カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

お前らに言われたかーねーよ

イヴとミッシェル(ベルギー)とCouchSurfing(カウチサーフィン)

CouchSurfing(イヴとミッシェル・ベルギー)

台所で料理中のイヴとミッシェル。


カウチサーフィン(食事中の風景。)

CRIES 'N WHISPERS 号

彼らの所有するボート、「CRIES 'N WHISPERS 号」


CouchSurfing(最後の一枚。)

バリ島のキャンディー

イヴとミッシェルのくれたおみやげ、バリ島のキャンディー。


_________________________________


今回のカウチサーフィンはベルギー人カウチサーファー、イヴとミッシェルです。
彼らはなかなか強烈な個性の持ち主。
なんと、旅を続けてすでに5年以上にもなるんですね。

しかも、最初の4年半は自分たちのヨットで旅行していました。
ヨーロッパからカリブ海、南米を経てニュージーランド、オーストラリアまで。

また、彼らのヨットの名前もシャレてます。
その名も「CRIES 'N WHISPERS 号」。

海の風を受けた帆が、ある時には泣いているような、
またある時にはささやいているような音を奏でるからだそうです。


時には1カ月近く陸地に上がらなかったこともあるとか。

もちろん、彼らの航海は楽しいことばかりではありません。
海賊には常に気を配っていなければならないし、
巨大イカに遭遇したこともあります。


イヴはミッシェルのよき理解者ですが、さすがにもうこれ以上彼の道楽にはつきあいきれないということで、
現在は飛行機に乗って普通に旅行をしています。

ということで「CRIES 'N WHISPERS 号」はオーストラリアでお留守番。



カリブ海ではクルーズ船の船長をして小銭を稼いでいたこともあるミッシェルなのですが、
彼の本職は建築家。

以前彼らの住んでいたベルギーのゲントはその筋では有名な場所なんだそうです。
しかし、彼らは現在、インドネシアのバリに建築事務所を構えることを計画中。

ヨーロッパと比べて、バリは建築コストが安いので、彼らの作りたい建物を自由に設計できるからだとか。



夫婦そろって建築家であるイヴとミッシェルは、普通の観光客とは違います。
京都にはすでに2週間くらい滞在しています。
嵐山観光に3日間も費やしたカウチサーファーは過去にはいません。

日本の伝統的な建築方法をじっくりと観察したいから、
必然的にそのようなペースになるんだそうです。



彼らは毎晩私の家の台所で夕食を作ります。
それも、近所のスーパーで野菜をどっさりと買いこんできて、
かなり本格的な料理を作ってくれます。

旅行中くらい外食してのんびり過ごせばいいのに、と思うのですが、
彼らはまったく自炊することを厭いません。

大海原の上にはレストランもコンビニもないので、
毎日自炊するのが彼らのライフスタイルになってしまっているんですね。



私は現在、東南アジアを旅行する計画を立てているのですが、
インドネシアに1週間、そのうちバリ島には3日間滞在するつもりだ、と彼らに言ったところ、
鼻で笑われてしまいました。

「3日間なんて話にならんね。
 1か月を過ぎたころからようやく本当のバリが見えてくるんだ。

 東南アジアにたった2カ月?
 なんでそんなにせかせかするんだ?
 数年かけて、もっとのんびりしろよ。」

私の年齢で2カ月間も旅行する日本人はそうはいないと思うぞ。
そりゃあ数年単位で旅行できればそれに越したことはないとは思うが、
現実問題としてなかなか難しい。

何年間も海の上で自由気ままに暮らしてきた彼らは、どうやら俗世の感覚からはズレてしまっているらしい。



彼らはとてもフレンドリーなのですが、たまにフレンドリー過ぎて人の心の中に土足であがりこんでくることもあります。
音も立てずにこっそりと。


「マサトもいい歳なんだから、そろそろ嫁さん見つけて落ちつけよ。
 いつまでもフラフラして、旅行ばかりしてたらダメだぞ。」

なんかさっき言ってたことと矛盾してないかい?

