カウチサーフィン(CouchSurfing)と愉快な仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You are my hero

スロベニアという国をご存じだろうか。

イタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアに囲まれた小さな国で、ふだん、テレビのニュースなどではまずお目にかかることのない名前だ。

私は以前、ヨーロッパを旅行したときにたまたまこの国を訪れたのだが、それまでこの国の存在を知らなかった(あるいはスロヴァキアと混同していた)。

なのでスロベニアには1泊しかしなかったのだが、今ではとても後悔している。

山と湖に囲まれたこの国は、とても美しい。

城とドラゴンにも魅了された。

そしてなにより、人の温かさに感動した。

その時の様子は→こちら

スロベニアの首都、リュブリャナでお世話になったホストには、感謝してもしきれない。

もう一度彼らに会うために、私はまたこの国を訪れようと思う。


このように、私にとってスロベニアという国には良いイメージしか思い浮かばない。

だからこの国から来たカウチサーファーは無条件で受け入れたいくらいだ。


ところが、この小国は人口も少ない。当然、日本を訪れるスロベニア人の数もそれほど多くはない。

だから過去に私の部屋に泊まったスロベニア人はたったの一人。

ちょっとさみしい。



そんなある日、ニナという女性からカウチリクエストをもらった。

住所が中国になっていたので、最初は中国人かと思っていたのだが、写真を見るかぎり、どう見てもアジア人のようには見えない。

カウチサーフィンのプロフィールをよく読んでみると、彼女はスロベニア出身だということが判明した。

もちろんすぐさま彼女のリクエストをOKしたのだが、このニナはあらゆる意味で私のスロベニアに対する印象を根底から覆してくれた。





スロベニアの大学で中国語を専攻したニナは、現在、中国に住んでいる。

「どうして中国語を勉強しようなんて気になったんだい?」

「ほんとはフランス語やイタリア語を勉強したかったのよ。

 でも私の成績じゃあそれらの学部に入学することはできなかったの。

 それでしかたなく中国語を選んだってわけ」

なんだか消極的な動機だなあ。


そんな彼女も中国に暮らすようになってからはや数年。

今ではネイティブなみに中国語を操ることができる。


英語だってなかなかのものだ。

実は彼女は中国では英語の教師をしている。


教える場所はさまざま。

大学や高校など、主に教育機関が彼女の職場だが、たまには少し毛色の違った場所もある。


以前彼女は中国の航空会社のパイロット養成所の英語教官をつとめたことがあったという。

「でもね、わたしすぐにそこをやめちゃったの」

「どうして?」

「だって生徒がみんなバカばっかなんだもん」

「でも航空会社のパイロットなんてみんなエリートだろ。

 そんな彼らがバカということはないと思うんだけどな」

「それがとんでもない大馬鹿なのよ。

 中国が一人っ子政策をとってるのは知ってるでしょ?
 
