カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンへ

ロンドン再び

ダブリンからベルファストまでは快適だった。
もうすでに来たことのあるルートを通るのは楽だ。
今回はバスに乗らずにすんだし。

ベルファストには思ったより早く着いたので時間が余った。
街を散歩でもしようかと思ったが、その瞬間に雨が振り出した。
インターネットも使えないし、する事がない。

仕方なく、ガイドブックをながめて時間をつぶす。
だんだんと体が冷えてきた。
そういえば今回の旅に防寒着は持って来ていなかった。
本格的に寒くなる前にどこかで調達しなければ。

ベルファストからロンドンまでも同じ行程で楽勝のはずだった。
しかし、バス乗り場が分からない。
インフォメーションセンターで聞いて、その場所に行ってみても、私の乗るバスの表示がない。

チケットを握りしめてウロウロしていると、若い兄ちゃんがすれ違いざまに、ドスの効いた声で
「ナンバー3」
と教えてくれた。
見かけによらず、意外と親切なんだな。

で、そのナンバー3に行っても、やはり私の乗るバスはない。
またもやチケットを持ったままさまよっていると、イギリス人らしき男性が、
「920のバスだろ。ここだよ。」
と教えてくれた。

しかし、そのバスには931と書いてある。
私のバスとは違う。

だが、その男性は私と同じチケットを持っている。
不安な気持ちのままバスに乗り込んだ。

帰りのルートは微妙に行きとは異なっていた。
港が違うし、フェリー会社も異なる。
今回は荷物の検査もなかった。
麻薬犬もいない。

パスポート審査の係官から
「観光ですか」
と日本語で言われた。

うれしくなり、つい、こちらも日本語で
「はい、そうです。」
と答えてしまった。

久しぶりに日本語をしゃべった気がする。

あたりは真っ暗で、外は見えない。
フェリーの中ではひたすら眠った。

アナウンスが何か言っている。
私は面と向かっての会話なら、かなり英語で意思疎通をはかることができる。
だが、スピーカーを通しての車内放送などは何を言ってるのかさっぱり理解できない。
頼りない事この上ない。

まあ、おそらく、船が港に着いたから降りろ、と言ってるんだろう。
他の乗客もみんな荷物を担いでるんだし。

あら、出口が分からない。
カーデッキに出てしまった。
私と同じように迷っている若者と出会った。
仲間がいれば心強い。
二人で一緒にカーデッキから徒歩で船を降りた。

その若者はイギリス人ではないようだ。
変なアクセントの英語を話す。
彼もロンドンのヴィクトリアまで行くという。

その彼が
「宿はもう決まっているのか?」
と聞いて来た。

私がカウチサーフィンのことを教えると、興味津々だった。
彼の隣の乗客も身を乗り出して私の話を詳しく聞きたがった。

30分ほどしゃべった後は例のごとくひたすら眠った。
今夜は雨のせいか、かなり冷える。
アルミのシートを被って寝た。
それを見ていた若者が
「cool!」
と言った。

明け方目が覚めると、バスが止まっている。
ピクリとも動かない。
遠くからサイレンの音が聞こえて来た。
どうやら高速道路で事故が起こったらしい。

やばいぞ。
12:00にロンドンからブリュッセル行のユーロスターに乗らなければならない。
遅れたらまた買い直さなければならないのだろうか。
他の電車ならともかく、ユーロスターは高いんだぞ。

しかし、私にはどうすることもできない。

一時間ほど足止めを食っただろうか。
もしかしたら30分ほどだったのかもしれない。
やっと動き出した。

頼む、間に合ってくれ。

窓から見える景色が変わった。
田園風景から都市部のそれに変わった。
ロンドンは近そうだ。

悪いことというのはなぜか続く。

バスが見知らぬ場所に止まった。
ヴィクトリアコーチステーションではない。

バスの運転手が降りろと言っている。

え?

こんな所でほっぽり出されるのか。
ここはどこ?

他の乗客もみんな降りている。
運転手に何が起こっているのか聞いても、
「ヴィクトリアは地下鉄ですぐだから、それで行け」
の一点張り。
なんて無責任な。

どうやら自力で行くしかなさそうだ。

現在位置を確認して、セントパンクラスへと向かう。
途中で乗り換えをしなければならなかったが、
奇跡的に迷わずにたどり着いた。

なんとか間に合った。
ここまで来れば、後はユーロスターがブリュッセルまで連れて行ってくれる。

セントパンクラス駅の近くの両替商で、ポンドをユーロに変えた。
係りの人がレートの確認をして来たが、正直どうでもいい。
私にとって、ユーロだろうがポンドだろうが、
まったくお金を使ってる、という感覚がないのだ。
◯○ユーロ、とか言われても、それが高いのか安いのかとっさにはピンとこない。