スポンサーサイト



テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

シモン(ベルギー)

シモン(ベルギー)とCouchSurfing(カウチサーフィン)

CouchSurfing(カウチサーフィン)(シモン、ベルギー)

最近立て続けに親日的なヨーロッパ人が家に泊まりにきている。
わざわざ日本に旅行に来るくらいだから彼らが日本に対して好意を持っているのは当然と言えば当然なのだが、
それにしても彼らの「日本大好き」さは度を越している。
もちろん、日本人の私にはうれしいことなのだが。


シモンが最初に電話をかけてきた時、受話器からは流暢な日本語が聞こえてきた。
もともと彼はベルギーで日本語を習っていた。
大学での専攻は「アジア学」。
日本の歴史や文化については私よりも詳しい。

「○○寺ってたしか明治天皇ゆかりのお寺ですよね」
「えーっ!建仁寺って祇園の隣にあるんだー。ここは曹洞宗にとってとても大切なお寺なんだよね」

なんだ?
シモン、自分の知識を自慢してるのか?


彼は京都に来る前に東京で3カ月間ほど暮らしている。
だから彼の日本語は教科書的ではなく、とても自然だ。

「スゴイ!」
「ホントニー? マジデ?」

シモンは故郷に帰ったら日本語の教師になりたいそうだが、
生徒にどんな日本語を教えるつもりなのだろう。
心配になって来た。


シモンも空手を習っていて、碁もたしなむという。
今朝まで家にいたヤレクの事を話したらとても会いたがっていた。
ポーランド人のヤレクとベルギー人のシモンが碁の対局をしているところを想像すると
思わずニヤけてしまう。


シモンはベルギーのゲントからやって来た。
私はブルージュに行ったことがある、という話をしたら、ブルージュとゲントの写真を見せてくれた。
ブルージュとゲントはすぐ近くなのだ。
彼の写真を見ているうちに、またヨーロッパに行きたくなってきた。


翌朝、目が覚めると雪が積もっていた。
シモンはそわそわして落ち着きがない。
雪に覆われた銀閣寺の写真を撮りたいのだとか。

「ごめん、マサト。
 雪が溶ける前に写真を撮りたいから、僕はもう行くよ。」

そう言ってさっさと出発してしまった。



シモンが私の家に泊まったのは1泊だけ。
それでも彼はすぐにカウチサーフィンのサイトにレファレンスを書いてくれた。
それを読むと
「マサトってどんだけすごい奴なんだよっ!」
とツッコミたくなるような内容だ。