 その影響で子どもたちはみんな甘やかされて育ってるのよ。

 だから私の言うことなんて聞きやしない。

 授業中もずーっと私語が飛び交っていて、とても集中して勉強できる環境じゃなかったのよね」


話を聞いていると、どうもニナは中国人のことがそれほど好きではないようだ。


彼女がバスに乗っていた時のこと。

若者のグループがニナのことについて悪口を言っていた。

「ヘンな外国人」だとか「デブ」だとか。

まさか彼らはニナが中国語を理解できるとは思っていない。

だが彼らの会話はすべて彼女につつぬけだった。

ニナは皮肉たっぷりに言い返す。

「ちょっとあんたたち、デブで悪かったわね。悪いけど私、中国語ペラペラなのよ」



ニナは中国の四川省で暮らしているのだが、昼間英語講師をしているだけでなく、夜はラジオやクラブのDJもやっているらしい。

そのクラブには大勢の欧米人が訪れるのだが、その欧米人目当ての中国人女性もたくさんやってくる。

彼女たちは白人男性を物色しては、夜の街に消えていく。

「どうしてアジア女性はヨーロッパ男性があんなに好きなんだろうね」

とニナはなげく。

ニナ、その意見には俺もはげしく同意するよ。




テーブルの上に目をやったニナは突然絶叫した。

「ねえマサト。なんであなたがこんなもの持ってるの?」



彼女が指さしているのはキーホルダー。

リュブリャナ名物のドラゴンの写真がプリントされている。

スロベニアを訪れた時に、カウチサーフィンのホストが私にくれたものだ。



「うそでしょ。まさかこんなところでこんな物に出会うなんて!」

ニナはえらく感動している。

無理もない。

スロベニアという国自体を知らない人も多いのだ。

リュブリャナを訪れ、おまけにそのキーホルダーを持ち歩いている日本人に遭遇する確率はかなり低いのではないだろうか。


「あなたは私のヒーローよ!」

カメラを取り出したニナはリュブリャナのキーホルダーの写真をバシャバシャと撮っていた。

あとでフェイスブックにでも投稿するつもりなのだろう。







ニナのくれたおみやげ。

彼女は今、中国の四川省に住んでいる。

成都といえば、やはりパンダ。




こちらはチベットのおみやげ。

成都はチベットに近く、チベット観光の拠点にもなっているそうです。


いろいろと制約の多いチベット旅行ですが、一度は行ってみたいものです。

ニナは

「成都に来たらぜひうちに寄ってよ。案内してあげるから」

と言ってくれます。

彼女が中国にいる間にぜひとも訪れてみたいものです。




ちなみにニナはアフリカのナイジェリアに暮らしていたこともあるそうです。

彼女はこの国でよほどひどい目に遭ったらしく、ことあるごとにナイジェリアの悪口を言っていました。


私はアフリカにはまだ行ったことはありません。

どこもいっしょだと思っていたのですが、彼女によるとまったく違うそうです。


ある日ニナはナイジェリアから、隣国のベナンに旅行にでかけました。

ナイジェリア側の税関検査で彼女は係官からワイロを要求されます。

発展途上国ではよくある光景ですね。


ところがこのナイジェリアでは、何人もの係官が国境ゲートで待ち構えているのです。

一人にワイロを渡すだけでは出国させてもらえません。




それとは対照的に、ベナンの人々はおっとりとしていて、みんなとても親切にしてくれます。

国境審査官のチェックも甘く、ニナをすんなりと入国させてくれました。

もちろんワイロなんて要求されません。



しかし、この時彼女はうっかりしていて、ビザを持たずにベナンに入国してしまったのです。

これは記録上は不法入国にあたるので、当然ナイジェリアに再入国する際にひっかかりました。

しかもナイジェリアの係官は底意地が悪い。

ここぞとばかりにべらぼうなワイロを要求してきました。



この時よほどいやな思いをしたのでしょう。

彼女は私に忠告してくれました。

「マサト、もしもあなたがアフリカに行くことがあったとしても、ナイジェリアだけはやめておきなさい」

しかし、そう言われると余計に行きたくなるものなんだよなー。




実はニナには彼氏がいます。

それもナイジェリア人の。

おいおい、言ってることとやってることがちがうじゃないかよ。






スポンサーサイト

テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

マリオンとダニエル

カウチサーフィン(フランス、マリオン)、(スロベニア、ダニエル)

カウチサーフィン(フランス、マリオン)、(スロベニア、ダニエル)、我が家にて

マリオンとダニエルは現在、世界一周の旅行中。

これから一年かけて、ゆっくりと旅してまわるそうな。

なんともうらやましい。



ちなみに日本に来る前はトルコに寄ってました。

脈絡のないルートだな。


カウチサーフィン(フランス、マリオン)、(スロベニア、ダニエル)、お土産の飴

彼女たちは私にお土産をくれました。

フランスのお菓子です。

これは、フランスの子供たちの間で絶大な人気を誇るキャンディーなんだそうです。


カウチサーフィン(フランス、マリオン)、(スロベニア、ダニエル)、ジョーク

このキャンディーの特徴は、

その包み紙に書かれたジョークにあります。


フランスの子どもたちは、

このジョークを見て大笑いするんだそうです。


フランス語を理解できない私にとっては、

何の意味もない紙切れですが。


カウチサーフィン(フランス、マリオン)、(スロベニア、ダニエル)、私と

マリオンは夕食にスパゲッティを作ってくれました。

ソースも手作りです。

インスタントのスパゲッティソースとは比べ物にならないくらいおいしかったです。



マリオンとダニエルは自己完結型のカップル。

自分たちだけで精力的に京都観光をこなしていました。


案内する必要がないので、ホストするのは楽です。

でも、なんか寂しかったな。



付き合い始めてから今年で8年目になるという二人。

その記念にこの世界一周旅行に出たんだとか。


でも、8周年記念って、なんかキリが悪くないかい?