ユーロスターのチェックインをすませて、iPadを開く。
おっ。
インターネットにつながるぞ。
さすがはユーロスター。
高い金を取るだけのことはある。

やった。
ルクセンブルグでのホストが見つかった。
これで一安心だ。
今日はのんびりとブリュッセル観光だ。
スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

アイルランド、ダブリン、ベルファスト

ダミアン、ルチア(アイルランド・ダブリン)とカウチサーフィン

私。テンプルバーにあるアイリッシュパブにて。

アイルランド・ダブリンのテンプルバーにあるアイリッシュパブにて。


カウチサーフィン(アイルランド・ダブリン、ダミアン)

私のアイルランドでのホスト、ダミアン。
手に持っているのはもちろんギネスビール。

彼のおかげで、私のアイルランドでのカウチサーフィンはとても楽しいものになった。
ありがとう、ダミアン。


カウチサーフィン(ダミアン、私、ルチア、アイルランド・ダブリン)

左からダミアン、私、ルチア。
ルチアはダミアンのルームメイトで、同じくイタリア人。
イタリア人らしくとても陽気な彼はずっとしゃべりっぱなしだった。

ルチアンはとても忙しいらしく、私が滞在している間もほとんどずっと外出していた。
映画を観たり、マーシャル・アーツの練習に出かけたり。

ダブリンにあるポスト

ダブリンにあるポスト。
ここから台湾のペギーに絵葉書を投函しました。
無事に届くかな。
イギリスでは出しそびれたけれど、
これからは全ての国から彼女に絵葉書を送ろう。

________________________________


アイルランドへ。

無事、ロンドンのヴィクトリア・コーチステーションを出発した。
これで後は寝ててもアイルランドまでこのバスが運んでくれるはず。
乗客はけっこう多い。
ほぼ満席だ。

夜の暗闇の中を走るので、外の景色を楽しむことはできない。
ここは素直に寝ることにしよう。

疲れていたせいか、意外と眠れた。
だが、今どこを走っているのかわからない。
まあいいか。
着いたら起こしてくれるんだろ。

途中、何度か休憩をとる。
高速道路のサービスエリアのような場所だ。

トイレは…

良かった。無料だ。
現在地を確認するが、馴染みの無い地名だ。
まだフェリーには乗ってないのだから、イギリスのどこかだろ。

バスが止まるたびに乗客が一人、また一人と降りていく。
こんな夜中だ。
新たに乗り込んでくる乗客はほとんどいない。
だんだんと人数が減っていく。
通路をまたいで足を伸ばして寝る乗客も出てきた。
私も隣のシートを使って体を横にした。
とにかく寝て、体力を温存せねば。

明け方近くなって、バスの中の電灯が灯された。
どうやら目的地が近いらしい。
車掌が何か大声でわめいているが、何を言ってるのか聞き取れなかった。
わかったのは最後の「サンキュー」だけだ。

それでも周りの乗客に合わせて同じように行動した。

バスを降りてフェリーターミナルに向かう。
パスポートと乗車券を見せて、フェリーの切符をもらう。

しばらく待たされた後、荷物のチェックをされた。
まるで空港のようだ。
めんどくさい。
私は財布やカメラをチェーンでつないでいるので、こういう検査のたびにベルトを外さなければならない。

検査を終えて待合室に入ると、犬が乗客の荷物の匂いを嗅ぎ回っている。
麻薬検査犬か。

その犬は、一通り匂いを嗅いだ後、検査官とボールで遊んでいた。
のどかな光景だ。

アナウンスによると、どうやら出港は遅れるらしい。
雨もぱらついて、風もある。
海は荒れ模様のようだ。

さんざん待たされたあと、いよいよ船に乗り込む。
夜も明けてきたので甲板に出て海を眺めていたかったのだが、甲板は大波を被ってものすごいことになっていた。
おとなしくラウンジで寝ることにしよう。

船内には食堂やお土産物屋、カジノまであった。
酔いそうだったので私は何もしなかったが。

しばらく眠っていたら、陸地が見えてきた。
いよいよアイルランドだ。
といっても、まだここはイギリス領なのだが。

船を降りたあとも、どうするのか分からなかったので、とにかく他の人の真似をした。
小さなバスに乗り込む。
知らない会社の名前だ。
料金が書いてあるが、払わないといけないのかな。

不安を抱えたままバスは走り出した。
どうやらベルファストに向かっているようだ。

ベルファストに到着したら、みんな降りた。
誰もお金を払っている人はいなかった。

おお。
ここがベルファストか。
ベルファストと言えば、私はすぐにIRAという文字が思い浮かぶ。
物騒な所を想像していたが、とても清潔で、古き良きヨーロッパ、といった感じの街だ。