ほめてくれるのはうれしいのだが、ちょっと恥ずかしいぞ。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

ベルギー ブリュッセル ブリュージュ

ピーター・キャロライン夫妻とカウチサーフィン:ベルギー・ブリュッセル

カウチサーフィン(ピーター、ブリュッセル・ベルギー)、彼の家の近くの公園にて。

ベルギー・ブリュッセルでの私のホスト、ピーター。
彼は、いかにも「ヨーロッパ人ですっ!」といった感じの彫りの深い顔立ちをしている。

ピーターの家は公園の近くのとても静かな場所にある。


小便小僧

ベルギー名物の小便小僧。
写真を見てもらえばわかると思うが、とても小さい。

ピーターが曰く、「なんでこんな小さな像を観るために、わざわざ世界中から観光客が集まってくるのかわからない」そうだ。

それでもせっかくブリュッセルまで来たんだ。
一緒に写真を撮らないわけにはいかない。


カウチサーフィン(ピーターとキャロライン、ベルギー・ブリュッセル)、グランプラスにて。

ピーターとキャロライン。グランプラスにて。

キャロラインはとても背が高く、まるでモデルのよう。
美人なのだが、あまりにもきれい過ぎて怖い。
声も低いし。


私。ブリュッセルのグランプラスにて。

私。ブリュッセルのグランプラスにて。

この街はあまりにも美しすぎる。
男一人で来るのはもったいない。
今度来る時は絶対に女の子と一緒に来よう。


ベルギーの名物料理・ムール貝、フリッツ、ビール

ベルギーの名物料理と言えばこれ!
ムール貝、フリッツ(フライドポテト)、そしてビール。

カウチサーフィンで宿代が浮いた分は食事に回す。

最初のうちは豪華料理に大喜びしていたのだが、
鍋いっぱいのムール貝をひたすら食べるのはけっこう大変だった。

キャロラインは大柄な女性なので、ペロリとたいらげていた。
どうやら彼女は「ダイエット」という言葉を知らないらしい。


カウチサーフィン(ベルギー・ブリュッセル、ピーター)、2軒目のバーにて。

キャロラインとピーターはもう一軒、バーに連れて行ってくれた。
ここでさらに異なる種類のビールを飲む。
ベルギーには数えきれないくらいのビールが存在するのだ。
だが、酒に強くない私は残してしまった。
もったいない。


カウチサーフィン(キャロライン、ベルギー・ブリュッセル)、巨大な植木鉢のオブジェ。

ブリュッセルの市内には巨大な植木鉢のオブジェがあった。
大柄なキャロラインが小さく見えるのだから、相当な大きさだ。


カウチサーフィン(ピーター・キャロライン夫妻)、ベルギーのブリュッセルにて。

ピーターとキャロライン夫妻は、日本から来た私をとても歓迎してくれた。
こんなにいい人たちだと知っていたら、もっと長くブリュッセルにとどまる計画を立てたのに・・・。
一泊だけなんて、あまりにももったいなさ過ぎる。


早朝のグランプラス

早朝のグランプラスにて。
観光客はいなかったが、その代わりゴミ収集車が何台も走り回っていて、轢き殺されそうになった。


ベルギー名物のワッフル

ベルギー名物のワッフルを食べる私。
ピーターの進言により、もっともシンプルなのを選んだ。
でも、なんか物足りない。
今度は生クリームたっぷりのを注文することにしよう。


ブリュージュ

ブリュージュにて。
この日は天気に恵まれ、とても気持ちが良かった。

街のあちこちに運河が張り巡らされているので、ボートで観光する方がいいのかもしれない。
私にはそんなお金はなかったが。


ブリュージュ

ブリュージュでは大勢の日本人旅行者を見かけました。


ブリュージュ

この街がとても気にいりました。
今度はもっとゆったりとしたスケジュールでのんびりとしよう。
もちろん、女の子と一緒に!

_____________________________


ブリュッセル、ベルギーでカウチサーフィン。


ユーロスターはベルギーのブリュッセル駅に止まった。
ここでのホスト、ピーターとは3:30に待ち合わせだ。
駅は広く、フランス語とおぼしき標識が多く、ちょっと面食らう。
英語の表記にさえ戸惑っているのに、フランス語の標識なんてわかるわけがない。

とりあえずトイレのありかはわかった。
が、ここも有料。
ブリュッセル、お前もか。
トイレくらい気楽に行かせてくれよ。

そうこうしているうちにピーターが現れた。
よくしゃべる、とても陽気な男だ。
電車に乗って彼の家に向かう。
本当は日が暮れるまで、グランプラスや小便小僧を見学したかったのだが、彼に従うほかない。
このあたりがカウチサーフィンの不便な点だ。
ホストの生活パターンに合わせなければならない。

ピーターの家はのどかな公園を抜けた所にあった。
とても落ち着いた、中世ヨーロッパを彷彿させる街だ。

家では彼の妻、キャロラインと三匹の猫たちが私を迎えてくれた。

夜にブリュッセルの街を案内してくれるという。

彼らの車で街に繰り出した。
話には聞いていたが、想像以上に美しい街だ。
彼らは車であちこち連れ回してくれる。
地元の人間が車で案内してくれるのだから、これ以上の観光ガイドはない。
カウチサーフィンさまさまだ。