この旅行を終えたら、子作りに励むんだそうな。

お幸せに~。


テーマ : カウチサーフィン(Couch Surfing)
ジャンル : 旅行

カウチサーフィン(CouchSurfing)とは?

CouchSurfingKyoto

Author:CouchSurfingKyoto
.カウチサーフィン(CouchSurfing)とは。

日本に観光に来た外国人の宿として無償で自宅を提供し、国際交流を深めるというカウチサーフィン。

また、自分が海外に旅行に行く時には、現地の一般家庭に泊めてもらい、その土地に住む人々の生の暮らしを体験することだってできてしまいます。

ここは、そんなカウチサーフィンの日常をありのままにつづったブログです。

「カウチサーフィンは危険じゃないの?」
そんな危惧も理解できます。
たしかに事件やトラブルも起こっています。

なにかと日本人にはなじみにくいカウチサーフィン。

・登録の仕方がわからない
・詳しい使い方を知りたい
・評判が気になる

そんな人は、ぜひこのブログをチェックしてみてください。
きっと役に立つと思います。

最後に。

「カウチサーフィンを利用すれば、ホテル代が浮く」

私はこの考え方を否定しているわけではありません。
私もそのつもりでカウチサーフィンを始めましたから。

しかし、カウチサーフィンは単なる無料のホテルではありません。
現在、約8割のメンバーはカウチの提供をしていません。サーフのみです。

だって、泊める側にはメリットなんてなさそうですものね。

「自分の部屋で他人と一緒に寝るなんて考えられない」
「お世話したりするのってめんどくさそう」

時々私はこんな質問を受けることがあります。

「なぜホストは見知らぬ人を家に招き入れるのか?」

それはね、もちろん楽しいからですよ。

自己紹介
プロフィール


こんにちは。
京都でカウチサーフィン(CouchSurfing)のホストをしている、マサトという者です。
ときどきふらりと旅にも出ます。
もちろん、カウチサーフィンで!


(海外)
2011年、ユーレイル・グローバルパスが利用可能なヨーロッパ22カ国を全て旅しました。
それに加えて、イギリスと台湾も訪問。
もちろん、これら24カ国全ての国でカウチサーフィン(CouchSurfing)を利用。

2012年、東南アジア8カ国とオーストラリアを周遊。
ミャンマーを除く、8カ国でカウチサーフィンを利用しました。

2013年、香港、中国、マカオをカウチサーフィンを利用して旅行。 風水や太極拳、カンフーを堪能してきました。

2014年、侍の衣装を着て東ヨーロッパ20か国を旅行してきました。


(日本国内)
これまでに京都で329人(53カ国)のカウチサーファーをホストしてきました(2013年6月25日現在)。

もちろん、これからもどんどんカウチサーフィンを通じていろいろな国の人と会うつもりです。



カウチサーファーとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、台湾

シンガポール、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム

香港、中国、マカオ

スロヴァキア、ポーランド、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドヴァ、沿ドニエストル共和国、ルーマニア、セルビア、マケドニア、アルバニア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リヒテンシュタイン


ホストとしてのカウチサーフィン(CouchSurfing)の経験:


アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、クロアチア、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニューカレドニア、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、モルドバ、リトアニア、ルーマニア、ロシア



メールフォーム:個人的に相談などありましたら、こちらからどうぞ(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
連絡はこちら
質問などありましたら、どうぞご遠慮なく。 このブログにコメントを残してくれてもいいですし、 下記のアドレスにメールをくれても結構です。 masatomikikyoto@gmail.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウチサーフィンのタグ

