、お前もか。

私。安井金比羅宮にて。

そして私も。

本当は私はこんなことしたくなかったんです。

周りの人がみんな見てるし。


でも、クマがやれ、やれ、とうるさかったものでつい。

彼女の頼みは断れません。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、三年坂

二年坂、三年坂で転ぶと、
寿命が2年、3年縮むぞ、
と説明すると、

「人生は長いっ!」

という、わけのわからないコメントが返ってきました。

カウチサーフィン(香港、クマ)、三年坂

本来ならこの場所は、浴衣で記念撮影するにはぴったりな場所なんですが、
あまりにも人が多すぎて、写真どころではありませんでした。

おそるべし、祇園祭り。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、私と。清水寺にて

清水寺にて。

オードリーと一緒に写真を撮ると、
うれしいことに、なんだか私の身長が高く見えます。

カウチサーフィン(香港、クマ)、私と。清水寺にて。

なかなかお似合いのカップルみたいに見えるでしょ。

こんなことを言うと、クマに殴られそうですが。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、(香港、クマ)、清水の舞台にて。

もちろん清水の舞台の上も人がいっぱい。

満足な写真など撮れるわけがありません。

残念。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、と私。後ろ姿。

慣れない下駄に、靴ずれ。

この時、私はかなり疲れていました。

足を引きずるようにして歩いているのがわかるでしょうか。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、(香港、クマ)、清水寺にて。

それに比べてこの二人は疲れを知りません。

若いっていいな。

つくづくそう思いました。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、(香港、クマ)、と私。清水の舞台を背景に

清水の舞台をバックに、3人で記念撮影。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、音羽の滝の妖精

清水寺の音羽の滝で水を汲むオードリー。


ところで、オードリーの右下に妖精がいるのが見えるでしょうか。

清水寺の妖精は金髪で、メガネをかけてるんですね。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)と私。音羽の滝にて。

音羽の滝にて。

いつもはカウチサーファーが水を汲むところを私が写真を撮ってあげるのですが、
今日は浴衣を着ているので特別です。

わざわざ列に並んで水を飲みました。

私の後ろにいる変な生き物は無視してください。

幻です。


カウチサーフィン(香港、クマ)、音羽の滝にて。

列に並ばずに、私から柄杓を受け取って水を汲むクマ。

それは反則だな。


クマは不思議な魅力を持ってます。

彼女が何をしても許されてしまいます。


私の哀愁漂う背中。

背中に哀愁を漂わせながら歩く私。

クマは何を思ってこんな写真を撮ったのだろう。

祇園祭、芸者さんの踊り

おっと忘れていた。

今日は祇園祭の宵山だった。

そこで、祇園祭らしい写真も一枚。


舞妓さんの踊りです。

いかにもやる気なさそうなところがいいでしょ。


彼女たちはいったい、どんなことを思いながら舞を舞っていたのでしょうか。


祇園祭宵山

そして祇園祭のハイライト、山鉾です。


それにしても見てください、この人だかり。

この暑い最中、いったい彼らは何ゆえにこんな人混みの中へ飛び込んでくるのでしょうか。

私もその中の一人なのですが。



テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

浴衣で祇園祭

カウチサーフィン(香港、クマ)、(フランス、オードリー)

7月16日(土)

カウチサーフィン(香港、クマ)、(フランス、オードリー)、阪急電車の中の一コマ

今日は祇園祭の宵山。

浴衣を買うために、まずは阪急電車に乗って四条烏丸へと向かいます。


昨日会ったばかりだというのに、
すでに仲良しモードの二人。

なかなか異色の組み合わせだとは思いませんか。

こういう光景も、カウチサーフィンならではですよね。


カウチサーフィン(香港、クマ)、浴衣を着て、私と。

浴衣の着付けを終えた我々は、さっそく記念の写真を一枚。

レンタルじゃないですよ。

二人とも買い取りました。

クマのは4900円。

私のは7400円。

浴衣は男物の方が高いんですね。

意外でした。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、浴衣を着た私と

残念ながらオードリーは浴衣を着ませんでした。

見たかったなあ、オードリーの浴衣姿。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、祇園祭の山鉾と

さすがに今日は祇園祭の宵山です。

まだ昼間ですが、すでに四条通は人混みがものすごいことになってます。

カウチサーフィン(香港、クマ)、祇園祭の山鉾と

浴衣と祇園祭って似合いますよね。

特に、着ている人が美人だとなおさら風情があります。

カウチサーフィン(フランス)、錦市場で漬物を漁るオードリー

漬物が大好物だというオードリー。

真剣なまなざしで無料サンプルをポリポリと食べ比べてます。

もしかしたら、彼女の今日の一番の目的は祇園祭ではなく、錦市場だったのかもしれません。

それにしても、日本の漬物とフランス人のオードリーの組み合わせは、
かなり違和感を覚えます。

カウチサーフィン(フランス、オードリー)、錦天満宮にて

錦天満宮にて。

私の足に注目。

なんとなく足元が不安定になってるのがわかるでしょうか。

このときすでに、下駄の鼻緒がスレて、靴ずれができていたのです。

歩きにくいったらありゃしない。

カウチサーフィン(香港、クマ)、錦天満宮にて

同じく錦天満宮にて。

浴衣と神社の組み合わせって絵になりますよね。

まあ、きれいなクマはなにをしても似合うのですが。

カウチサーフィン(香港、クマ)、祇園白川の巽橋にて

クマ。

祇園白川の巽橋にて。

ここは芸者さんや舞妓さんで有名な場所ですが、
浴衣もよく似合います。


カウチサーフィン(フランス、オードリー)、祇園白川の巽橋にて

同じく祇園白川の巽橋にて。

ここはこれまでに何度も他のカウチサーファーと訪れた場所ですが、
浴衣を着てると雰囲気が違います。

なんだか景色が新鮮に見えます。


この日はまだまだいっぱい写真を撮ったのですが、
もう眠いので今日はこのへんで。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。