グランプラス、小便小僧、市庁舎などをひとしきり見て回った後、食事にした。

ベルギーの地元の料理が食べたい、との私のリクエストを汲んでくれて、少し高そうなレストランに入った。
たまには
ぜいたくもいいだろう。

ベルギーのビールを何種類かと、フリッツ、貝の料理を注文した。
メニューはフランス語で書かれているので、私一人では絶対にここには来れないだろうな、と思った。

キャロラインは驚くほどよく食べる。
だからこんなにデカくなったのだろう。

ここの支払いは私がもった。
85ユーロは少し痛いが、素晴らしい体験をさせてもらったのだ。
安いもんだろう。

レストランの後はもう一軒バーをハシゴした。
ここではまた別のビールを頼む。
アルコールにあまり強くない私はビールを残してしまった。
もったいない。

夜風にあたりながら、ブリュッセルの街を散歩する。
この街は本当に美しい。
明日明るいうちにもう一度来よう。

私にはあてがわれた部屋はとても豪華。
これはもはやカウチなんかじゃない。
ただ、三匹の猫たちとの共用だが。

キャロラインは大学に行かなければならないので、次の朝は6時に起きた。
車で駅まで送ってくれるという。
親切が身に染みる。

しかも、ピーターが再びブリュッセルの街を案内してくれた。
彼は朝が苦手だというのに。

早朝の、観光客がまだいない時間帯に主な場所を見て回った。
彼の案内がなければ、これほど短時間のうちに効率よく回ることは不可能だったろう。
カウチサーフィンの本領発揮だ。

ただ、あまりにも朝が早すぎて、グランプラスの周辺はゴミ収集車だらけだったのには閉口したが。

ピーターはまた、ワッフルの美味しい店にも連れて行ってくれた。
彼曰く、観光客が食べるようなクリームやフルーツたっぷりのやつは本物のワッフルではないそうだ。
というわけで、もっともシンプルな、「本物の」ワッフルを注文した。
2・5ユーロ。
おいしかった。
が、私には観光客仕様のワッフルの方がよかったかもしれない。
ちょっと淡白すぎた。

ピーターは私をブルージュ行きの電車乗り場まで連れて行ってくれた。
ブリュッセルにはたくさんの駅があり、プラットフォームの数も多い。
彼の案内がなければ、かなりとまどったにちがいない。
本当に彼には良くしてもらった。
なんとかして恩返しをしたいものだ。

さあ、次はブリュージュだ。

ほとんどの乗客はブリュージュで降りた。
いよいよだ。
ここは楽しめそうな予感がする。
天気も良くなって来た。
ついてる。

地図は持っていたのだが必要なかった。
みんながいく方へ歩いて行けば自動的にたどり着ける。

思わず息を飲んだ。
美しい。
さすがは人気の観光地だけある。

噂通り、街全体が美しい。意味もなく写真を撮りまくった。

鐘楼を背景に写真を撮ってもらおうと頼んだら、日本人だった。
私のカメラ の表示を見て、その人も私が日本人だと気づいたらしい。
「日本人ですか?」と聞かれてしまった。

その他にも、何組もの日本人旅行者をここでは見かけた。

この街はあまりにも美しい。
男一人では決して来てはいけない場所だ。
急にさみしくなった。

そうだ、ペギーに絵葉書を書こう。
さっそく絵葉書を購入して、ブリュージュのポストから投函した。

ガイドブックで見る限りではこの街はとても小さい。
だが、一日中歩いても飽きることはない。
じっくりと滞在したい街だ。
今度は来る時はもっとゆっくりとしよう。
もちろん女の子と一緒に。

結局街をグルっと一周してしまった。
バックパックをロッカーに預けておいて正解だった。
名残惜しいが、ブリュッセルに帰ることにしよう。

帰りは道に迷ってしまった。
30分くらいは時間をロスしただろうか。

異国にいると、勘に頼ることは危険だ、ということを学んだ。

メールをチェックすると、アムステルダムのホストからカウチリクエストの拒否通知が数件来ていた。
焦る。
次のカウチリクエストを出さねば。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