ここからさらにダブリンまで行かねばならない。
どうやったらいいのかな。

とりあえずインフォメーションセンターへと向かったのだが、迷った。
道を尋ねたいのだが、なんだかみんな忙しそうだ。
大きなバックパックを背負った人間など、まるで眼中にない。

それでも誰かに聞かなければ前に進めない。
信号待ちをしている女性に聞いてみたら、とても親切に教えてくれた。
しかも、方向が同じだからと、一緒に来てくれた。
こういう親切は本当にありがたい。

インフォメーションセンターの人も親切だった。
ジャイアントコーズウェーに行きたかったのだが、予想以上に遠く、どうやら断念せねばならないようだ。
仕方が無い。
次があるさ。

アイルランドでの私のホストはダブリンにいるので、再び電車に乗り込む。

と、その前に、ユーレイルパスをヴァリデートしなくてはならない。
ついにこの時がやってきたか。

窓口の係員は感じの良い男性だった。
私のパスポートをチェックする。
私の顔をみて、ニコっと笑った。
どうやら私に笑え、といってるらしい。

だが、笑ってばかりもいられなかった。
なんと、ダブリンへの電車は無い、というのだ。

そんなばかな。
ちゃんと時刻表で確認済みだ。
電車はいくらでもあるはずだ。

話をよく聞くと、代替のバスがnewlyまであるから、それに乗れ、ということらしい。

まったく。
おどかさないでくれよ。
私は旅にそんなスリルは求めちゃいないんだ。

バスでは赤毛のきれいな女性と隣になった。
私の方をチラチラと見ている。
日本人が珍しいのだろうか。
話しかけようとして気がついた。
私は夜行バスに乗っていて、シャワーも浴びていない。
そう言えば、今日はまだ顔も洗ってなかったっけ。
髪の毛はボサボサ。
髭も剃ってない。
ここ何日も鼻毛を切っていない。
途端に話しかけるのが恥ずかしくなった。

今日の教訓。
たとえ旅行中でも、身だしなみには気をつけよう。

バスから電車に乗り換える。
ダブリンは最終駅のはずだから、あとはのんびりとしてられる。

ついにダブリンに到着。
待ち合わせ場所のGPOを探すが、悲しいくらいに方向音痴になってしまった。
とにかく、自分がどこにいるのかすら分からないのだ。
想像して欲しい。
道行く人に地図を見せて、
「私はどこ?」
と聞かなければならない状況を。
あまりの情けなさに、笑ってしまいそうになった。

それでも道すがら、写真はたくさん撮った。
見る物全てが珍しい。

ダブリンでの私のホスト、ダミアーノとはしばらく連絡をとっていなかったので、変更がないかチェックしたかった。
そこでWi-Fiが使える店を探す。
せっかくアイルランドまで来たのだから、地元の店に寄りたかったのだが、今はインターネットが私の命綱だ。
マクドナルドで手を打った。

が、今日は故障中で使えないという。
詐欺だ!

仕方なくマクドナルドを出てインターネットカフェに入る。

ダミアーノは少し遅れるようだ。

しばらく待っていると、一人の男が近づいて来た。
おお、彼がダミアーノか。
イタリア人の彼は、ダブリンのコールセンターで働いている。
とても親切な男だ。
しかも、ダブリンのど真ん中に住んでいる。
最高の立地だ。
荷物を置いて、街を案内してもらった。

私のお目当てはアイリッシュパブ。
一度行ってみたかったんだ。
ギネスビールを頼む。
私はそんなにお酒は好きでは無いのだが、この雰囲気はたまらない。
ついにアイルランドまで来たんだ、という実感がわいてきた。

この界隈はtemple barというらしく、とてもスタイリッシュなストリートだ。
とても気に入った。

この後、近所のスーパーで買い物をした。
やはり日本のスーパーとは雰囲気が違う。
自分の欲しい物を見つけるのに時間がかかってしまった。

家に帰ると、ダミアンが野菜スープをふるまってくれた。
どこまで親切なんだ。

そうこうしているうちに、ダミアンのルームメイト、ルチアが帰って来た。
典型的なイタリア人で、とにかく良くしゃべる。
彼との会話についていくために、常にハイテンションを保たなければならなかった。

当初の計画では、ボイン渓谷やニューグレンジを観光するはずだったのだが、時間的に無理そうだったので、ここダブリンでのんびり過ごすことにした。

久しぶりに時間ができたので、ペギーに絵葉書を書いた。
ちゃんと届くかな。

翌朝目を覚ますと、ipadが電波を拾っていた。
おそらく、近所の住人のWIFIだろう。
ダミアンの家にはWi-Fiがないのだ。
これ幸いと、たまっていたメールの返事を書く。

昼過ぎにダミアンの家を後にした。
短い間だったが、私はすっかりダブリンが好きになってしまった。

これでお別れかと思うと、悲しくなる。

いや、きっとまた来よう。
今度はもっと時間をとって。

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。