カウチサーフィン カウチサーファー 京都 CouchSurfing 日本 嵐山 英語 フランス スペイン アメリカ 中国 台湾 香港 イギリス シンガポール 清水寺 ベトナム 金閣寺 オーストラリア ドイツ 伏見稲荷 祇園 ルーマニア カナダ イタリア 韓国 ウクライナ チェコ ロシア カンボジア インドネシア 銀閣寺 ニュージーランド タイ 哲学の道 鞍馬 二条城 知恩院 錦市場 ポーランド オランダ 奈良 ブラジル 天龍寺 ヨーロッパ マレーシア 温泉 アルゼンチン インド 仁和寺 スロバキア コロンビア モンキーパーク 大阪 フィンランド 先斗町 祇園祭 東京 デンマーク フェイスブック 貴船 高台寺 下賀茂神社 広島 鵜飼い FACEBOOK イスラエル ロンドン セルビア キティ 法輪寺 ポルトガル 竜安寺 宇治 八坂神社 ギリシャ 地主神社 ペギー 南禅寺 台北 facebook ハンガリー 鞍馬温泉 東寺 三十三間堂 メキシコ 舞妓 居酒屋 御所 北野天満宮 浴衣 スカイプ ラテン ノルウェー モルドヴァ 危険 フィリピン オーストリア 渡月橋 ネパール スイス アイルランド マケドニア 野々宮神社 カウチリクエスト アジア パリ エストニア ヒッチハイク 河原町 ウーファー ベルギー クリスティアーノ ベオ 松尾大社 Couch メノルカ スウェーデン 円山公園 お好み焼き 五山の送り火 巽橋 Surfing 二年坂 本願寺 川床 上海 東南アジア まんがミュージアム ウーフィン ラーメン 神泉苑 桂川 貴船神社 スキューバダイビング 平安神宮 芸者 春日大社 エメリック リンガ 沖縄 ミリアム ヴァージニィー アフリカ テリヤ バス セバスティアン アレクシィス 伏見 安井金比羅宮 興聖寺 神戸 安井金毘羅宮 トトロ 桂離宮 比叡山 ブリュッセル エマ ロンリープラネット ミャンマー ジェニー 木屋町 東大寺 クセニア 秋葉原 大徳寺 太秦 レファレンス 今宮神社 西芳寺 地蔵院 鈴虫寺 大覚寺 竹林 チリ キャロライナ 叡山電車 アーサー ダブリン マリア クラリッサ 厳島神社 ジブリ ベルファスト ルクセンブルグ 事件 セネガル 恋占いの石 着物 北海道 マヨルカ 旅行 二尊院 上賀茂神社 リベリア バックパッカー 水占い ユーロスター 高山 流しそうめん 沿ドニエストル共和国 紅葉 大文字焼き ベジタリアン スロベニア セックス スコットランド ラオス マダガスカル プリクラ 鎌倉 トルコ スロヴァキア 世界一周 映画村 アストリッド 錦天満宮 ロアルド モロッコ 山鉾 ハッカー 名古屋 トラブル 伏見稲荷大社 チョコレート 留学 ハルヒ 村上春樹 音無の滝 寂光院 よーじやカフェ パーティー 福井 三千院 ベラルーシ 大原 海外旅行 ビザ 大河内山荘 興福寺 新潟 ソフィー サイクリングロード エッフェル塔 動物園 ねねの道 ラテンアメリカン 節分 吉田神社 CouchSurfing 予約 東映太秦映画村 アルゼンチーナ サボテンブラザーズ 丸山公園 イラン 英会話 平等院 チェコ共和国 バングラデシュ モンゴル 北京 ジョギング ガーゼゴー リトアニア 博多 ガーゼゴーズ チュニジア クロアチア ボストン 南米 お土産 シアトル 愛宕念仏寺 パラグライダー ヴァラン イスラム アミィ 登録 セヴェリナ 使い方 ジョン 通し矢 ビビ マット 瀬戸内寂聴 アーロン 拉麺小路 ゲイ パンディオス パスポート コスタリカ ドンキホーテ 二月堂 大仏 マジパン 苔寺 人形祓い プレストン アンドレア アテネ 宮島 クアラルン・プール ツイン・タワー 新世界 スパワールド 麻婆豆腐 四川 映画 ダウンロード トゥルク マル ヘイリー モルドバ トリスタン プエブラ エレイン 白蛇夫人の恋 カラオケ  エイ サムライ 犯罪 おもかる石 マーク ハローキティ デイビッド ケイティ イケメン 忍者 ワーキングホリデー ハイキング 建仁寺 グアテマラ ホンジュラス エジプト 信楽 ビートルズ 滋賀 ニューオリンズ 南座 ガラパゴス ダイビング ボルネオ 三船祭 葵祭 綾部 タスマニア カウチサーフィング ユダヤ モスクワ 世界 修学院 九州 四国 法然院 壬生寺 琵琶湖 長野 大文字 化野 プラハ 三年坂 ゆかた 八坂の塔 ベネズエラ 白川 世界遺産 灯篭流し 金沢 ペルー 総統府 YOUTUBE 台北101 白川郷 カタラン 常寂光寺 朝鮮 ビルマ 鴨川 伊勢 シングリッシュ コロラド 四条 モンサンミッシェル 落柿舎 天神祭 航空券 音羽の滝  

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。