蹴っ飛ばしてやったわ

カウチサーフィンを取り巻く人間模様は面白い。
アメリカからやって来たカウチサーファー、スコットも加わって、
私の家はまさに混沌たるカオス状態だ。

カウチサーフィン(ニュージーランド、リリィー)、ゴディヴァのチョコレート

今、私の家には、ニュージーランドから来ているカウチサーファー、リリィーが泊まっている。
彼女はなかなか律儀で、一宿一飯の恩義は忘れない。
姉御肌タイプの女性だ。

彼女は今日は一人でお出かけ。
博物館で法然上人の展示を見る予定だったのだが、説明は全て日本語表記だというので断念したらしい。
天気もそんなに良くなかったので、河原町周辺でショッピングを楽しんだそうだ。

そして彼女はお土産にゴディヴァのチョコレートを買ってきてくれました。
ベルギーに4年半住んでいた彼女にとって、このゴディヴァは思い入れのあるお店なんだそうです。

カウチサーフィン(ニュージーランド、リリィー)、ゴディヴァのチョコレート

甘いものが大好きな私にとって、これ以上のプレゼントはありません。

そして今日もリリィーは夕食にパスタを作ってくれました。

カウチサーフィン(アメリカ、スコット)、我が家にて。

今日から新しいカウチサーファー、スコットが我々の仲間に加わることになります。
アメリカ人である彼の英語はわかりやすくはあるのですが、スピードが速い。
会話についていくのに苦労します。

そして案の定、リリィーとスコットが話し出すと、もう私が会話に入り込む余地はありません。
恐るべし、ネイティブ・スピーカー。

ところがリリィーさんは、あまりこのスコットのことが好きではないようです。
彼女に言わせると、彼はただの「フリー・ローダー」だそうです。

カウチサーフィンは、単なる無償の宿の提供サービスではありません。
互いの国の文化の交流がメインのはずです。

今、日本でもカウチサーフィンの認知度が高まってきています。

でも、なかにはこんな体験談も見受けられます。

「宿泊費がタダで海外旅行ができた!」
「とてもリッチな家に泊めてもらって、豪華な食事にありつけた!」

カウチサーファーのなかには、こういう考え方の人間をとても嫌う人もいます。
私もそうです。

人にたかるばかりで、自分は何も提供しない、
そういう人間は「フリー・ローダー」と呼ばれ、忌み嫌われます。
これからカウチサーフィンを利用しようとしている人は、くれぐれも注意してください。

そして、このスコット。
我々の提供する食事は残さず食べます。
でも、我々と積極的に会話しようという気はないようです。
ずーっとパソコンをいじってます。
もちろん私のパソコンです。

業を煮やしたリリィーさんは、2日目の朝からは彼に朝食を作ってあげることを止めました。

さらにこのスコットは、夜中まで電気をつけてゴソゴソとしています。
やっと寝たと思ったら、今度は大いびき!

キレたリリィーさんは、とうとう過激な行動に出ました。

カウチサーフィン(ニュージーランド、リリィー)、うどん屋にて。


「あまりにうるさかったから、

  蹴っ飛ばしてやったわっ!  

これに懲りたのか、スコットは翌朝旅立って行きました。
ああ、あわれなスコット。
神の御加護があらんことを。

私も寝てる時にいびきをかかないように気をつけねば。
リリィーお姉さまに蹴られたくはありませんから。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 ドイツ オーストラリア 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ ロシア チェコ インドネシア カンボジア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 鞍馬 哲学の道 二条城 錦市場 知恩院 ポーランド 奈良 オランダ マレーシア 天龍寺 ヨーロッパ ブラジル 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 コロンビア モンキーパーク 大阪 スロバキア 東京 祇園祭 デンマーク 先斗町 フィンランド 高台寺 イスラエル 下賀茂神社 ロンドン 広島 貴船 フェイスブック FACEBOOK セルビア 鵜飼い キティ 法輪寺 ギリシャ 宇治 竜安寺 八坂神社 地主神社 ポルトガル 三十三間堂 ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 ラテン メキシコ 南禅寺 スカイプ 御所 北野天満宮 ペギー 危険 舞妓 台北 ノルウェー モルドヴァ facebook 浴衣 居酒屋 ウーファー ベルギー 河原町 ヒッチハイク ネパール フィリピン スイス パリ 渡月橋 アイルランド アジア オーストリア クリスティアーノ マケドニア 野々宮神社 エストニア カウチリクエスト 神泉苑 まんがミュージアム 巽橋 二年坂 ウーフィン 東南アジア 貴船神社 円山公園 松尾大社 Surfing Couch スキューバダイビング 沖縄 バス ラーメン 桂川 上海 平安神宮 セバスティアン ミリアム エメリック アレクシィス ヴァージニィー 本願寺 スウェーデン リンガ ベオ テリヤ 芸者 メノルカ お好み焼き 五山の送り火 春日大社 川床 アフリカ 映画村 水占い マダガスカル 木屋町 ロンリープラネット ミャンマー 神戸 山鉾 上賀茂神社 大文字焼き 比叡山 流しそうめん 着物 マヨルカ スコットランド 二尊院 世界一周 紅葉 モロッコ 大覚寺 伏見 ベジタリアン 北海道 旅行 バックパッカー 鎌倉 叡山電車 チリ 桂離宮 安井金比羅宮 大徳寺 今宮神社 トトロ 太秦 興聖寺 プリクラ ベルファスト ブリュッセル ルクセンブルグ ダブリン クラリッサ セックス ロアルド アストリッド アーサー キャロライナ 沿ドニエストル共和国 マリア 高山 ラオス スロヴァキア ジェニー 安井金毘羅宮 事件 クセニア トルコ 東大寺 秋葉原 スロベニア セネガル リベリア ユーロスター ジブリ 錦天満宮 竹林 恋占いの石 エマ 地蔵院 レファレンス 西芳寺 厳島神社 鈴虫寺 グアテマラ エジプト 信楽 ホンジュラス 滋賀 葵祭 ビートルズ 三船祭 南座 ニューオリンズ 九州 大文字 四国 ユダヤ ボルネオ 長野 琵琶湖 タスマニア 壬生寺 法然院 綾部 常寂光寺 天神祭 航空券 音羽の滝 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 白川 カタラン カウチサーフィング コロラド ビルマ 化野 パラグライダー ダイビング プラハ シングリッシュ 朝鮮 鴨川 伊勢 ガラパゴス 南米 予約 動物園 英会話 留学 吉田神社 節分 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 東映太秦映画村 新潟 福井 ジョギング ハッカー トラブル ハルヒ チェコ共和国 シアトル ビザ エッフェル塔 ボストン ラテンアメリカン 大河内山荘 よーじやカフェ 寂光院 音無の滝 三千院 パーティー 村上春樹 世界 修学院  大原 伏見稲荷大社 世界遺産 海外旅行 サイクリングロード 博多 平等院 愛宕念仏寺 北京 モンゴル モスクワ マジパン 四川 ダウンロード 映画 白蛇夫人の恋 麻婆豆腐 新世界 マル トゥルク スパワールド カラオケ ケイティ マーク エイ  サムライ ハローキティ ワーキングホリデー デイビッド イケメン 忍者 エレイン プエブラ イラン 興福寺 ねねの道 丸山公園 クロアチア チュニジア ベラルーシ バングラデシュ リトアニア 名古屋 CouchSurfing ガーゼゴーズ ヘイリー トリスタン ガーゼゴー ソフィー お土産 チョコレート モルドバ 犯罪 おもかる石 二月堂 大仏 ハイキング 建仁寺 ドンキホーテ パスポート 宮島 苔寺 コスタリカ 総統府 ペルー ゆかた 三年坂 八坂の塔 灯篭流し 金沢 YOUTUBE 台北101 白川郷 アテネ アンドレア アーロン 拉麺小路 通し矢 ジョン 瀬戸内寂聴 ビビ ツイン・タワー クアラルン・プール マット イスラム ヴァラン パンディオス プレストン 人形祓い ゲイ セヴェリナ アミィ 登録 使い方 ベネズエラ 

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示